ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

鶴嶺(普通)


偏差値52( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)132.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2129位/7791校( 学科単位 )
関東地方 587位/1967校( 学科単位 )
神奈川県 81位/282校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【神奈川県立鶴嶺高等学校】
神奈川県立鶴嶺高等学校(かながわけんりつ つるみねこうとうがっこう)は、神奈川県茅ヶ崎市円蔵に所在する公立の高等学校。通称は「鶴高(つるこう)」。
設置学科 ・ 普通科
 ・ 普通科には入試に海外帰国生特別募集があり、海外帰国生も受け入れている。
概要 神奈川県の「高校百校新設計画」の3年目の1975年(昭和50年)に開校した公立の全日制普通科高等学校である。国際交流を特色としており、海外研修旅行を毎年実施している。また、海外からの留学生及び訪問団の受け入れも行っている。
沿革 ・ 1975年 (昭和50年)
 ・4月7日 - 神奈川県立藤沢工業高等学校において第1回入学式挙行。
 ・5月1日 - 開校記念式挙式。この日を開校記念日とする。
 ・11月 - 北棟完工。
 ・12月 - 東棟完工。
・1976年 (昭和51年)
 ・1月1日 - 神奈川県立藤沢工業高校より現在地に移転。
 ・3月 - 西棟完工。
 ・7月 - 体育館完工。
 ・11月 - 南棟完工。
・1977年 (昭和52年) - 帰国子女教育研究協力校に指定。
 ・10月1日 - 落成式挙式。
・1979年 (昭和54年) - 社会福祉研究普及校に指定。
・1981年 (昭和56年) - プール完工。
・1982年 (昭和57年) - 校歌碑建立。
・1983年 (昭和58年) - 校章碑建立。
・1985年 (昭和60年)
 ・11月1日 - 創立10周年記念式典挙行。
・1988年 (昭和63年) - 外国人留学生受入れ推進校に指定。
・1991年 (平成3年) - ボランティア協力校に指定。 メリーランド州マクダナー高校と姉妹校締結。
・1995年 (平成7年)
 ・11月10日 - 創立20周年記念式典挙行。
・1999年 (平成11年) - メリーランド州 ジョン・F・ケネディー高校と姉妹校締結。
・2002年 (平成14年) - 二学期制の導入。海外修学旅行(韓国)。
・2004年 (平成16年) - 英国チャタムグラマースクール来校。
・2005年 (平成17年) - 海外修学旅行(カナダ)。
 ・11月25日 - 創立30周年記念式典挙行。
・2006年 (平成18年) - TOEICを導入。学力向上実践推進校、運動部活動安全対策指導者派遣事業実施校に指定。
・2007年 (平成19年) - 運動部部活動活性化事業「学校の特色となる運動部活動」実践校に指定。
・2008年 (平成20年) - ボランティア活動推進拠点校に指定。海外修学旅行(マレーシア)。
・2009年 (平成21年) - 国際・英語教育拠点校に指定。文部科学省「人権教育研究校」に指定。国内修学旅行(沖縄方面)。
・2010年 (平成22年) - 県立高校教育力推進事業「国際教育」推進校に指定。
・ 2011年(平成23年) - 普通教室全室にエアコンを設置。英国研修旅行に加え、ドイツ・ニュージーランドへの研修旅行を開始。県教育委員会より、かながわ部活ドリームプラン21 version2の「自己を磨く」の項目で指定を受ける。 フランス トゥールーズ大学生来校。
・2012年 (平成24年) - ドイツ ギムナジウム・グリンデ校の来校。
・2013年 (平成25年) - 三学期制に移行。GTECを導入。県立高校教育力向上事業「国際教育」に指定。
・2014年 (平成26年) - 国内修学旅行(北海道方面)。
校章 楕円の中に3羽の鶴が無限の可能性を求めて碧空高く飛翔する姿より、カタカナの「ツ」の字を表している。3羽の鶴は、生徒・教職員・保護者三位一体の姿と、知・徳・体を追求したもの。
教育方針 教養豊かにして国際感覚に富み、心身ともに健康で意思強く、常に相手の立場を尊重して行動できる人間の育成
教育目標 ・(1) 豊かな知性と徳性の涵養
・(2) 充実した体力の育成
・(3) 個性と能力の開発
・(4) 広い視野の養成
学校行事 ・4月 - 入学式
・6月 - 体育祭
・9月 - 鶴嶺祭(かくれいさい)
・10月 - 修学旅行(2年)
・3月 - 卒業式、合唱祭(1年・2年)
部活動 ◇運動部
・陸上競技部
・野球部
・サッカー部
・ソフトテニス部 男子・女子
・テニス部 男子・女子
・ハンドボール部 男子・女子
・バレーボール部 男子・女子
・バスケットボール部 男子・女子
・バドミントン部 男子・女子
・卓球部
・剣道部
・水泳部
・ダンス部
・チアリーディング部
・フットサル部
◇文化部
・吹奏楽部
・茶道部
・華道部
・JRC部
・軽音楽部
・合唱部
・美術部
・ESS部
・文芸部
・写真部
・漫画研究部
・ファッション部
◇同好会
・演劇同好会
・調理同好会
・科学同好会
国際交流 開校当初より海外帰国子女、短期・長期の留学生、海外訪問団の受け入れなど積極的に国際交流を進めてきた。毎年、海外研修旅行が実施されている。訪問先はニュージーランド・ドイツ・イギリスで、一週間程滞在する。内容は、現地の学校の授業に参加、ホームステイ、有名観光地の見学、異文化交流、日本文化の紹介などである。 海外からの受け入れとして、毎年1〜2名の長期留学生が在籍している。
アクセス ・ 相模線北茅ケ崎駅 徒歩約10分。
・ 神奈川中央交通バス:JR東海道線(上野東京ライン・湘南新宿ライン)茅ケ崎駅北口みずほ銀行前バス乗り場2番より「鶴が台団地」行き乗車、所要時間約7分 「ニュータウン入り口」下車、徒歩2分
著名な出身者 ・服部信明 (元茅ヶ崎市長)
・星野剛士 (衆議院議員)
・高橋洋二 (放送作家)
・竹内明 (TBSテレビ報道局記者・ニュースキャスター)
・甘糟りり子 (コラムニスト・作家)
・関口涼子 (詩人・作家・翻訳家)
・ Ohyama"BMW"Wataru(PE'Z) (ミュージシャン)
・ 福山芳樹 (ミュージシャン)
・ 石井大生 (サッカー選手)
その他 以下は撮影に使用されたCM・映画である。下記以外にも撮影に使用されたものもある。
◇CM
・大塚製薬 - 『カロリーメイト』
◇映画
・『代打教師 秋葉、真剣です』

「神奈川県立鶴嶺高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月28日6時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島