ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

横浜商業(国際学)


偏差値53( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)136.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1946位/7792校( 学科単位 )
関東地方 536位/1968校( 学科単位 )
神奈川県 73位/283校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【横浜市立横浜商業高等学校】
横浜市立横浜商業高等学校(よこはましりつ よこはましょうぎょうこうとうがっこう)は神奈川県横浜市南区にある、全日制の商業科および国際学科、スポーツマネジメント科と別科(理容科・美容科)を持つ市立高等学校。
概要 校章および学生帽、野球部のユニフォームにあるYのマークからY校(ワイこう)という愛称で親しまれている。 現存する神奈川県内の公立高校としては、最も古い歴史を持つ。1916年に作られた校歌は、作詞を森鷗外(本名の森 林太郎で出している)が手がけている。 同窓会は進交会(しんこうかい)。同会は、Y校と横浜市立大学(市大)、および市大の前身である横浜市立横浜商業専門学校(Y専)の3校の卒業生を会員とする。ただし別科は独立した同窓会組織となっている。 なお、定時制は横浜市立港高等学校、横浜市立横浜工業高等学校と発展的に統合される形で横浜市立横浜総合高等学校(横浜工業高校の敷地内に新設)へ移行、2005年(平成17年)3月をもって閉鎖。
沿革 ・ 1882年(明治15年) - 港の有力生糸商人・小野光景らにより横浜商法学校設立。
・ 1888年(明治21年) - 横浜商業学校と改称。
・ 1905年(明治38年) - 現在地に校舎が落成し、移転。
・ 1917年(大正6年) - 横浜市立商業学校と改称。
・ 1924年(大正13年) - 本科の上に2年制の専修科を置く。神中(神高)戦 が開始される。
・ 1928年(昭和3年) - 専修科を母体に横浜市立横浜商業専門学校(通称Y専)を設置。
・ 1948年(昭和23年) - 学制改革により横浜市立横浜商業高等学校となる。
・ 1949年(昭和24年) - 横浜市立港高等学校を統合し、男女共学となる。商業科、普通科、家政科、別科として理容科が設置される。港高校の夜学部を横浜商業高校港分校とした。
・ 1950年(昭和25年) - 港分校は横浜市立港高等学校(定時制)として分離独立した(港高校の復活)。
・ 1954年(昭和29年) -
 ・4月1日- 普通科の募集を停止し、港高校全日制普通科が開校・継承する。
 ・5月1日- 南区(当時)民の要望を受け、港高校全日制普通科が横浜市立南高等学校に改称される。
・ 1963年(昭和38年) - 港高校に併設する形で、新たに全日制商業科としての港分校を設置。
・ 1964年(昭和39年) - 港分校が分離独立し、横浜市立港商業高等学校として開校。
・ 1982年(昭和57年)- 創立100周年記念式典挙行。
・ 2003年(平成15年) - 国際学科を設置。
・ 2005年(平成17年) - 定時制閉課。
・ 2008年(平成20年) - Y校祭来場者数10,207人を記録。
・ 2010年(平成22年) - 商業科YBCクラスを設置。
・ 2014年(平成26年) - スポーツマネジメント科を設置。
部活動 ■ 硬式野球部
硬式野球部は1896年(明治29年)に創部された。創部のきっかけは、同年5月23日と6月5日に行われた、旧制一高(現在の東京大学)野球部とYC&ACとの対戦試合である。この試合で旧制一高野球部はそれぞれ29対4、32対9で大勝するが、Y校関係者はこの試合の応援に駆けつけ、勝利した一高野球部員と懇意になり、応援のお礼として一高側はボールとバットを贈り、それをきっかけとしてその後の野球部創立となった。創部時のコーチは一高投手の青井鉞男であった。 Y校野球部は創部以来、関東における戦前の中等学校野球 - 戦後の高校野球の牽引役となった。1923年(大正12年)夏、神奈川県の学校として初めて甲子園大会(第9回全国中等学校優勝野球大会。現在の全国高等学校野球選手権大会)に出場した。以後、春(選抜高等学校野球大会)9回、夏7回、甲子園に出場している。
1983年(昭和58年)春の第55回選抜高等学校野球大会と、同年夏の第65回全国高等学校野球選手権大会で春夏連続の準優勝を果たした。神奈川県公立高校の春夏の準優勝以上の戦績はこれ以降、2020年(令和2年)現在までない。 横浜高校との試合は「YY決戦」「YY戦」と呼ばれ親しまれている。横浜スタジアムでの試合時には、横浜商のスコアボードのチーム名表記は「Y」となる(Y校は公立、横浜高校は私立である)。また、TVKテレビの高校野球中継でのチーム名表記も、90年代後半まで一貫して「Y」であった。 野球部の部員数は県下最大ではあるが、近年は初戦で敗退したり、復活したと思えば慶應高校に大敗を喫するなど、かつての強さに陰りが見えている。現在、全国高等学校野球選手権大会は1990年(平成2年)夏の第72回大会が最後の出場となっており、これが県下の公立高校硬式野球部にとっても最後となっている(普通科の公立高校にいたっては、1951年(昭和26年)の夏に行われた第33回大会出場の希望ヶ丘高校が最後となっている)。
選抜高等学校野球大会も、1997年(平成9年)春の第69回大会以来出場していない(これが2017年(平成29年)現在神奈川県の公立高校最後の選抜出場となっている)。
ちなみに、1990年(平成2年)夏の第72回大会1回戦の対戦校は、Y校の校歌を作詞した森鴎外の生誕地島根県津和野町にある津和野高校で、5-1でY校が勝利した。

■ その他の運動部

・野球部は硬式野球部だけでなく、神奈川県公立高校では珍しく軟式野球部がある。2021年(令和3年)11年ぶりに全国高等学校軟式野球選手権大会南関東大会で優勝し、全国大会に出場する。
・長い花園の全国高校ラグビー大会の歴史の中で、神奈川県の公立高校として出場したのは1947年(昭和22年)の本校と、相模台工業高校の2校であり、1995年(平成7年)の相模台工業の出場以来、2020年(令和2年)現在神奈川公立高校の花園出場はない。
(※ なお、現在ラグビー部は存在しない。)
・ボート部は現在も大岡川で練習を続けている。2021年(令和3年)59年ぶりにインターハイで優勝した。
・卓球部はインターハイの出場経験が男子が21回、女子が3回ある。
・サッカー部は全国高校サッカー選手権大会に1度出場しているが、1回戦で釜本邦茂を擁する京都の山城高校に1-0で敗退した。
交通 ・ 京浜急行電鉄(本線)「南太田駅」より徒歩5分。
・ 京急本線「井土ヶ谷駅」・横浜市営地下鉄ブルーライン「蒔田駅」より徒歩8分。
・ 神奈川中央交通バス Y校前バス停前。蒔田中学校前または 宮元町1丁目バス停徒歩5分。
著名な関係者 ■ 教職員
美沢進

■ 出身者

・ 朝野公平 - サバイバル腕立て伏せ日本記録保持者(記録回数:1200回)
・ 河野安通志 - 東京六大学野球・早稲田大学投手、野球殿堂
・ 片岡建 - 元プロ野球選手
・ 岡本三男 - 元プロ野球選手
・ 小松原博喜 - 元プロ野球選手
・ 林秀樹 - 元プロ野球選手
・ 中島浩人 - 元プロ野球選手
・ 宮城弘明 - 元プロ野球選手
・ 三浦将明 - 元プロ野球選手
・ 荒井幸雄 - 元プロ野球選手
・ 河原隆一 - 元プロ野球選手
・ 武藤孝司 - 元プロ野球選手
・ 長坂健冶 - 元プロ野球選手
・ 山口鉄也 - 元プロ野球選手(投手、2008年新人王受賞)
・ 笹川吉康 - プロ野球選手
・ 中村大伸 - 元社会人野球選手。外野手。1996年アトランタオリンピック野球チーム主将銀メダリスト。1994年社会人ベストナイン賞受賞。
・ 小沼慶多 - 元高校野球指導者、元独立リーグ球団スタッフ
・ 大谷泰司 - 元プロ野球セントラル・リーグ審判。関西審判部に所属していた
・ 安藤寛明 - サッカー選手
・ 須田開代子 - プロボウラー
・ 山本小鉄 - 元プロレスラー、レフェリー、解説者
・ 田川誠一 - 元自治大臣
・ 宮澤健一 - 経済学者、元一橋大学長、同大名誉教授
・ 左右田喜一郎 - 経済学者、帝国学士院賞、元左右田銀行頭取、元貴族院議員
・ 森川信 - 俳優
・ 服部桂吾 - 俳優
・ 森貴美子 - モデル
・ 有吉喜文 - 魚喜創業者・元社長
・ 宮内亮治 - 元ライブドア最高財務責任者
・ 桂歌丸 - 落語家※定時制中退
・ 滝沢涼子 - 女優
・ 小島烏水 - 登山家
・ 北野英明 - 漫画家
・ 春風亭柳枝 - 落語家
・ 朝戸鉄也 - 声優
・ 井上和彦 - 声優
・ 青柳文司 - 会計学者
・ 井原幸治 - 商学者、東大阪大学教授、元宝酒造中国法人社長
・ 長尾寛征 - 北京オリンピックカヌースラロームカナディアンペア日本代表。
・ 三井高泰 - 元三井物産社長
・ 岡崎静夏 - オートバイ・ロードレースレーサー
・ 望月明 - 俳人
・ 郡司浩平 - 競輪選手
・ かじがや卓哉 - お笑い芸人

■ 教職員

・ 渡辺憲司 - 近世文学研究者 ※定時制教諭を務めた
所在地 :〒232-0006 :神奈川県 横浜市南区南太田2-30-1

「横浜市立横浜商業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年5月28日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター