ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

新潟南(理数)


偏差値65( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)181.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 262位/7792校( 学科単位 )
中部地方 49位/1314校( 学科単位 )
新潟県 3位/122校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【新潟県立新潟南高等学校】
新潟県立新潟南高等学校(にいがたけんりつ にいがたみなみこうとうがっこう)は、新潟県新潟市中央区上所一丁目に所在する県立高等学校。校章は雪と錨を組み合わせたもので、雪国の港町ということを表している。新潟市役所より見て南側に位置することより名付けられた。東高校の名の案も挙げられたものの、東新潟は一般的に沼垂方面を指すことから見送られた。
概要 1939年に開校した旧制新潟市立中学校を前身とする公立高校。近隣の新潟高校および新潟中央高校と比して比較的繁華街に近い立地を持つ。通称は「南高」(なんこう)。新潟県内では、新津・新発田を除けば「南高」と云うと同校を指す事が多い。2000年度から、全学級を対象に文部科学省主管のスーパーサイエンスハイスクール事業の指定を受けている。2005年度で終了予定であったが、好調な成果を上げた事からさらに2006年~2008年の3年間再指定を受けた。 校訓の自主責任・和衷協同・質実剛健は初代校長により制定されたもので、戦後に、廉潔高雅・知性良識の二つが追加された。校訓の他に「江風」の理念を持っており、近くを流れる信濃川にあやかってつけられたもの。もともとは中国の北宋時代の詩人、蘇軾の前赤壁賦内の「江上之清風」の一節よりとったものである。この江風の語は校訓と共に校歌内の歌詞に組み込まれているほか、同窓会の表記などとして使われている。
沿革 ・1939年4月15日 - 新潟市立中学校として開校(私立新潟夜間中学校(旧新潟明訓高等学校)の校舎を仮校舎とする)。
・1941年8月30日 - 校舎第1期工事が竣工し、現在の校地に移転。
・1948年4月10日 - 学制改革により新潟市立新潟高等学校となる。同時に定時制課程を設置。
・1948年6月10日 - 中野山分校を設置。
・1952年4月11日 - 中野山分校を石山分校と改称。
・1953年4月1日 - 県立移管により新潟県立新潟南高等学校となる。
・1964年4月1日 - 新潟県立新津高等学校両川分校を移管。
・1970年3月31日 - 中心校の定時制課程を廃止。
・1975年3月31日 - 石山分校閉校。
・1976年3月31日 - 両川分校閉校。
・1994年10月7日 - 創立50周年記念式典を挙行
・1999年4月1日 - 2学期制開始。
・2017年4月1日 - 3学期制開始。
校歌 ・「新潟南高等学校校歌」 - 1945年3月10日制定、1948年10月1日改訂、作詞: 葛原しげる、作曲: 橋本国彦
学校行事 ・6月 江風祭(体育祭) :9つの軍団(赤・青・黄・黒・白・橙・緑・紫・桃)にわかれて行う。競技、ダンス、パネル、応援の各賞上位の軍団は賞品としてアンパンなどがもらえる。
・7月 球技大会(クラスマッチ) :種目はバスケットボール、バレーボール、ソフトボールの3つ、各クラスが編成したチームがトーナメント方式で戦う。※2018年度の球技大会からソフトボールは廃止。
・9月 蒼流祭(文化祭) :クラスや部活ごとに様々な出し物を行う。また10月前後に芸術鑑賞会が開催される。
部活動 野球部が2度夏の甲子園に出場している。初出場は1984年の66回大会で、初戦の2回戦で京都外大西を延長11回4-3で破り、3回戦も高知の明徳義塾に4-2で勝利した。準々決勝で秋田の金足農業に0-6で敗れたが、新潟県勢初めて夏の大会でベスト8に進出した。これは日本文理が91回大会で準優勝するまで新潟県勢唯一の記録であった。2回目の出場は1989年の71回大会で、初戦で奈良智辯学園に1-6で敗れている。 県内では数少ないボクシング部がある。1961年に県の教育庁よりボクシング場が移管されたことで、県内唯一の公式リングを有している。インターハイ予選の県大会は勿論、北信越予選、国体予選なども当校で行われており、当校からもインターハイ出場者を多数輩出している。

■ 運動部

・ 陸上競技部
・ 野球部
・ サッカー部
・ テニス部
・ ソフトテニス部
・ ボート部
・ バスケットボール部
・ バレーボール部
・ バドミントン部
・ 卓球部
・ 剣道部
・ 少林寺拳法部
・ ダンス部
・ ボクシング部
・ ワンダーフォーゲル部

■ 文化部

・演劇部
・ 美術部
・ 書道部
・ 英語部
・ 電気部
・ 生物部
・ 化学部
・ 合唱部
・ 華道部
・ 文芸部
・ 数学部
・ 吹奏楽部
・ 調理部
・ 天文部
・ 写真部
・ 映画研究同好会
・ 園芸同好会
・ 漫画研究同好会

■ 特殊部

・ 生徒会執行部
通学手段 ・鉄道
 ・校舎南側の地区をJR越後線が横断しているが、南高校近くには駅はない。このため新潟駅または白山駅(両駅とも学校から約2km)で下車し、バスか徒歩、或いは駅の駐輪場に自転車を置き通学する生徒が多い。新潟駅周辺の立体交差化事業では校舎西側に信号場の設置が計画されているが、近隣に新潟ユニゾンプラザ、新潟県庁など公共施設が多く存在することもあり、この信号場を駅として整備すべきという意見が上がっている。ただ、この箇所に駅を設置する構想は1980年代からも幾度か浮上し、また周辺住民からも県、市、JR新潟支社に要望がたびたび出されているものの、三者とも新駅設置には前向きではない(新駅の詳細については越後線白山 - 新潟の信濃川橋梁と新駅への要望を参照)。
・バス
 ・ 新潟交通 S2 鳥屋野線、S3 水島町線、S4 上所線ほか 「南高校前」バス停下車すぐ
  ・ この3路線はいずれも新潟駅万代口を起終点とする。同駅から所要時間約15分(運賃210円)。このほか、S5 女池線やS6 長潟線などの一部系統が発着する。
著名な卒業生 ・会田誠(画家)
・池田弘(アルビレックス新潟会長、NSGグループ理事長)
・石田燿子(アニメソング歌手)
・大島康邦(バスケットボール選手、元全日本)
・加藤沢男(体操選手、体操コーチ、オリンピックメダリスト)
・木竜亜希子(フリーアナウンサー、元新潟総合テレビ・テレビ信州アナウンサー)
・久保田紗也加(TeNYアナウンサー)
・高橋佳奈子(ラジオパーソナリティ)
・田巻源太(映画編集技師)
・出来島桃子(クロスカントリースキー選手、バイアスロン選手、トリノパラリンピック代表)
・遠山俊也(俳優)
・速水健朗(ライター)
・魔夜峰央(漫画家)
・三上真史(俳優)
・山賀博之(アニメーション監督)
・祐木毅(バスケットボール選手、元全日本)
・藤田勉(アーティスト、PERSONZ ドラマー)

「新潟県立新潟南高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年12月5日5時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター