ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

新発田商業(全科)


偏差値46( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)110点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 3589位/7791校( 学科単位 )
中部地方 659位/1314校( 学科単位 )
新潟県 44位/122校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【新潟県立新発田商業高等学校】
新潟県立新発田商業高等学校(にいがたけんりつしばたしょうぎょうこうとうがっこう)は、新潟県新発田市に所在する県立商業高等学校。
概要 新潟県立高校の中で、商業科を設置する高校としては最東端に位置している。かつては商業・工業・普通科の3学科を備える総合高校であったが、現在は商業系2学科の商業高校となっている。 略称は「芝商」。
沿革 ■ 概要
同校の創立は1917年に開校した町立新発田商業学校にさかのぼる。その後の変遷の中で、一時は普通科・商業科・工業科をそなえる総合高校となったが、1983年に普通科と工業科を新潟県立新発田南高等学校として分離し、同校はふたたび商業高校(情報処理科・商業科の2学科)となった。

■ 年表

・1917年4月14日 - 新発田町立新発田商業学校として設立認可。
・1917年5月10日 - 授業開始。
・1918年12月2日 - 新発田城三の丸に新校舎が完成し、新発田尋常高等小学校内の仮校舎より移転。
・1928年4月1日 - 県立移管により新潟県立新発田商業学校となる。
・1930年6月5日 - 新発田町字清水谷郷の新校舎に移転(新発田南高校の現校地)。
・1944年4月1日 - 戦時非常措置方策により工業学校に転換し、新潟県立新発田工業学校となる。
・1948年4月1日 - 学制改革により新潟県立新発田商工高等学校となり、土木科・建築科・商業科を置く。
・1948年6月1日 - 普通科を置く。
・1983年4月1日 - 普通科・工業科を分離して新潟県立新発田南高等学校とし、本校(商業科)は県立新発田商業高等学校となって現在地に移転する。
・1987年4月1日 - 情報処理科を置く。
・2007年2月5日 - バレーボール部が新潟県代表として全国高等学校バレーボール選抜優勝大会に出場決定。
・2007年10月27日 - 創立90周年記念式典・記念講演会を挙行する。
校歌 ・『新潟県立新発田商業高等学校校歌』(作詞:相馬御風・作曲:室崎琴月)
学校行事 ・4月 - 入学式・観桜会
・6月 - 体育祭
・10月 - 芝商祭
・11月 - 修学旅行
・2月 - スキー実習(1年)
・3月 - 卒業式
交通・アクセス方法 ・ JR白新線・羽越本線:新発田駅 より 徒歩約20分

「新潟県立新発田商業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年11月28日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島