ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

砺波(普通)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7792校( 学科単位 )
中部地方 114位/1314校( 学科単位 )
富山県 7位/78校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【富山県立砺波高等学校】
富山県立砺波高等学校(とやまけんりつ となみこうとうがっこう)は、富山県砺波市東幸町にある公立高等学校。向かいには砺波チューリップ公園がある。国公立大学への進学志向が高く、毎年卒業生の5から6割が国公立大学へ進学する。通称「砺高」(とこう)。
沿革 ・1908年(明治41年)11月17日 - 富山県立砺波中学校として創立。翌年4月に開校の認可がおりる。
・1948年(昭和23年)
 ・4月 - 学制改革により富山県立砺波高等学校と改称。
 ・9月 - GHQモデルの小学区制・共学化・総合選抜制により商業科も設置、富山県立出町高等学校と改称。
・1952年(昭和27年) - 富山県立砺波高等学校と改称。
・1994年(平成6年)11月10日 - 新第一体育館竣工
・2011年(平成23年) - 理数科を募集停止し、普通科のみの募集となる。
課程 ・全日制課程
 ・普通科
部活動 ■ 運動部


■ 文化部
出身者 ・林清納-洋画家
・高田清秀-陸軍中将、陸軍士官学校(陸士)29期、陸軍大学校(陸大)41期、緬甸方面軍兵站監(廣瀬舘・砺波中第1回)[2
・宮永義文-陸軍大佐、陸士29期、陸大専科2期、近衛歩兵第3聯隊第7中隊長(二・二六事件、中橋基明中尉の元上司)、歩兵第145聯隊長、第131師団参謀長、(野尻・砺波中第1回)[2[3
・中村勝平ー海軍少将、海軍兵学校(海兵)45期で皇族伏見宮博義王を除いた生徒88名中を首席で卒業、海軍大学校(海大)第27期、海軍省首席副官、重巡洋艦「妙高」艦長(五鹿屋・砺波中第1回)[2
・瀬島龍三-陸軍中佐、陸士44期次席、陸大51期首席、歩兵第35聯隊附、第4師団参謀、第5軍参謀、参謀本部部員兼大本営陸軍参謀、関東軍作戦参謀、伊藤忠商事元会長(松澤・第16回、東京陸軍幼年学校入学のため中退)[2
・片岡清一 - 郵政大臣(竹下改造内閣)(東野尻・砺波中第16回、瀬島と同期。戦後、瀬島に政界入りを勧めた。)[4
・若狭得治-逓信省管船局、運輸事務次官、全日本空輸(全日空)元社長(東野尻・砺波中第19回)
・藤記久之進ー海軍中尉、海兵73期、第三〇二海軍航空隊パイロット(終戦時の厚木航空隊事件に関与し禁固4年)、「ザ・スクープスペシャル」 2016年8月14日(日)放送の『緑十字機 決死の飛行~誰も知らない”空白の7日間”』にて取材に応じている。(出町・砺波中第28回)[2
・綿貫民輔-国民新党元代表、第70代衆議院議長
・堀健治-元高岡市長
・永井宏子-元北日本放送アナウンサー
・鷹西美佳-元日本テレビアナウンサー
・境佐余子-フリーアナウンサー
・熊野智元-北日本放送記者(元アナウンサー)
・武部知春-元北日本放送アナウンサー
・柴田崇徳-ロボット工学者
・太田昌克-共同通信記者
・上田大樹-映像ディレクター
・藤田正寛-神戸大学名誉教授
・真田信治-大阪大学名誉教授
・山室大輔-テレビドラマ演出家
・石岡ショウエイ-漫画家
・山本久男-やり投選手
・山田和-ノンフィクション作家
・竹田勉--新日本フィルハーモニー交響楽団首席コントラバス奏者
・伊藤恒男-日本フィルハーモニー交響楽団ホルン奏者
・藤井良太-東京交響楽団バストロンボーン奏者
交通 ・ JR城端線砺波駅から徒歩約10分。

「富山県立砺波高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年12月4日7時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター