ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

石動(普通)


偏差値47( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)113.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 3305位/7791校( 学科単位 )
中部地方 611位/1314校( 学科単位 )
富山県 39位/78校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【富山県立石動高等学校】
富山県立石動高等学校(とやまけんりつ いするぎこうとうがっこう)は、富山県小矢部市西町に所在する公立の高等学校。通称・愛称は「石高(いしこう)」。新設校以外では、富山商業高校とともに県下で初めて男子制服にブレザー&ネクタイを1987年度入学生より採用している。(同時に女子制服もモデルチェンジした)
設置学科 ・ 普通科
・ 商業科
沿革 ・ 1924年(大正13年)
 ・ 3月 - 石動町立石動実科高等女学校設立認可。
 ・ 5月 - 西砺波郡石動町小矢部(現在の中央公民館)で町立石動実科高等女学校開校。
・ 1926年(大正15年)4月 - 高等女学校組織変更により富山県石動高等女学校と改称、校章制定。
・ 1929年(昭和4年)2月 - 富山県に移管され富山県立石動高等女学校と改称、校歌制定。
・ 1937年(昭和12年)12月 - 西砺波郡石動町上野本1112番地(現在地・西町6番33号)に校舎落成。
・ 1944年(昭和19年)4月 - 農業科、看護補習教育科設置。
・ 1945年(昭和20年)3月 - 附設看護婦養成所と指定。
・ 1946年(昭和21年)3月 - 農業科、附設看護婦養成所募集停止。
・ 1947年(昭和22年)4月 - 専攻科設置。
・ 1948年(昭和23年)
 ・ 3月 - 専攻科募集停止。
 ・ 4月- 学制改革により富山県立石動高等学校と改称、同時に地方女子教育振興のため定時制分校を南谷、荒川、西五位、松沢に設置。
 ・ 5月- 開校記念式挙行。
 ・ 9月- 新制高等学校の整理統合により男女共学制実施、福岡分校設置。
・ 1949年(昭和24年)9月 - 開校1周年記念式挙行、校章制定。
・ 1950年(昭和25年)4月 - 家庭科設置、定時制夜間部併設。
・ 1953年(昭和28年)
 ・ 3月 - 定時制夜間部、全日制家庭科募集停止、南谷・福岡・荒川・西五位・松沢分校廃止。
 ・ 4月 - 南谷分校再設置。
 ・ 9月 - 福岡分校再設置。
 ・ 12月 - 校歌制定。
・ 1954年(昭和29年)
 ・ 4月 - 定時制夜間部募集復活、全日制家庭科募集。
 ・ 10月 - 創立30周年記念式典挙行。
・ 1957年(昭和32年)
 ・ 1月 - 図書館竣工。
 ・ 4月 - 家庭科募集停止。
・ 1958年(昭和33年)4月 - 家庭科募集、南谷分校募集停止。
・ 1960年(昭和35年)4月 - 若林分校が富山県立砺波高等学校より移管される。
・ 1961年(昭和36年)4月 - 体育館竣工。
・ 1962年(昭和37年)4月 - 商業科設置。
・ 1963年(昭和38年)
 ・ 4月 - 福岡分校を若林分校に統合し生活科新設。
 ・ 5月 - 創立40周年記念式典挙行。
・ 1964年(昭和39年)
 ・ 4月 - 全日制家政科募集停止。
 ・ 8月 - 運動場拡張。
・ 1966年(昭和41年)4月 - 若林分校、富山県立富山産業高校小矢部教場と改称(本校より分離)。
・ 1968年(昭和43年)3月 - 商業科実習棟竣工。
・ 1972年(昭和47年)3月 - 柔剣道場竣工。
・ 1974年(昭和49年)
 ・ 3月 - 定時制募集停止。
 ・ 4月 - 小矢部産業高等学校、石動高等学校小矢部分校となる。
・ 10月 - 創立50周年記念式典挙行。
・ 1978年(昭和53年)6月 - 管理棟・教室棟(第1期工事・現校舎・鉄筋)竣工。
・ 1979年(昭和54年)
 ・ 3月 - 甲翔館(野球部雨天練習場)竣工。
 ・ 6月 - 保健室・教室棟(第2期工事)竣工。
・ 1980年(昭和55年)
 ・ 3月 - 特別教室棟(第3期工事)竣工、前庭舗装。
 ・ 7月 - 中庭造園。
・ 1984年(昭和59年)9月 - 創立60周年記念式典挙行。
・ 1986年(昭和61年)
 ・ 3月 - グラウンド全面改修工事竣工。
 ・ 10月 - 体育館床張替工事竣工。
・ 1987年(昭和62年)4月 - 制服改定。
・ 1989年(平成元年)3月 - 図書室・礼法室棟竣工。
・ 1990年(平成2年)
 ・ 9月 - 第2体育館並びに渡り廊下竣工。
 ・ 12月 - グラウンド照明設備竣工。
・ 1991年(平成3年)6月 - 自動販売機コーナー寄付採納。
・ 1992年(平成4年)3月 - 第2体育館南側空地整備緑化工事竣工、学校拡張用地(第2グラウンド)の取得。
・ 1993年(平成5年)3月 - 第2グラウンド造成整備工事竣工。
・ 1994年(平成6年)10月 - 創立70周年記念式典挙行。
・ 1995年(平成7年)4月 - 小矢部分校(全日制)が富山県立小矢部園芸高等学校(昼間定時制)に名称変更。
・ 1999年(平成11年)
 ・ 2月 - 第1体育館改修工事竣工。
 ・ 3月 - 甲翔館(野球部雨天練習場)改修工事竣工。
・ 2001年(平成13年)
 ・ 3月 - 商業棟屋上防水工事竣工。
 ・ 10月 - テニスコート改修工事竣工。
・ 2002年(平成14年)3月 - 屋外トイレ竣工。
・ 2004年(平成16年)
 ・ 3月 - 児童生徒地域交流施設(セミナーハウス「矢江館」)竣工。
 ・ 10月 - 創立80周年記念式典挙行。
・ 2009年(平成21年)2月 - 第1体育館耐震補強工事竣工。
・ 2011年(平成23年)3月 - 商業棟耐震補強工事竣工。
・ 2012年(平成24年)11月 - 特別教室棟耐震補強工事竣工。
・ 2014年(平成26年)
 ・ 1月 - 第2体育館ピロティ改修工事竣工。
 ・ 9月 - 創立90周年記念式典挙行。
・ 2015年(平成27年)3月 - 普通教室棟耐震補強工事竣工。
・ 2016年(平成28年)3月 - 第1体育館吊り天井等落下防止対策工事竣工。
・ 2020年(令和2年)3月 - 第1グラウンド改修工事竣工。
・ 2021年(令和3年)4月 - 武道場竣工。
部活動 ホッケー部が全国の強豪として名高い。 ・男子 -全国タイトル計11回(インターハイ6回・国体3回・全国高校選抜2回) ・女子 -全国タイトル計13回(インターハイ4回・国体5回・全国高校選抜4回) 野球部においては第60回全国高等学校野球選手権大会に砺波地区から初出場している。
・ 運動部 - 野球、陸上競技、ホッケー(男・女)、バスケットボール(男・女)、バレーボール(女)、ソフトテニス(男・女)、バドミントン(男・女)、卓球、柔道
・ 文化部 - 放送、吹奏楽、新聞、英語、科学、美術、音楽、書道、茶道、珠算経理
校歌 作詞:田部重治、作曲:小松清
出身者 ・ 前田圭治(ホッケー選手)
・ 石田利佳(ホッケー選手)
・ 小野真由美(ホッケー選手)
・ 村上藍(ホッケー選手)
・ 吉川由華(ホッケー選手)
・ 桜井森夫(現・小矢部市長)
・ 石澤義文(元・福岡町長、現・高岡市商工会長兼全国商工会連合会長)
アクセス ・ あいの風とやま鉄道線石動駅 徒歩約8分
・ 加越能バス「石動駅前」停留所 徒歩約8分

「富山県立石動高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年11月28日20時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター