ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

伏木(国際交流)


偏差値44( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)102.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 4159位/7791校( 学科単位 )
中部地方 775位/1314校( 学科単位 )
富山県 46位/78校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【富山県立伏木高等学校】
富山県立伏木高等学校(とやまけんりつ ふしきこうとうがっこう)は、富山県高岡市伏木国分にある県立の高等学校。2005年から普通科募集を停止し、県内初の国際交流科を設置した。JR氷見線越中国分駅から徒歩約10分。
概要 2005年3月に普通科募集を停止し、同年4月から国際交流科としてスタート。ロシア語・中国語・韓国語の教育に力を入れており、2年次からは文理選択と共に各自で選択した語学を専門に学ぶ。
設置学科 ・ 国際交流科
沿革 ・ 1927年(昭和2年)4月 - 伏木町立伏木商業学校として創立。
・ 1942年(昭和17年)7月 - 高岡市立伏木商業学校と改称。
・ 1948年(昭和23年)
 ・ 4月 - 総合制富山県立伏木高等学校となる(全日制普通科・商業科)
 ・ 9月 - 学区制施行により富山県立高岡北部高等学校と改称。
・ 1950年(昭和25年)- 校歌制定。
・ 1957年(昭和32年)4月 - 富山県立伏木高等学校となる。(全日制普通科・商業科・貿易科)
・ 1968年(昭和43年)4月 - 貿易科新設、創立40周年記念館竣工。
・ 1984年(昭和59年)
 ・ 4月 - 商業科・貿易科の募集停止、普通科単独校となり国際コース設置。同時に女子制服もモデルチェンジ。(現制服とは異なる)
 ・ 10月 - アメリカ合衆国インディアナ州フォートウェイン市、ビショップルアーズ高校と姉妹校提携。
・ 1987年(昭和62年)10月 - 創立60周年記念式典、記念事業(記念会館改築・中庭造成)。
・ 1988年(昭和63年)8月 - アメリカ姉妹校訪問研修団派遣始まる。(以後、隔年実施)
・ 1992年(平成4年)4月 - 国際コースで推薦入学制度導入。
・ 1993年(平成5年)9月 - ロシア沿海地方高校生親善団受け入れ始まる。(以後、毎年来校)
・ 1996年(平成8年)
 ・ 4月 - 国際コースを除く普通科でも推薦入学制度導入。
 ・ 12月 - セミナーハウス竣工。
・ 1997年(平成9年)10月 - 創立70周年記念式典、記念事業(セミナーハウス施設設備の充実)。
・ 2002年(平成14年)12月 -トレーニングハウス竣工。
・ 2003年(平成15年)
 ・ 3月 - サッカー部の韓国スポーツ交流始まる。
 ・ 9月 - ロシア沿海州ウラジオストクハーモニー校初派遣。(語学研修)
・ 2005年(平成17年)
 ・ 3月 - 普通科募集停止。
 ・ 4月 - 国際交流科設置、国際交流室「ル・シエール」開所 。
・ 2006年(平成18年)
 ・ 7月 - 韓国水原市清明高等学校生徒受け入れ始まる。(以後、毎年来校)
 ・ 12月 - 中国大連市第十二中学と友好校協定書締結、中国語学研修が始まる。
・ 2007年(平成19年)
 ・ 3月 - 創立80周年記念事業として門柱新設。韓国清明高等学校と友好校協定締結、韓国語学研修が始まる。
 ・ 7月 - 中国大連市第十二中学生徒受け入れ始まる。(以後、毎年来校)
 ・ 10月 - ロシアガルモニア校と友好校協定書締結。創立80周年記念式典、記念事業(第2体育館下ピロティ人工芝敷設)。
・ 2008年(平成20年)3月 - 北陸大学との高大連携始まる。
・ 2009年(平成21年)4月 - 文部科学省「英語教育改善のための調査研究事業」受託。
・ 2012年(平成24年)2月 - 府丘越中万葉パビリオン完成。
・ 2014年(平成26年)3月 - 越中万葉大壁画完成。
・ 2017年(平成29年)10月 - 創立90周年記念式典、記念事業(中庭の記念モニュメント設立)。
部活動 ・ 運動部 - 野球、サッカー、陸上競技、バスケットボール(男・女)、バレーボール(女)、ソフトテニス(男・女)、バドミントン(男・女)、卓球
・ 文化部 - 茶道、広報、吹奏楽、英会話、ボランティア、琴、家庭科、書道・美術
校歌 作詞:中山輝、作曲:古関裕而
アクセス ・ JR西日本(氷見線)「越中国分駅」下車、徒歩約10分
・ 加越能バス(氷見線)「国分口」下車、徒歩約8分
・ 加越能バス(伏木循環線)「伏木高校前」下車、徒歩約5分
出身者 ・ ロバートソン黎子(ジャーナリスト)
・ 吉原節夫(高岡法科大学学長)

「富山県立伏木高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年11月28日19時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター