ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

金沢市立工業(全科)


偏差値45( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)106.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 3841位/7791校( 学科単位 )
中部地方 710位/1314校( 学科単位 )
石川県 33位/75校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【金沢市立工業高等学校】
金沢市立工業高等学校(かなざわしりつ こうぎょうこうとうがっこう)石川県金沢市に所在する市立の工業高等学校。通称は石川県立工業高等学校の「県工」に対し、「しりこう」『市立(しりつ)工業(こうぎょう)から』と呼ばれることが多く、地元では校名を「金市工(きんしこう、きんいちこう)」と表記されることが多い。石川県立工業高等学校と共に校名表記が無い珍しい学校である。
設置学科 ・ 機械科
・ 電気科
・ 電子情報科
・ 建築科
・ 土木科
概要 2012年度に新校舎が完成した。金沢市設置の唯一の工業高校であり、「ものづくりコンテスト」への出場や「2級、3級の技能検定」の取得など、資格取得の活動が盛んである。全国的にも2級技能検定を高校生で取得させることは難しく、地域からの高い評価を受けている。教育理念は「金沢市及び地域産業の発展に貢献する」ことを目的としていることから、地域産業のニーズにあった教育が展開されている。生徒指導について高い評価を得ており、生徒の通学の「傘さしゼロ運動」や「挨拶運動」など実施している。部活動も盛んであり、相撲、水球、吹奏楽などで全国大会入賞をする実績がある。石川県庁や石川県立金沢西高等学校の近くに所在する。
校歌・賛歌・応援歌 ■ 校歌

・ 金沢市立工業高等学校校歌 作詞:鴻巣盛広、作曲:今井松雄
古城の南清流遶り
高燥閑雅の緑の岡辺
霊峰白山 千古の雪を
仰ぎて立ちたる
我等が校舎
修養練磨の殿堂高く
理想を目指して
健児は学ぶ

文化の精粋工業こそは
祖国を富ましめ民をば利すれ
堅実の気風高邁の意気
延へたる墨縄唯一筋に
世界に輝く我が日本の
いみじき国威に光を添えん


■ 応援歌

・ 金工魂
・ 千古の鎮め - 「千古の鎮め」の元歌は軍歌の「歩兵の本領」である。
・ 野村が丘
・ 覇者の腕
学校行事 ・ 4月
 ・ 始業式、入学式、1年生宿泊研修、定期健康診断、生徒会リーダー研修会
・ 5月
 ・ 遠足、前期第1中間考査、3年生三者懇談、創立記念日、前期PTA総会、高校相撲金沢大会全校応援
・ 6月
 ・ 石川県高校総体・総文、北信越高校体育大会、高文連文化教室、学校周辺クリーン活動
・ 7月
 ・ 民間企業求人開始、前期第2中間考査、校内体育大会、保護者懇談会
・ 8月
 ・ 全国高校総体、就業体験 全国ソーラーラジコンコンテスト 高校生ものづくりコンテスト 体験入学
・ 9月
 ・ 石川県高校新人体育大会(前期)、ロボット相撲北信越大会、民間就職試験開始
・ 10月
 ・ 前期期末考査、後期始業式、2年生修学旅行、創立記念祭、保護者懇談会、アイディアロボット石川県大会、金沢マラソンボランティア活動
・ 11月
 ・ 石川県高校新人体育大会(後期)
・ 12月
 ・ 後期中間考査、校内読書会
・ 1月
 ・ 大学入試センター試験
・ 2月
 ・ 後期期末考査、予餞会、後期PTA総会
・ 3月
 ・ 卒業式、後期終業式
部活動 ◇ 同好会
・進学学習クラブ
◇ 運動部
・ サッカー、女子サッカー、野球、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、テニス、バドミントン、卓球、水泳・水球、陸上競技、剣道、弓道、柔道、相撲、チアリーダー、新体操
◇ 文化部
・ 生花、英語、茶道、写真、将棋、新聞、吹奏楽、美術、放送、マイクロコンピュータ、エレクトロニクス、PC検定、建築、メカトロニクス、和装、土木技術、電気技術 相撲部、水球は毎年のように全国大会で入賞している。 吹奏楽部は全日本吹奏楽コンクールに数回出場、北陸大会には毎年のように出場するなど、県内トップレベルの実力を持つ。 測量部ではものづくりコンテストの全国優勝。電気技術部では高校生で全国初の2級技能検定合格など。
沿革 ・ 1928年(昭和3年)
 ・ 4月1日 - 金沢市立工業学校が金沢市小将町高等小学校内で開校。
 ・ 5月25日 - 開校式(以後、この日をもって開校記念日と定める)。
・ 1930年(昭和5年)8月25日 - 本館新築落成につき移転。
・ 1934年(昭和9年)9月1日 - 中等学校卒業を入学資格とする専修科を併設。
・ 1935年(昭和10年)3月26日 - 専修科を第二部と改称。
・ 1938年(昭和13年)4月11日 - 第二本科(夜間授業)新設。
・ 1942年(昭和17年)3月3日 - 第二部廃止。
・ 1944年(昭和19年)4月1日 - 校名を金沢市立第一工業学校と変更。
・ 1945年(昭和20年)4月1日 - 第二本科を専修科と改称。
・ 1948年(昭和23年)4月1日 - 金沢市立工業高等学校(機械・電気・建築・土木課程:本科第一部)を設置。専修科を廃止し、本科第二部(機械・電気・建築課程:定時制夜間授業)併設。金沢市立第二工業学校廃止に伴い同校生徒を編入。
・ 1949年(昭和24年)4月1日 - 本科第一部に家庭課程新設。
・ 1959年(昭和34年)4月1日 - 本科第一部に電子課程新設。
・ 1963年(昭和38年)
 ・ 4月1日 - 本科第一部に精密機械科新設し、家庭科を募集停止。
 ・ 12月25日 - 金沢市畝田町に新校舎竣工、移転。
・ 1968年(昭和43年)10月5日 - 創立40周年記念図書館竣工。
・ 1978年(昭和53年)9月26日 - 創立50周年記念同窓会館竣工。
・ 1979年(昭和54年)4月1日 - 設備工業コース新設。
・ 1986年(昭和61年)12月12日 - 特別教育活動学習棟竣工。
・ 1987年(昭和62年)11月15日 - CAI教室開設。
・ 1989年(平成元年)
 ・ 4月1日 - 本科第一部に電子機械科と情報科を新設。
 ・ 12月20日 - 情報教育実習棟竣工。
・ 1994年(平成6年)4月1日 - 第一実習棟改築竣工。
・ 1995年(平成7年)4月1日 - 精密機械科募集停止。
・ 1996年(平成8年)11月11日 - 校内LAN完成。
・ 1997年(平成9年)7月7日 - 屋内温水プール棟竣工。
・ 1998年(平成10年)10月30日 - 創立70周年記念式典挙行。
・ 2000年(平成12年)4月1日 - 機械科と電子機械科、電気科と電子科をくくり募集実施。
・ 2001年(平成13年)4月1日 - 本科第一部に機械テクノロジー科と情報システム科を新設。
・ 2003年(平成15年)4月1日 - 2学期制を導入。
・ 2005年(平成17年)7月29日 - 新体育館竣工。
・ 2008年(平成20年)
 ・ 4月1日 - 本科第一部の機械テクノロジー科を機械科、情報システム科を電気情報科に学科改編。
 ・ 7月30日 - 新第二実習棟竣工。
・ 2010年(平成22年)12月1日 - 教室棟・管理棟竣工。
・ 2011年(平成23年)3月31日 - 本科第二部(夜間定時制)閉校。
・ 2012年(平成24年)4月1日 - 電気情報科を電気科と電子情報科に学科改編。
・ 2013年(平成25年)3月24日 - 全館改築竣工。
・ 2018年(平成30年)10月6日 - 創立90周年記念式典挙行。
所在地 〒920-0344 石川県金沢市畝田東一丁目1番地1
アクセス ・ 金沢駅西口6番乗り場から北鉄金沢バスの「シティライナー」03番畝田住宅ゆき乗車、「市立工業高校前」で下車。
・ 北陸鉄道バス33・60・61・62・63系統「市立工業高校前」下車、徒歩3分
・ 北鉄金沢バス04・64・19系統「市立工業高校東口」下車、徒歩5分
著名な出身者 ・ 國見泰央 - プロボクサー
・ 塚本勲 - 加賀電子株式会社代表取締役社長
・ 出島武春 - 元大相撲力士(武蔵川部屋)
・ 玉乃島新 - 元大相撲力士(片男波部屋)
・ 丹蔵隆浩 - 元大相撲力士(阿武松部屋)
・ 玉大輝剛志 - 元大相撲力士(片男波部屋)
・ 能登東攻柁 - 元大相撲力士(玉ノ井部屋)
・ 武誠山一成 - 元大相撲力士(武蔵川部屋)
・ 舛ノ湖大明 - 元大相撲力士(千賀ノ浦部屋)
・ 若八嶋泰成 - 元大相撲力士(松ヶ根部屋)
・ 朝乃若樹 - 大相撲力士 (高砂部屋)
・ 朝志雄亮賀 - 大相撲力士 (高砂部屋)
・ 深井拓斗 - 大相撲力士(高砂部屋)
・ 東俊介 - 元ハンドボール選手(大崎オーソル)
・ 舛田圭太 - バドミントン選手
・ 大西裕 - プロボウリング選手(コロナキャットボウル金沢所属)
・ 坂井一将 - バドミントン選手
・ 米沢外秋(金沢工業学校時代) - 元石川県議会議員、米沢電気工事創業者
・ 西川哲典 - 陶芸家(梅工美術会創設)写真家、随筆家
・ 浦映月 - 東京五輪日本代表(水泳水球)
・ 馬淵良 - 元飛込み選手、1956年メルボルンオリンピック、1960年ローマオリンピック日本代表

「金沢市立工業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年11月28日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島