ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

武生(普通)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7792校( 学科単位 )
中部地方 114位/1314校( 学科単位 )
福井県 3位/65校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【福井県立武生高等学校】
福井県立武生高等学校(ふくいけんりつ たけふこうとうがっこう)は、福井県越前市にある県立高等学校。通称「武高」(ぶこう)。旧制中学校時代から地域の教育を担ってきた伝統校。図書館に旧藩校「進修校」の四書五経が所蔵されている。
概要 ◇ 全日制 旧制中学校時代から地域の教育を担ってきた福井県嶺北南部地域を代表する進学校。図書館には旧藩校「進修教校」の四書五経などの書籍が所蔵されている。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている。現在は嶺南地域の敦賀市から通う生徒も少なくない。
◇ 定時制 2019年の課程改編で、昼間部の4時間と午前特設授業の2時間の授業体制となっている。

■ 沿革

◇ 全日制
・ 1898年(明治31年) - 福井県武生尋常中学校創設。(旧制中学校)
・ 1901年(明治34年) - 福井県武生中学校に改称。
・ 1948年(昭和23年) - 福井県立武生中学校、福井県立武生高等女学校、武生町立高等女学校等を統合し、福井県立武生高等学校として発足。普通・家庭・商業・工業の4課程を設定。
・ 1959年(昭和34年) - 工業課程は武生工業高等学校として分離独立。
・ 1965年(昭和40年) - 武生商業高校新設に伴い商業科募集停止。定時制池田分校を転換し、全日制池田分校を設置。
・ 1969年(昭和44年) - 理数科設置。
・ 1998年(平成10年) - 葵講堂完成。
・ 2008年(平成20年) - 平成20~24年度、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受ける。
・ 2013年(平成25年) - 平成25〜29年度、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受ける。
・ 2018年(平成30年) - 平成30〜34年度、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受ける。
・ 2020年(令和2年) - 池田分校閉校。理数科募集停止、探究進学科を新設。
◇ 定時制
・ 1948年(昭和23年) - 本校と今庄分校に夜間定時制課程、粟田部、上池田の各分校に昼間定時制課程が設けられる。
・ 1951年(昭和26年) - 今庄分校閉校
・ 1954年(昭和29年) - 粟田部分校募集停止
・ 1965年(昭和40年) - 池田分校を全日制に転換
・ 1995年(平成7年) - 定時制課程を年度進行で単位制にし、昼間部を新設
・ 1998年(平成10年) - 定時制課程で学年制最後の卒業式
・ 2010年(平成22年) - 半年毎の単位認定や後期編入試験開始
・ 2017年(平成29年) - 夜間部の募集停止
・ 2019年(平成31年) - 夜間部がなくなり、昼間部のみとなる。
校訓 ・ 真理と正義を愛して学問に精励し、人格の完成につとめる。
・ 謙譲と敬愛の精神をもって自主的、積極的に己を尽くす。
・ 勤労と責任を重んじ、自由にして明朗な社会人としての成長を期する。
校歌 「武生高等学校校歌」 - 作詞 佐藤春夫 作曲 大中寅二
進学 ・ 進路指導情報
部活動 運動部と文化部あわせて34の部活動が活動している。 運動部
・ 弓道部
・ 野球部
・ 陸上部
・ 剣道部
・ 山岳部
・ 柔道部
・ 卓球部
・ サッカー部
・ バドミントン部
・ ソフトテニス部
・ フェンシング部
・ ソフトボール部
・ ハンドボール部
・ バレーボール部
・ バスケットボール部 文化部
・ JRC部
・ ESS部
・ 囲碁部
・ 演劇部
・ 合唱部
・ 写真部
・ 将棋部
・ 書道部
・ 新聞部
・ 茶道部
・ 文芸部
・ 邦楽部
・ 美術部
・ 放送部
・ ギター部
・ 吹奏楽部
・ サイエンス部
・ オーケストラ部
・ 百人一首・かるた部
部活動概要 部活動の数に対する顧問の不足により平成26年度から同好会や連盟のないギター部の入部を停止し平成28年度で廃部となった。 また、平成26年度から化学部、マイコン部、生物部は統合されサイエンス部となる。
学校行事 ・ 4月 - 入学式、春季遠足
・ 5月 - 防火防災訓練、SC科学講演会
・ 6月 - 合唱コンクール
・ 7月 - 球技大会、オープンスクール
・ 9月 - 学校祭(文化祭・体育祭)
・ 10月 - マラソン大会、修学旅行(2年)、秋季遠足(1・3年)、SSH全体講演会
・ 12月 - 球技大会(1・2年)、武高アカデミア
・ 3月 - 卒業式
最寄駅 ・ JR北陸本線:武生駅
・ 福井鉄道福武線:越前武生駅
・ 福井鉄道福武線:北府駅
池田分校 1948年(昭和23年)に旧上池田村青年学校校舎跡を利用して定時制の福井県立武生高等学校上池田分校として開設された。1956年(昭和31年)従来の家庭科単科から普通科に変更、その後1965年(昭和40年)より全日制となった。2001年(平成13年)からは池田町立池田中学校との連携型中高一貫教育を行ってきた。
しかし、全体の生徒数が減少したのに加え、池田町出身の生徒が交通事情の改善により減少し、代わって不登校経験者などの進学が増加したため、武生高校本校と鯖江高校両校定時制を2017年以降に不登校経験者の受け皿にできる昼間定時制へ一本化することへの兼ね合いなどから、2017年度をもって募集停止、2019年度の廃校が決定した。
著名な卒業生 ■ 政治家・軍人・官僚

・ 清水規矩 - 陸軍軍人、陸軍中将
・ 高橋衛 - 経済企画庁長官、初代国税庁長官、台北州知事、台湾総督府出身
・ 小倉武一 - 農林事務次官
・ 田中節夫 - 警察庁長官
・ 山本拓 - 自由民主党衆議院議員、元農林水産副大臣
・ 杉本博文 - 今立郡池田町長
・ 奈良俊幸 - 福井県越前市長

■ 実業家

・ 内藤豊次 - エーザイ創業者、社長
・ 伊藤雅彦 - フジクラ代表取締役社長
・ 市橋浩治 - ENBUゼミナール代表取締役、映画プロデューサー
・ 藤田晋 - サイバーエージェント社長
・ 竹中直純 - IT技術者・経営者。(ハンドルネーム nt)
・ 出川昌人 - ブラックロック日本法人社長
・岩崎聡 - 株式会社ウォンツ代表取締役社長
・ 奥田雄一郎 - 学校コンサルタント

■ 文化人

・ 内藤雅雄 - インド史学者、東京外国語大学名誉教授
・ 田中俊明 - 朝鮮古代史、古代日朝関係史学者 滋賀県立大学名誉教授
・ 加藤和夫 - 言語学者 金沢大学教授
・ 城戸常雄 - 医学者、神経内科、内科専門医
・ 大島堅一 - 環境経済学者、立命館大学教授、大阪府特別参与
・ 鷲田祐一 - 経営学者、一橋大学教授
・ 三好基晴 - 随筆家、臨床環境医
・ 中野博之 - 集英社 週刊少年ジャンプ編集長
・ 関弘美 - 東映アニメーション アニメプロデューサー

■ 芸術家

・ 久里洋二 - 洋画家、漫画家、イラストレーター
・ 嶋津蓮 - 漫画家、イラストレーター
・ 岩野平三郎 (三代目)- 越前和紙職人
・ 松原正樹 - ギタリスト
・ 土田ヒロミ - 写真家
・ 南部英夫 - 映画監督
・ 前田鎌利 - 書家、プレゼンテーションクリエイター
・ 山本力矢 - 建築家、SANAAパートナー

■ タレント

・ 白崎あゆみ - 北陸放送アナウンサー
・ 小川恵理子 - 松竹芸能所属のタレント
・ 天谷ゆか - 福井放送出身のフリーアナウンサー
・ 堀内くみ子 - フリーアナウンサー
・ 中道詩織 - 福井テレビアナウンサー
・ 堀川ひとみ - シンガーソングライター
・ せりかな - シンガーソングライター
・ 白木裕子 - ディスクジョッキー、歌手、ナチュラル ハイのボーカル
・ 片山享 - 俳優

■ スポーツ選手

・ 前田喜代士 - 元プロ野球選手
・ 牧野伸 - 元プロ野球選手
・森﨑健史 - バレーボール選手
著名な教職員 ・ 西村謙三 - 教育者、郷土史家、旧制武生中学校校長
・ 三田村甚三郎 - 実業家、政治家、旧制武生女子実業学校創立者
・ 岩田久二雄 - 昆虫学者、生態学者、旧制武生高等女学校教諭
・ 椿原泰夫 - 教育者、政治活動家、武生高等学校教諭

「福井県立武生高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年11月28日14時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター