ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

若狭(商業系)


偏差値47( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)113.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 3305位/7791校( 学科単位 )
中部地方 611位/1314校( 学科単位 )
福井県 25位/65校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【福井県立若狭高等学校】
福井県立若狭高等学校(ふくいけんりつ わかさこうとうがっこう)は、福井県小浜市千種一丁目に所在する公立の高等学校。略称は。
概要・歴史 福井県立の高校ではあるが、関西圏とのつながりが深い嶺南に位置するため、生徒のなかで、京都大学をはじめとした関西の国公立大学への志向が強いことが特徴として挙げられる。 校是は「異質のものに対する理解と寛容」。
◇ 旧制小浜中学校 小浜藩校「順造館」を前身に、若狭地方で中学教育が始められたことをルーツとしている。藩校成立は18世紀に遡り、県内でも有数の歴史を持つ。
嶺南の他の県立高等学校と異なり、滋賀県から分離後、中学校令(一府県一校)により一時廃止され、福井中学の分校を経て、1897年(明治30年)に小浜尋常中学となった。
◇ 旧制小浜水産学校、旧制小浜高等女学校 1895年(明治28年)に福井県簡易農学校分校として小浜に水産科が設置され、のちに福井県立小浜水産学校となる。1905年(明治38年)には私立稚桜女学校が設立され、これが福井県立小浜高等女学校に発展した。
◇ 学制改革後 1948年(昭和23年)の学制改革により、小浜中学、小浜高女、小浜水産が合併し、福井県立小浜高等学校が設立された。翌年、遠敷高等学校を合併し、福井県立若狭高等学校となった。 設立当初は、普通科、商業科、家庭科、農業科、水産科および定時制から構成された。のち、農業科が若狭農林高等学校(現・若狭東高等学校)、水産科が小浜水産高等学校として独立(2013年に再統合)し、今日に至っている。
教育目標 「異質のものに対する理解と寛容」の精神を養い、教養豊かな社会人の育成を目指す。

■ 努力目標

・ 学力の向上に努め、自主及び自律の精神を育てる。
・ 特別活動の充実に努め、自他の敬愛と協力の精神を育てる。
・ 学校環境整備に努め、美しいものや正しいことに関心を持つ心を育てる。
・ 地域社会との連携に努め、若狭の自然や歴史と文化を大切にする心を育てる。
沿革 同校は福井県立小浜中学校、福井県立小浜高等女学校および福井県立小浜水産学校をその母体としているが、現在に至るまで多くの変遷を経ている。

■ 年表

◎ 前史

○ 小浜藩校「順造館」

・ 1774年(安永3年) - 第10代小浜藩主酒井忠貫が西依墨山(望楠軒4代目講師)を招いて小浜藩の学問所(藩校)として開校。
・ 1881年(明治14年) - 藩学「順造館」を中学校として発足。
・ 1886年(明治19年) - 中学校令(一府県一校設置の原則)に伴い廃止。 「順造館」の遺構である順造門が、2016年現在も若狭高等学校正門として使用されている。
◎ 学制改革まで

○ 福井県立小浜中学校

・ 1894年(明治27年) - 旧藩主酒井忠道の多額の援助と旧藩士の有志による「尚義会」の活躍により、雲浜村順造館跡、すなわち現在の南川河畔の県立大職員家族寮付近に旧制中学校が設立される。前記の中学校令の制約により独立校とならず、福井中学(現・福井県立藤島高等学校)の分校となる。
・ 1897年(明治30年) - 福井県小浜尋常中学校として独立。(当時5学級)この年をもって創立第1周年とする。
・ 1898年(明治31年) - 福井県小浜中学校と改称。第1回卒業生3名。
・ 1900年(明治33年) - 西津村鷹場(現・小浜市立小浜中学校)に校舎新築移転。
・ 1901年(明治34年) - 福井県立小浜中学校と改称。
○ 福井県立小浜高等女学校

・ 1905年(明治38年) - 私立稚桜女学校として設立される。
・ 1906年(明治39年)6月27日 - 組合立小浜女子技芸女学校として開校が認可される。
・ 1899年(明治32年) - 福井県立小浜水産学校として独立。
・ 2013年(平成25年) - 福井県立小浜水産高等学校と統合し、海洋科学科を設置。第2体育館改装。
・ 2014年(平成26年) - 理数科廃止。旧制小浜中学、旧制小浜高女、旧制小浜水産、新制遠敷高校の4校を統合して発足した故に発生した生徒間の対立を緩和することが、縦割りホームルーム制導入の目的であった。 導入初年度の1949年(昭和24年)は、普通科・家庭科・商業科の全生徒と水産科・農業科の1年生によって各ホームルームが編成されたが、翌年から校舎の離れている水産科・農業科の生徒は対象外となった。ホームルームの団結を深めるための行事として、1950年(昭和25年)にホームキャンプと球技大会、1951年(昭和26年)に文化祭におけるホームデコレーションが行われるようになり、「ホーム雑誌」なるものも発行されるようになった。

■ 関連書籍

・ 『「縦割りホームルーム制」の実践 : 異質のものに対する理解と寛容 : 昭和24年-平成6年』ホーム制資料集編纂委員会編 1997年10月 福井県立若狭高等学校
・ 『教育理念と学校組織の社会学 : 異質なものへの理解と寛容 : 縦割りホームルーム制の実践』苅谷剛彦,酒井朗編著 1999年3月 学事出版 ISBN 978-4-7619-0602-3
設置学科 ◇2022年現在
・ 全日制 修業年限3年制
 ・ 普通科
 ・ 文理探究科(2年次から下記の2学科に分かれる)
  ・ 国際探究科
  ・ 理数探究科
 ・ 海洋科学科
・ 昼間定時制 修業年限4年制
 ・ 普通科
◇廃止された課程
・全日制
 ・ 家庭科
 ・ 被服科
 ・ 理数科(平成25年度末廃止)
 ・ 商業科・情報処理科(平成26年度末廃止)
・ 夜間定時制(2020年廃止)
 ・ 普通科
校歌 作詞:山本和夫、作曲:山田耕筰
部活動 ■ 主な活動成績

◎ ラグビー部
1969年創部。全国高校ラグビーには、第74回大会(1993年)で初出場を果たした。その後80回大会(2000年)で再度代表になり、第96回大会(2016年)までに10度出場している。全国大会での初勝利は第82回大会(2002年)一回戦の富山工業高校戦(31-26)。福井県は全国大会予選への参加校自体が少なく、第77回大会(1997年)以降は同校と福井県立若狭東高等学校のいずれかが代表となる状態が続いている。
◎ 野球部
春3回、夏7回甲子園に出場し、プロ野球に在籍した選手も多数いた。中でも、川藤幸三(元阪神)がOBとして著名である。1968年(昭和43年)に乗替寿好投手(元西鉄 - 広島)を擁し福井国体優勝、1973年(昭和48年)には内藤投手を擁し明治神宮大会優勝と2回の全国制覇を果たしている。春の選抜は1974年(昭和49年)、選手権大会は1969年(昭和44年)に甲子園でベスト4に入って以来、同大会への出場を果たしていない。
◎ 陸上競技部
2004年の国体で、松本啓典が800mで全国制覇を果たしている。

■ 部活動種目

・ 運動部 - 野球、水泳、サッカー、ラグビー、ソフトボール、柔道、レスリング、卓球、テニス(男・女)、バドミントン(男・女)、陸上競技、バレーボール(男・女)、バスケットボール(男・女)、ボート
・ 文化部 - 文芸、放送、科学、美術、吹奏楽、書道、軽音楽、演劇、JRC、茶華道、弁論、かるた、スキューバダイビング
・ 同好会 - ヨット
アクセス ・ 小浜線小浜駅から徒歩10分
・ あいあいバス「小浜二中前」停留所 徒歩4分
・ 舞鶴若狭道 小浜IC 車で5分
周辺施設 ・ 小浜地方合同庁舎
・ 小浜市市民体育館
・ 小浜市立小浜第二中学校
・ 杉田玄白記念公立小浜病院
・ 山川登美子記念館
・ 福井県立若狭図書学習センター
著名な卒業生 ※藩校である順造館および旧制福井中学分校時代の卒業者は小浜市を参照(旧制小浜中学校として独立した1897年度以降に限る)。 ※現在の福井県立若狭東高等学校の卒業者については、本校の分校であった1949年度から1957年度までの卒業者に限って記載のこと。 ※水産課程の在籍者については、設置されていた1948年度から1952年度までの卒業者に限って記載のこと(それ以降の卒業生は福井県立小浜水産高等学校に記載)。

■ スポーツ選手

・ 浜中祥和(元プロ野球選手)
・ 松井武雄(元プロ野球選手、横浜ベイスターズ取締役)
・ 川藤龍之輔(元プロ野球投手。現福井ミリオンドリームズ監督)
・ 川藤幸三(元プロ野球選手・阪神タイガース)
・ 乗替寿好(元プロ野球選手)
・ 紅夜叉(元女子プロレスラー、中退)
・ 海津富美代(元卓球選手)
・ 朝倉康心(プロ雀士・Mリーガー)

■ 芸能人

・ 杉田あきひろ(歌手・俳優、NHKおかあさんといっしょ9代目うたのおにいさん)
・ 高井麻巳子(元おニャン子クラブ。秋元康夫人)
・ 田中なおみ(モデル、昭和54年度クラリオンガール)
・ 武者武者(お笑いコンビ)

■ 文化人

・ 山本和夫(児童文学作家、詩人、元福井県立若狭歴史博物館館長、山本藤枝夫人、旧制小浜中学卒業)
・ 古河三樹(編集者、歴史家、旧制小浜中学卒業)
・ 笠原靖(絵本作家)
・ きむ(詩人、写真家)
・ 司茜(詩人、大阪文学学校)
・ 川口晴美(詩人)
・ 浦谷千恵(アニメーション監督、アニメーター・キャラクターデザイナー、片渕須直夫人)
・ 前野博紀(華道家)

■ 政治・行政

・ 井手成三(官僚、内閣法制局第一部長、文部次官、旧制小浜中学卒業)
・ 辻一彦(政治家、参議院議員、旧制小浜中学卒業)
・ 古川太三郎(政治家、参議院議員、旧制小浜中学卒業)
・ 東毅(政治家、日本共産党岡山市議会議員)
・ 神谷宗幣(政治家、参議院議員)
・ 松崎晃治(政治家、第9代小浜市長)

■ メディア

・ 竹中敬一(元中部日本放送番組制作者)

■ 経済

・ 田中文蔵(三井物産取締役、山縣有朋の姪、山縣清子夫人、旧制小浜中学卒業)
・ 小林栄三(伊藤忠商事社長)
・ 井手正敬(西日本旅客鉄道社長、相談役、から都立戸山高校に転校)
・ 田辺昇一(経営コンサルタント、タナベ経営創業者・社長、旧制小浜中学卒業)
・ 田村平治(料理人、旧制小浜中学卒業)

■ 軍人

・ 佐久間勉(海軍大尉、大日本帝国海軍、第六潜水艇隊艇長、旧制小浜中学卒業)
・ 儀峨徹二(日本陸軍の軍人、陸軍中将、旧制小浜中学卒業)
・ 大月明(医学者、大日本帝国特殊部隊所属、旧制小浜中学卒業)

■ 学術

・ 干潟龍祥(インド哲学者、旧制小浜中学卒業)
・ 梅澤濱夫(医学者、細菌学者、文化勲章受章者、旧制小浜中学卒業)
・ 石田佐久馬(国語教育者、旧制小浜中学卒業)
・ 熊田誠(元京都大学工学部教授、京都大学名誉教授 旧制小浜中卒業)
・ 羽溪了諦(京都大学名誉教授・元龍谷大学学長、旧制小浜中学卒業)
・ 今村貞夫(京都大学医学部教授、京都大学名誉教授)
・ 藤井譲治(京都大学名誉教授)
・ 伊東忍(大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻教授)
・ 三井徹(音楽学者)
・ 松尾欣枝(奈良女子大学名誉教授)
・ 須磨千頴(南山大学名誉教授、旧制小浜高校卒業)
・ 若新雄純(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授、福井大学産学官連携本部客員准教授)

「福井県立若狭高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月27日13時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター