ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

北社(普通)


偏差値42( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)95点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 4804位/7792校( 学科単位 )
中部地方 883位/1314校( 学科単位 )
山梨県 36位/71校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【北海高等学校】
北海高等学校(ほっかいこうとうがっこう)は、北海道札幌市豊平区旭町四丁目1番41号にある私立高等学校。
概要 生徒数は1031人、教職員数は71人、事務職員数は8人である。 1885年(明治18年)3月15日、大津和多理(札幌農学校第3期卒業生)によって創設された北海英語学校として開校。北海英語学校は、当時札幌に複数あった札幌農学校予科受験準備のための予備校の一つであった。旧制中学時代から新制高等学校移行後も長きにわたり男子校であった。しかし、OB会や教職員の間において男女共学化か系列中学創設かで意見が分かれる中、当時の教員らの多数決により1999年4月からの男女共学制への移行が決定した。生徒数は、2019年現在1,398人(男子は711人、女子は687人)が在籍している。 部活動が盛んである。若松勉(ヤクルトスワローズ元監督)らを輩出した硬式野球部は、選抜高等学校野球大会(春)12回出場は北海道最多で第35回選抜高等学校野球大会で準優勝を記録・全国高等学校野球選手権大会(夏)38回出場は全国最多で第98回全国高等学校野球選手権大会で準優勝を記録・明治神宮野球大会(秋)も3回出場している。サッカー元日本代表の山瀬功治らを輩出したサッカー部は、冬の選手権・夏のインターハイ・秋の国体の全国大会に出場実績がある。
沿革 ・ 1885年 - 現在の札幌市中央区南2条西1丁目付近に北海英語学校として創立される。
・ 1901年 - 中学部を設立する。
・ 1905年 - 文部省から中学校開設の許可を得て、私立北海中学校と改称する。
・ 1906年 - 制服・制帽制定。校舎を現在の豊平に移転。
・ 1909年 - 校旗・校歌を制定する(校歌 作詞:土井 晩翠、作曲:本居 長世)。
・ 1911年 - 北駕文庫設立。「学訓」(26条)を制定。
・ 1920年 - 私立北海中学校を北海中学校に改称。
・ 1948年 - 学制改革によって、北海中学校は北海高等学校となる。新制中学校を併置する。
・ 1949年 - 各種学校として北海学院を設置、翌年北海短期大学となる。
・ 1951年 - 学校法人北海学園設立。
・ 1952年 - 北海学園大学(経済学部)を設立する。
・ 1958年 - 現校舎が落成する。
・ 1963年 - 第35回選抜高等学校野球大会で準優勝。
・ 1964年 - 新体育館、寄宿舎健友寮が落成する。
・ 1969年 - 中学校を廃止する。
・ 1971年 - 第43回選抜高等学校野球大会の出場校に選抜されるも、一般生徒の暴力事件が発生し出場辞退。野球部員は青函連絡船で青森へ向かう船上で出場辞退を伝えられ、そのまま北海道へ引き返した。代替出場校は芦別工。
・ 1978年 - 北海英語学校が創立された、1885年を本校の創立年と決定する。旧北海中学校校舎を北海道開拓の村へ移転。
・ 1980年 - 北海高校創立九十五周年記念式典。
・ 1981年 - 第2体育館が落成する。
・ 1985年 - 北海高校創立百周年記念式典。 「わだつみ」像除幕式。寄宿舎「健友寮」閉寮。
・1986年 - 第5回全国高等学校弓道選抜大会にて男子団体が全国優勝。
・ 1991年 - 北海高校とLCI高校との間で姉妹校の調印、教員交換事業はじまる。
・ 1994年 - 校舎直結の地下鉄駅「学園前」が完成する。
・ 1999年 - 男子校から男女共学へ移行し、女子制服の導入に併せて男子制服を一新する。
・ 2000年 - 校舎(3号館)が落成する。
・ 2001年 - カナダ・ブロック大学への語学研修派遣がはじまる。
・ 2005年 - 北海高校創立百二十周年記念展、記念式典開催。
・ 2016年 - 第98回全国高等学校野球選手権大会に出場。(2年連続37回目)。初の決勝進出。決勝では作新学院高校に7-1で敗れ準優勝となった。
校風 ・ 建学以来の基本精神を「質実剛健」「百折不撓」とし、男女共学制に移行した現在でも変更されていない。
部活動 ・ 運動部
 ・ 剣道部
 ・ 男子バドミントン部
 ・ 女子バドミントン部
 ・ 男子バスケットボール部
 ・ 女子バスケットボール部
 ・ 男子バレーボール部
 ・ 女子バレーボール部
 ・ 男子硬式テニス部
 ・ 女子硬式テニス部
 ・ 硬式野球部
 ・ 陸上競技部
 ・ 弓道部
 ・ 柔道部
 ・ 卓球部
 ・ アイスホッケー部
 ・ 新体操部
 ・ 水泳部
 ・ サッカー部
・ 文化部
 ・ 国際交流部
 ・ 文芸部
 ・ 弁論部
 ・ 美術部
 ・ 書道部
 ・ 写真部
 ・ インターアクト部
 ・ コンピュータ部
 ・ 演劇部
 ・ 科学部
 ・ 将棋部
 ・ 合唱部
 ・ 吹奏楽局
 ・ 新聞局
 ・ 放送局
著名な卒業生 ■ 関係者

◎ 歴代校長

・ 初代 - 浅羽靖(1887年)
・ 第2代 - 戸津高知(1915年)
・ 第3代 - 大森初太郎(1948年)
・ 第4代 - 斉藤堅(1966年)
・ 第5代 - 伊藤正造(1970年)
・ 第6代 - 上野宏(1971年)
・ 第7代 - 波田正則(1982年)
・ 第8代 - 幸村欣司(1987年)
・ 第9代 - 杉本和紀(1995年)
・ 第10代 - 北明邦雄(2007年)
・ 第11代 - 山崎省一(2013年)
・第12代 - 秋山秀司(2019年)

■ 出身者

◎ 政治

・ 稲村隆一 (北海中学校) - 元衆議院議員
・ 川俣清音 (北海中学校) - 元衆議院議員
・ 小林進 (北海中学校) - 元衆議院議員
・ 北村暢 (北海中学校) - 元参議院議員
・ 岩本政光 (北海中学校) - 元参議院議員、元北海道議会議員
・ 三井辨雄(北海高等学校) - 元衆議院議員、元厚生労働大臣
◎ 行政

・ 上杉武雄 (北海中学校) - 元常呂町長
・ 大泉源郎 (北海中学校) - 元苫小牧市長
・ 岡英雄(北海中学校) - 元江別市長
・ 小柄義信(北海中学校) - 元余市町長
・ 伊達寿之(北海中学校) - 元当別町長、伊達邦直の末裔
・ 田岡克介(北海高等学校) - 石狩市長、元石狩市助役
◎ 経済

・ 岩田徳治(北海中学校) - 岩田建設創業者
・ 八反田角一郎 (北海中学校) - 讀賣テレビ放送代表取締役、日本テレビ・読売新聞社取締役、読売新聞大阪本社取締役最高顧問
・ 中道昌喜 (北海中学校) - 中道機械、および中道リース創業者
・ 名塩良一郎(北海高等学校) - ナシオ会長
・ 森本吉勝(北海高等学校) - もりもと社長
・ 大谷喜一(北海高等学校) - アインファーマシーズ社長
・ 富山睦浩(北海高等学校) - サッポロドラッグストアー社長
・ 石水創(北海高等学校) - 石屋製菓社長
・ 田中奨(北海高等学校) - 永大紙業社長
・ 片桐大(北海高等学校) - 片桐機械社長
・ 及川厚博(北海高等学校) - M&Aクラウド代表取締役CEO
◎ 学者・教育者

・ 阿部利雄 (北海中学校) - 元北海道学芸大学教授、元北海道産業短期大学学長
・ 黒川利雄 (北海中学校) - 元東北大学学長、文化勲章受章
・ 野呂栄太郎(北海中学校) - 経済学者、元日本共産党中央委員
・ 田下和男 (北海中学校) - 北海学園北見大学名誉教授
・ 半田正夫(北海中学校) - 元学校法人青山学院理事長
・ 熊本信夫 (北海中学校・北海高等学校) - 元北海学園大学学長
・ 笹岡征雄(北海高等学校) - 札幌学院大学名誉教授、スポーツ研究者
・ 小堀雅浩(北海高等学校) - 経営学者、北海商科大学教授、マーケティング研究者
◎ 文学

・ 子母澤寛 (北海中学校) - 作家
・ 島木健作 (北海中学校) - 作家
・ 和田芳恵 (北海中学校) - 作家
・ 寒川光太郎 (北海中学校) - 作家
◎ 芸術

・ 梁川剛一 (北海中学校) - 画家、彫刻家
・ 本郷新 (北海中学校) - 彫刻家
・ 吉川静夫 (北海中学校) - 作詞家
・ 早坂文雄 (北海中学校) - 作曲家
・ 坂坦道 (北海中学校) - 彫刻家
・ 栃内忠男 (北海中学校) - 画家
・ 萩原哲晶 (北海中学校) - 作曲家
◎ 芸能

・ 益田喜頓 (北海中学校) - 喜劇俳優
・ 千秋実 (北海中学校) - 俳優
・ 山本麟一 (北海中学校) - 俳優
・ 稲田博(北海高等学校) - 演出家
・ 笹木雅司(北海高等学校) - 音楽プロデューサー、レコーディングディレクター
・ 三笑亭夢之助(北海高等学校) - 落語家
・ 篠原洋一(北海高等学校) - 和食調理師(元南極観測隊料理人)
・ 山中さわお(北海高等学校) - シンガーソングライター(the pillows、元コインロッカー・ベイビーズ)
・ 飯田昌洋(北海高等学校) - ミュージシャン(元FLATBACKER、E・Z・O)
・ 岩田晃次(北海高等学校) - ミュージシャン(HERMIT、元コインロッカー・ベイビーズ、THE CHEWINGGUM WEEKEND、ROAZEN FERUM)
・ 砂原良徳(北海高等学校) - ミュージシャン(元電気グルーヴ)
・ ロマンチック☆安田(北海高等学校) - ミュージシャン(爆弾ジョニー)
・ タカ(北海高等学校) - お笑いタレント(タカアンドトシ)
・ 前河キヨトシ(北海高等学校) - お笑いタレント(カシスプリン)
・ キムラ真(北海高等学校) - 演出家・脚本家・俳優(ナイスコンプレックス主宰)
・ 伊藤祐輝(北海高等学校) - 俳優
・ 宮崎翔太(北海高等学校) - 俳優
・ 二階堂瞳子(北海高等学校) - 演出家・女優
・ 花岡領太(北海高等学校) - 俳優・歌手・タレント(元NORD)
・ 鷹架翔喜(北海高等学校) - ファッションモデル(ファッションスタジオ所属)
・ 中川梨花(北海高等学校) - 女優・タレント
・ 安保卓城(北海高等学校) - 歌手 ・ タレント (NORD)
・ 武藤彩芽(北海高等学校) - 気象キャスター、モデル(元ファイターズガール)
◎ 将棋

・ 渡部愛(北海高等学校) - 女流棋士(日本女子プロ将棋協会所属)
◎ スポーツ

・ 南部忠平 (北海中学校) - 陸上選手(1932年ロサンゼルス五輪 三段跳金メダリスト)、鳥取女子短期大学元学長
・ 高橋昴(北海高等学校) - クロスカントリースキー選手(1928年サンモリッツオリンピック日本代表)
・ 山田勝巳(北海高等学校) - ノルディック複合、スキージャンプ選手 (1932年レークプラシッドオリンピック本代表)
・ 多田修(北海高等学校) - アルペンスキー選手 (1960年スコーバレーオリンピック日本代表)
・ 金野昭次(北海高等学校) - スキージャンプ選手 (1972年札幌オリンピック・スキージャンプ70m級銀メダリスト)
・ 坂口昇平(北海高等学校) - スキージャンプ選手
・ 田尾克史(北海高等学校) - スキージャンプ選手、指導者 (1988年カルガリーオリンピック日本代表)
・ 有坂隆祐(北海高等学校) - フィギュアスケート選手 (第11~12回・15~16回・19回全日本フィギュアスケート選手権男子シングル優勝者)
・ 村田澄夫(北海高等学校) - フィギュアスケート選手 (1975~77年全日本フィギュアスケート選手権ペアスケーティング優勝者)
・ 岡島功治(北海高等学校) - フィギュアスケート選手 (1979年全日本フィギュアスケート選手権ペアスケーティング2位)
・ 子出藤歩夢(北海高等学校) - スノーボード選手 (2014年ソチオリンピック日本代表)
・ 田中豪(北海高等学校) - アイスホッケー選手 (東北フリーブレイズ・アイスホッケー日本代表)
・ 外崎潤(北海高等学校) - アイスホッケー選手 (日本製紙クレインズ)
・ 橋本僚(北海高等学校) - アイスホッケー選手 (王子イーグルス)
・ 飛沢栄三 (北海中学校) - 北海高等学校教諭、高校野球指導者
・ 田原基稔(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 浅田肇(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 田原藤太郎(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 茅野智行(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 荻野一雄(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 佐藤進(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 松谷栄司(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 中村之保(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 谷木恭平(北海高等学校) - プロ野球選手 (元中日ドラゴンズコーチ・北翔大学野球部総監督)
・ 吉沢秀和(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 若松勉(北海高等学校) - プロ野球選手 (ヤクルトスワローズ元監督)
・ 村井英司(北海高等学校) - プロ野球選手 (元日本ハムファイターズコーチ)
・ 竹口幸紀(北海高等学校) - プロ野球選手
・ 佐藤兼伊知(北海高等学校) - プロ野球選手 (現千葉ロッテマリーンズコーチ)
・ 遠田誠治(北海高等学校) - プロ野球選手 (元中日ドラゴンズ、現札幌創成高等学校監督)
・ 有倉雅史(北海高等学校) - プロ野球選手 (元日本ハムファイターズ・福岡ダイエーホークス・阪神タイガース、現北海道札幌国際情報高等学校監督)
・ 堀田一郎(北海高等学校) - プロ野球選手 (元読売ジャイアンツ)
・ 鍵谷陽平(北海高等学校) - プロ野球選手 (読売ジャイアンツ)
・ 瀬川隼郎(北海高等学校) - プロ野球選手 (元北海道日本ハムファイターズ、現室蘭シャークス)
・ 川越誠司(北海高等学校) - プロ野球選手 (埼玉西武ライオンズ)
・ 戸川大輔(北海高等学校) - プロ野球選手 (埼玉西武ライオンズ)
・ 阪口皓亮(北海高等学校) - プロ野球選手 (横浜DeNAベイスターズ)
・ 佐藤龍世(北海高等学校) - プロ野球選手 (埼玉西武ライオンズ)
・ 大窪士夢(北海高等学校) - プロ野球選手 (埼玉西武ライオンズ)
・ 藤原航平(北海高等学校) - 社会人野球監督(トヨタ自動車)
・ 萩野英明(北海高等学校) - プロサッカー選手 (Jリーグ・元サンフレッチェ広島)
・ 山瀬功治(北海高等学校) - プロサッカー選手 (Jリーグ・愛媛FC、元サッカー日本代表)
・ 市村篤司(北海高等学校) - プロサッカー選手 (Jリーグ・元カマタマーレ讃岐)
・ 矢野哲也(北海高等学校) - プロサッカー選手 (Jリーグ・元愛媛FC)
・ 北野貴之(北海高等学校) - プロサッカー選手 (Jリーグ・ガイナーレ鳥取)
・ 松野大輝(北海高等学校) - プロサッカー選手 (関西サッカーリーグ・アルテリーヴォ和歌山)
・ 上田陵弥(北海高等学校) - プロサッカー選手 (Jリーグ・元FC琉球)
・ 喜澤隆太(北海高等学校) - プロサッカー選手 (北海道サッカーリーグ・北海道十勝スカイアース)
・ 水上玄太(北海高等学校) - プロフットサル選手 (Fリーグ・エスポラーダ北海道、Fリーグ歴代最多出場記録保持者)
・ 西村啓(北海高等学校) - プロフットサル選手 (Fリーグ・エスポラーダ北海道)
・ 高橋勝成(北海高等学校) - プロゴルファー
・ 力駒雄偉(北海高等学校) - 大相撲 (元十両)
・ 大翔鳳昌巳(北海高等学校) - 大相撲 (元小結)
・ 斎藤制剛(北海高等学校) - 柔道選手 (旭化成・2007年4月1日現在、全日本柔道連盟強化指定A選手)
・ 斎藤順道(北海高等学校) - 柔道選手 (現北海高等学校柔道部顧問)
・ 秋場麻優(北海高等学校)- 柔道選手
・ 笠原恒彦 (北海中学校) - ラグビー選手 (元日本代表)
・ 斉藤寮 (北海中学校) - 元ラグビー日本代表監督
・ 石栗龍雄(北海高等学校) - 競馬騎手・調教師
◎ 一時在籍した者

・ 坊屋三郎 (北海中学校中退) - コメディアン
・ 吉田一穂 (北海中学校中退) - 詩人
・ 中野登美雄 (北海中学校中退) - 公法学者
・ 久保千代志(北海高等学校中退) - 競輪選手
・ 三松正夫 (北海中学校中退) - アマチュア火山研究家
◎ 北海英語学校で学んだ者

・ 戸津高知 - 北海中学校元校長、元財団法人北海中学校理事
・ 半澤洵 - 農学者・納豆菌研究の大家
・ 谷津直秀 - 動物学者
系列校 ・ 北海学園大学
・ 北海商科大学
・ 北海学園札幌高等学校

「北海高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年12月4日2時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター