ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

須坂東(普通)


偏差値39( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)83.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 5856位/7791校( 学科単位 )
中部地方 1060位/1314校( 学科単位 )
長野県 92位/155校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【長野県須坂東高等学校】
長野県須坂東高等学校(ながのけん すざかひがしこうとうがっこう)は、長野県須坂市日滝にある県立高校。
概要 1918年(大正7年)に開校。実科高等女学校、高等女学校を前身とし、1948年(昭和23年)に現在の校名となる。1973年(昭和48年)まで制服が存在していた。進学先は殆どの生徒が大学や専門学校に進学している。 文化祭は「東高祭」と称し、その由来は校名に由来する。
沿革 ・1918年(大正7年)4月13日 - 町立須坂実科高等女学校として須坂尋常高等小学校内に開校。
・1920年(大正9年)4月1日 - 長野県須坂実科高等女学校に改称。
・1922年(大正11年)4月1日 - 長野県須坂高等女学校に改称。
・1923年(大正12年)9月25日 - 本校舎を現在の位置に新築移転。
・1926年(大正15年)4月1日 - 県立に移管する。
・1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により、長野県須坂東高等学校となる。
・1973年(昭和48年)9月1日 - 制服自由化を実施。
・1976年(昭和51年)4月1日 - 新1学年より男女共学となる。
・2008年(平成20年)10月18日 - 創立90周年記念式典を挙行。式典に続いて開かれた記念講演会では信州大学工学部教授(現在は先鋭領域融合研究群カーボン科学研究所特別特任教授)・遠藤守信氏が講師として出席。
・2018年(平成30年)10月20日 - 創立100周年記念式典・祝賀会を挙行。
教育目標 ・真理と学問とを愛し、豊かな知性に基づいて正義と道徳とを重んずる精神の育成。
・清純高潔な品性と豊かな趣味の養成。
・自然及び他人に対する深い理解と愛情を養う。
生徒会 ・平成18年度より「地域に密着した学校作り」をコンセプトに生徒会作りや文化祭作りが行われている。
 ・2009年と2010年に東高祭のマスコット人形として制作した須坂市動物園の動物・アカカンガルー「ハッチ」を模した巨大人形を園に寄贈し、設置されていた。
・平成19年度より生徒会の活動にエコロジー活動を取り入れ、文化祭を中心にその活動を行っている。
 ・毎年、文化祭ではペットボトルキャップのアートを展示。
校章 ・ナラの葉を型どったもの。須坂高等女学校から現在の名称に改めた際に、生徒から図案を募集してその中から選定された。
校歌・応援歌 ・校歌
最寄駅 ・長野電鉄長野線:須坂駅
著名な出身者 ・小池千枝(文化服装学院名誉学院長)
・浦野りせ子(メゾソプラノ歌手、元武蔵野音楽大学教授)
・川原亮二(経営者、ラクサスマネジメント代表取締役、diamant株式会社会長)
・成沢未来(歌人、エッセイスト)

「長野県須坂東高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年7月4日5時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター