ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

佐久長聖(Ⅰ類)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7792校( 学科単位 )
中部地方 114位/1314校( 学科単位 )
長野県 6位/155校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【佐久長聖中学校・高等学校】
佐久長聖中学校・高等学校(さくちょうせいちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、長野県佐久市岩村田に所在する私立中学校・高等学校。旧名「佐久高等学校」。略称は「佐久長聖」もしくは「長聖」。全国私立寮制学校協議加盟・参加校。
概要 類型別授業を行う。類はI類(進学)、II類(主にスポーツ)、中高一貫課程(以前はⅢ類と呼ばれていた)の3種類がある。 長野県では初めて、タブレット型コンピュータを使った情報の授業や、高校では珍しい校内ネットワークを使った教育が行われている。それに伴い、学校及び寮でWi-Fiが利用できる。 文化祭は「聖祭(ひじりさい)」と称し、毎年6月頃に行われる。 2017年度より、カリフォルニア州立マーセッドカレッジとパートナーシップ協定を結ぶ。新校舎にはエレベーターも設置されバリアフリー化がなされている他、全館冷房と床暖房を備える。
教育目標 ・ 教育は愛と情熱という教育方針のもと、一人ひとりが文武両道の中で最高の夢の実現をめざす。
・ 「知育」「美育」「気育」「体育」「徳育」が一体となった全人教育を目標とする。
・ 豊かな人間性を育み、高い志をもった人材の育成を指針とする。
校風 基本的に生徒は制服を着用して登校するが、月に数回(中学は1回 高校は2回が基本)私服登校日(カジュアルデー)が設定されており、その日は私服や自己表現の強い服装での登校が許されている。 中学入学時には春季課題として清水真砂子の『大人になるっておもしろい?』を必読する。 中学と高校で海外研修プログラムが用意されており、金昇俊による主導でアメリカ合衆国かカナダへホームステイが実施される。 近年の高校としては珍しく学食があり(寮があるため)、生徒は寮生でなくても学食で昼食をとることができる。また、高校校内には多くの自動販売機を設置しており、ソフトドリンク、パンなどが購入できる。なお、パンについては近隣のパン屋が昼休みに販売に来る。
約半数の生徒が入寮する。寮は学校生活の延長線上にあると位置付けられており、「館」と呼ばれる。男子学習寮の聖徳館、男子運動部寮の聖修館、女子寮の聖心館、駅伝部用の聖徳館南館の4つの寮がある。館では夜に学習会が設けられていて、毎晩学習に取り組むことになっている。中学校の方は聖朋館に入ると希望したら入れるようになってる。ルールについては同じである。
沿革 ・ 1964年(昭和39年) - 学校法人佐久学園により佐久高等学校として開校。
・ 1971年(昭和46年) - 木造校舎から鉄筋コンクリート校舎へ。
・ 1995年(平成7年) - 佐久長聖中学校を設置し、中高一貫教育を開始。佐久長聖高等学校へ改称。中高一貫校となる。
・ 2004年(平成16年) - 学校法人佐久学園から学校法人聖啓学園に移管。
・ 2017年(平成29年) - 新校舎完成。
部活動 野球部は夏の甲子園へ8回、センバツへ1回出場している。1994年夏の甲子園ベスト4が最高成績。2018年第100回記念大会では甲子園史上初の延長タイブレークを制した。野球部監督とコーチがPL学園出身であり、休部となったPL学園野球部のオリジナル応援曲「ウイニング」「ヴィクトリー」の楽譜一式を正式にPL学園から引き継ぎ、伝統を継承している。 駅伝部は冬の都大路(京都市)で開催される 全国高校駅伝へ長野県代表として1998年の第49回大会から23大会連続出場中。2008年第59回大会と2017年第68回大会で2回全国優勝している。準優勝は4回。入賞は20回。駅伝部OBの多くが箱根駅伝、ニューイヤー駅伝、天皇盃全国都道府県駅伝、世界陸上選手権、五輪などで活躍している。マラソン日本記録前保持者で2020年東京オリンピック日本代表の大迫傑も駅伝部OBのひとり。 スケート部はインターハイ総合優勝を5回達成しており、ISUスピードスケートW杯、世界距離別選手権、五輪の日本代表選手を多数輩出している。OGの菊池彩花が2018年平昌オリンピックで金メダルを獲得した(チームパシュート)。 女子バスケットボール部はウィンターカップへ13回、インターハイへ12回出場している。
アクセス ・ JR小海線岩村田駅 徒歩2分
・ JR北陸新幹線佐久平駅 徒歩5分
著名な出身者 ・ 今井裕介 - スピードスケート・長野五輪、ソルトレイクシティ五輪、トリノ五輪日本代表
・ 島田秀平 - 芸人、手相占い師(ホリプロ)
・ 小沢幸 - ショートトラック・長野五輪日本代表
・ 篠原祐剛 - ショートトラック・長野五輪、ソルトレイクシティ五輪日本代表
・ 小林アナ - 芸人、アナウンサー(サンミュージック)
・ 佐藤清治 - 陸上競技選手・セビリア世界陸上日本代表
・ 高見澤勝 - 陸上競技選手・佐久長聖高等学校駅伝部監督
・ 平野有海 - 気象予報士『NHKニュース7』・元テレビ静岡アナウンサー
・ 寺島舞 - フリーアナウンサー・テレビ信州『ゆうがたGet』
・ 中嶋敬春 - スピードスケート・ソルトレイクシティ五輪、トリノ五輪日本代表
・ 上野裕一郎 - 陸上競技選手・ベルリン世界陸上日本代表・立教大学陸上競技部駅伝監督
・ 上原龍 - 競輪・スピードスケート選手
・ 小澤瑶生 - プロボクサー(フュチュール)
・ 佐藤悠基 - 陸上競技選手・ロンドン五輪日本代表(SGホールディングス)
・ 菊池彩花 - スピードスケート・平昌五輪金メダリスト、紫綬褒章(富士急行)
・ 横井美沙 - プロバスケットボール選手(山梨クィーンビーズ)
・ 松澤希美 - プロバスケットボール選手(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)
・ 堂本尚寛 - 陸上競技選手(JR東日本)
・ 村澤明伸 - 陸上競技選手(SGホールディングス)
・ 千葉健太 - 陸上競技選手(富士通)
・ 佐々木寛文 - 陸上競技選手(プレス工業)
・ 平賀翔太 - 陸上競技選手(住友電工)
・ 大迫傑 - 陸上・リオ五輪、東京五輪日本代表・マラソン日本記録前保持者(ナイキ)
・ 矢野圭吾 - 陸上競技選手(カネボウ)
・ 上田瑠偉 - 山岳トレイルランナー:2019年間世界王者
・ BOW川 - eスポーツ プロプレイヤー
・ 大林昌仁 - スピードスケート・W杯(ヌルスルタン大会)日本代表
・ 曽我こなみ - スピードスケート・W杯(トマショフマゾウィエツキ大会)金メダリスト
・ 飯田遼 - プロバスケットボール選手(香川ファイブアローズ)
・ 高橋恵 - プロゴルファー(伊藤園)
・ 近藤合歓 - 女優(劇団四季)
・ 關颯人 - 陸上競技選手(SGホールディングス)
・ 大谷映美里 -「=LOVE (イコールラブ)」メンバー
・ 琴大友駿平 - 大相撲力士(佐渡ヶ嶽部屋)
・ 名取燎太 - 陸上競技選手(コニカミノルタ)
・ 元山飛優 - プロ野球選手(東京ヤクルトスワローズ)
・ 今井胡桃 - プロスノーボーダー・平昌五輪日本代表
・ 中谷雄飛 - 陸上競技選手(早稲田大学)
・ 鈴木芽吹 - 陸上競技選手(駒澤大学)

「佐久長聖中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2021年10月22日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター