ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

高山工業(電気・電子機械)


偏差値50( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)125点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2564位/7792校( 学科単位 )
中部地方 460位/1314校( 学科単位 )
岐阜県 80位/194校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【岐阜県立高山工業高等学校】
岐阜県立高山工業高等学校(ぎふけんりつ たかやまこうぎょうこうとうがっこう)は、岐阜県高山市にある県立工業高等学校。
学科 全日制
・ 機械科
・ 電気科
・ 電子機械科
・ 建築インテリア科
沿革 本校の起源は、1944年に設立された岐阜県高山航空工業学校に求められる。第二次世界大戦中の資材不足を背景として、飛騨地方の伝統的な木工技術を利用して木製の戦闘機(キ106。四式戦闘機参照)を製造する試みがあり、1944年には高山航空工業株式会社(飛騨木工株式会社(現在の飛騨産業)などが参画)が設立された。高山航空工業学校は、その製造技術者を育成する目的で開校した。 第二次世界大戦後には、航空機科と機械科を木材工芸科と建築科に再編し、岐阜県高山工業学校と改称。学制改革によって岐阜県立高山工業高等学校に改組されるが、まもなく小学区制(高校三原則参照)による学校再編が行われたことにより、岐阜県立斐太高等学校に統合されていったんは廃校となる。 高山工業高校に由来する工業系学科(工業科・建築科)は、1957年に新設の岐阜県立斐太実業高等学校に移管された。斐太実業高等学校は農業系学科と工業系学科を擁していたが、1973年に両者が分立し(農工分離)、工業系学科は岐阜県立高山工業高等学校の名で再度開設されることとなった。

■ 年表

◇高山航空工業学校→高山工業学校→高山工業高等学校
・ 1944年(昭和19年)4月1日 - 岐阜県高山航空工業学校創立。航空機科・機械科を設置。
 ・高山高等学校より農業科・林業科・畜産科を移管
 ・斐太高等学校より建築科・木材工芸科を移管。
・1973年(昭和46年)3月31日 - 岐阜県立斐太実業高等学校廃止。
・ 2018年(平成30年) - 建築インテリア科の県外からの募集を開始する。
所在地 ・ 岐阜県高山市千島町291番地
出身者 ・ 中ノ瀬幸泰(元プロ野球選手)
・ 挾土秀平(左官・芸術家)

「岐阜県立高山工業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年5月26日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島