ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

吉原工業(全科)


偏差値47( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)113.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 3305位/7791校( 学科単位 )
中部地方 611位/1314校( 学科単位 )
静岡県 133位/227校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【静岡県立吉原工業高等学校】
静岡県立吉原工業高等学校(しずおかけんりつ よしわらこうぎょうこうとうがっこう)は、静岡県富士市比奈に所在する公立の工業高等学校。
設置学科 ・ 機械科(M)
・ 電子機械科(A)
・ 電気電子科(E)
・ システム化学科(S)
・ 数理工学科(R) 計5科 1科定員40人
沿革 ・ 昭和31年 1月26日 - 静岡県産業審議会の建議に基づき、静岡県東部西部に工業高校各1校の増設案認められる。
・ 昭和32年 4月1日 - 静岡県立吉原工業高等学校として開校、旧私立田子浦高等学校を仮校舎として開校、機械科・工業科学科設置。1学年生徒定員80人(2学級)全校定員480人(12学級)
・ 昭和32年 11月6日 - 新校舎建設地(旧吉原市比奈2300番地)に整地作業完了
・ 昭和33年 9月2日 - 本館一部と機械科実習棟の竣工。新旧両校舎で授業実施
・ 昭和34年 2月19日 - 本館残部の竣工により、1・2年生も新校舎に移転
・ 昭和35年 4月1日 - 電気科設置、1学年生徒定員80人(2学期)、全校定員720人(18学級)
・ 昭和38年 4月1日 - 機械科・電気科各1学級増、1学年生徒定員各120人(3学期)、全校定員960人(24学級)
・ 昭和38年 7月15日 - 体育館兼講堂「斉藤記念館(現第2体育館)」竣工
・ 昭和40年 12月11日 - 斉藤記念図書館竣工
・ 昭和41年 2月28日 - 工業化学科実習室竣工
・ 昭和45年 2月12日 - 格技場竣工
・ 昭和46年 3月9日 - 鋳造実習工場竣工
・ 昭和46年 4月1日 - 電子科設置(電気科の1学級を電子科に変更)
・ 昭和55年 1月8日 - 大昭和製紙より土地93720㎡買収
・ 昭和55年 3月29日 - 国有地5943.47㎡買収
・ 昭和55年 9月10日 - プール竣工
・ 昭和55年 10月20日 - 国有地138.35㎡買収
・ 昭和55年 12月15日 - 鑿井工事竣工
・ 昭和56年 3月25日 - 工業化学科棟竣工
・ 昭和63年 2月29日 - 新技術実習棟竣工。工業化学科プラント実習棟竣工
・ 平成元年 3月20日 - 図書館改修工事
・ 平成2年 3月31日 - 第2体育館改修工事
・ 平成3年 3月1日 〜 8月6日 - 平成3年度全国総合体育大会バドミントン会場
・ 平成4年 4月1日 - 工業化学科1学級減、全校定員920人(23学級)
・ 平成5年 4月1日 - 工業化学科をシステム化学科に改編
・ 平成6年 4月1日 - グランドの仮校舎で授業
・ 平成6年 6月 〜 8月 - 旧校舎解体
・ 平成7年 4月1日 - 数理工学科設置、電気科1学級減、全校生徒840人(21学級)
・ 平成8年 3月21日 - 新校舎竣工
・ 平成8年 3月31日 - 第39回卒業生までの卒業生総数10,881人となる。
・ 平成8年 4月1日 - 機械科1学級減、全校定員800人(20学級)
・ 平成10年 4月1日 - 1学年生徒定員40×6科、全校定員720人(18学級)
・ 平成15年 9月19日 - 図書館・機械科実習棟耐震補強工事完了
・ 平成17年 3月15日 - 第2体育館耐震補強工事
・ 平成24年 1月31日 - 鋳造実習室システム化学科棟、プール付属棟耐震補強工事完了
・ 平成25年 12月3日 - 自転車置場竣工
・ 平成28年4月1日 - 全科一括募集、電気科と電子科の募集を停止し、電気電子科を設置(1学級減)定員200人、全校定員600人
・ 令和5年 4月1日 - 機械化を機械工学科、電子機械科をロボット工学科、電気電子科を
特徴 ・男子生徒が全体の約80%をしめている。
・毎年、国立大学進学者も出ている。
・工業系の設備は充実しており、工業高校としては異例の製紙機械も設置されている。
・工業高校からの進学を軸にした数理工学科が設置されている。
・ものづくりの学習拠点となるよう生涯学習講座を設けている。

「静岡県立吉原工業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2024年5月26日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター