ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

刈谷北(普通)


偏差値58( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)155点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1090位/7792校( 学科単位 )
中部地方 194位/1314校( 学科単位 )
愛知県 63位/327校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【愛知県立刈谷北高等学校】
愛知県立刈谷北高等学校(あいちけんりつかりやきたこうとうがっこう)は、愛知県刈谷市寺横町1丁目67番地にある公立の高等学校。略称は「刈北」(かりきた)または「北高」(きたこう)。
設置学科 ・ 普通科
・ 国際教養科 入試制度上はBグループ(普通科三河群、国際教養科専門学科群)に分類される(2016年(平成28年)度入試までは三河第1群Bグループ)。学校群制度の時代は愛知県立刈谷高等学校と学校群を組んでいた。 普通科は三河地区全域及び、尾張地区のうち調整区域の大府市・東浦町・豊明市の居住者が特例によって進学可能。 2019年度(令和元年度)より、普通科国際理解コースが国際教養科となった。これに伴い、名古屋市南区や半田市など、尾張の調整区域外からも国際教養科の受験が可能となった。
沿革 ・ 1921年(大正10年)- 碧海郡刈谷町に碧海郡刈谷町立刈谷高等女学校として開校。刈谷町立亀城小学校の校舎の一部を仮校舎とした。
・ 1923年(大正12年)6月 - 大中肇の設計で近代的な校舎が竣工。
・ 2017年(平成29年) - 三河学区の群統合に伴い、再び刈谷高等学校との併願が可能になる。
交通 ・ 名鉄三河線 刈谷市駅から徒歩で約10分。
・ JR東海道本線 逢妻駅から徒歩で約15分。
・ JR東海道本線・名鉄三河線 刈谷駅から徒歩で約20分。
・ 刈谷市公共施設連絡バス(かりまる)「刈谷北高校南」停留所から徒歩ですぐ。
学校行事 ■ 年間行事

・ 4月:入学式・新入生歓迎会
・ 5月:修学旅行(2年生)・遠足(1、3年生)
・ 6月:合唱コンクール
・ 7月
・ 8月:海外(韓国)研修(国際理解コースおよび普通コース希望者)
・ 9月:おもだか祭(文化祭)・体育大会
 ・ 以前のおもだか祭(文化祭)では一般公開を行っていたが、ここ5年ほどはOBなどの入場が認められるだけで、一般への公開は行われていない。
・ 10月:芸術鑑賞会
・ 11月
・ 12月:スキー合宿(1年生希望者)
・ 1月
・ 2月:予餞会
・ 3月:卒業式・球技大会(1、2年生)

■ 2016年度からの変更
6月に実施していたおもだか祭(文化祭)、体育大会を9月に、9月に実施していた合唱コンクールを6月に実施するように行事を入れ替えた。 修学旅行についてもおもだか祭の準備期間を考慮し、10月から5月への変更が行われた。
部活動 ■ 運動部系

・ 弓道部
・ 剣道部
・ サッカー部
・ 柔道部
・ 水泳部
・ ソフトテニス部
・ ソフトボール部
・ 体操部
・ 卓球部
・ バスケットボール部
・ バドミントン部
・ バレーボール部
・ ハンドボール部
・ 野球部
・ ラグビー部
・ 陸上部

■ 文化部系

・ 合唱部
・ 自然科学部
・ 吹奏楽部
・ 演劇部
・ 囲碁・将棋部
・ 美術部
・ 文芸部
・ 家庭部
・ 放送部
・ ボランティア部
・ 漫画研究部
・ 茶華道部
・ 書道部
・ 英語部
・ ユネスコ部

■ 同好会

・ ギター同好会
・ ディベート同好会
・ 女子サッカー同好会
その他 制服は男子が標準型学生服、女子がセーラー服である。 、今でも女子生徒のほうがわずかに多い。 刈谷駅が東海道本線快速系統の停車駅であるため遠方からの通学者も多い。
著名な出身者 ・ 鈴木健想 - プロレスラー。
・ 畠中恵 - 小説家。
・ 成瀬活雄 - 脚本家・映画監督。
・ 服部順一 - FC岐阜ゼネラルマネージャー。
・ 久野静香 - 日本テレビアナウンサー。
・ 大見正 - 政治家。衆議院議員・愛知県議会議員。
・ 樹神成 - 法学者。三重大学人文学部教授。
・ 青木貴子 - 生理学者。岐阜市立女子短期大学食物栄養学科教授。医学博士。
・ 本康宏史 - 歴史学者。金沢星稜大学教授。石川県立歴史博物館学芸課。
・ 石橋武宜 - 気象予報士。

「愛知県立刈谷北高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年5月23日11時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島