ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

五所川原工業(全科)


偏差値37( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)76.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 6570位/7791校( 学科単位 )
東北地方 627位/759校( 学科単位 )
青森県 119位/142校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【青森県立五所川原工業高等学校】
青森県立五所川原工業高等学校(あおもりけんりつ ごしょがわらこうぎょうこうとうがっこう)とは、青森県五所川原市に所在した公立の工業高等学校。
沿革 ・1962年(昭和37年)2月 - 青森県立五所川原工業高等学校の設置決定される(全日制課程機械・電気・2学科各3学級)。
・1963年(昭和38年)
 ・3月 - 第一回入学候補者選抜試験を五所川原市立五所川原中学校で実施。合格者発表。機械科、電気科各132名。
 ・4月1日 - 開校。
 ・4月x日 - 開校式並びに、第一回入学式挙行(現機械実習室にて)。
 ・6月 - 最初の遠足実施(不動の滝)。
 ・9月 - 第一回運動会開催(五所川原農林高校体育館にて)。本校舎北側棟完成。
 ・10月 - 校旗完成。秋季遠足(山田野)。校歌完成披露。体育館完成。
 ・11月 - 第一回開校記念祭、学校公開(3日間)。
・1964年(昭和39年)5月 - 全校岩木山登山(3日間)。
・1965年(昭和40年)
 ・3月 - 最初の修学旅行出発(関東関西方面、8泊9日)。
 ・7月 - グラウンド完成記念大運動会開催。
 ・10月 - 校門の完成(第一回生の卒業記念)。
・1966年(昭和41年)
 ・3月 - 第一回卒業証書授与式挙行(卒業生機械科111名、電気科118名)。
 ・6月 - 女性生徒の制服決定。
・1967年(昭和42年)6月 - 中庭噴水池完成(第二回・第三回卒業記念)。
・1968年(昭和43年)12月 - 自転車置き場完成。
・1969年(昭和44年)3月 - 第四回卒業式挙行(最初の女子卒業生19名を送り出す)。
・1970年(昭和45年)
 ・1月 - 生徒の長髪許可となる。
 ・12月 - 生徒会館「蒼空館」完成。
・1972年(昭和47年)4月 - 電子科開設に伴い、機械科9学級、電気科、電子科各6学級の計21学級となる。
・1976年(昭和51年)11月 - 蒼空館食堂開業。
・1982年(昭和57年)10月 - 創立ニ十周年記念式典挙行。
・1989年(平成元年)4月 - 電子機械科開設にともない、機械科6学級、電子機械科3学級、電気科・電子科各6学級の計21学級となる。
・1990年(平成2年)
 ・3月 - 電子機械科実習棟完成。
 ・4月 - 情報技術科開設にともない、機械科6学級、電子機械科3学級、電気科6学級、電子科3学級、情報技術科3学級、計21学級となる。
・1992年(平成4年)10月 - 創立三十周年記念式典挙行。
・1993年(平成5年)
 ・3月 - 家庭科棟完成。
 ・5月 - 屋内練習場(部活動練習場)完成。
・1995年(平成7年)3月 - 弓道場完成。
・1996年(平成8年)4月 - 男子新制服制定。
・1997年(平成9年)9月 - 武道場完成。
・1998年(平成10年)8月 - インターネット利用環境導入。
・2001年(平成13年)4月 - 電気科1学級減。
・2002年(平成14年)
 ・7月 - 四十周年記念事業として、立佞武多の制作・運行。
 ・11月 - 創立40周年記念式典挙行。
・2004年(平成16年)4月 - 機械科1学級減。
・2006年(平成18年)4月 - 1クラス40人学級から36人学級へ(一学年、生徒数200人から175人へ)。
・2011年(平成23年)
 ・3月 - 第一体育館改築完了。
 ・4月 - 電子科募集停止に伴い、機械科・電子機械科・電気科・情報技術科各4学級、電子科2学級の計14学級となる。
・2012年(平成24年)
 ・4月 - 電子科募集停止に伴い、機械科・電子機械科・電気科・情報技術科各3学級、電子科1学級の計13学級となる。
 ・11月 - 創立五十周年記念式典挙行。
・2013年(平成25年)
 ・2月 - 電子科閉科式。
 ・4月 - 機械科・電子機械科・電気科・情報技術科各3学級の計12学級となる。同月、生徒会館「蒼空館」新築のため、食堂施設を除き解体。
 ・8月 - 生徒会館「蒼空館」完成。
・2014年(平成26年)3月 - 管理特別教室棟完成。
・2015年(平成27年)3月 - 電気科棟完成。
・2016年(平成28年)
 ・1月 - 一般教室棟完成。
 ・6月 - 機械科棟完成。
 ・12月 - 機械科棟渡廊下完成。
・2018年(平成30年)3月 - 管理棟渡廊下完成。
・2020年(令和2年)10月17日 - 吉幾三が作詞・作曲した五所川原工科高校校歌が贈られた。
・2021年(令和3年)4月 - 北五地区高校再編により、本校と鶴田・板柳・金木の4校を統合した「五所川原工科高等学校」が開校。「五所川原工科高校」統合により情報技術科を廃止し、普通科を新設。校舎は本校校舎を継続使用し、五所川原工業高と2年間併存する。
・2023年(令和5年)
 ・1月28日 - 五所川原工業高校の閉校式を実施。
 ・3月1日 - 五所川原工業高校の最後の卒業式挙行。五所川原工業高校としての最後の卒業生は4科で137名。
 ・3月31日 - 五所川原工業高校が閉校。
設置学科 ・ 全日制課程
 ・ 機械科
 ・ 電子機械科
 ・ 電気科
 ・ 情報技術科(現在はなし)
運動部 ・ 硬式野球部
・ 陸上競技部
・ テニス部
・ サッカー部
・ 山岳部
・ 少林寺拳法部
・ 卓球部
・ 柔道部
・ 剣道部(現在はなし)
・ バスケットボール部
・ バレーボール部
・ 空手道部
・ ウェイトリフティング部
・ 弓道部
・ バドミントン部
・ ボクシング部
文化部 ・ 吹奏楽部
・ 美術部
・ 写真部 
委員会活動 ・ 運動会実行委員会
・ 五工祭実行委員会
・ 選挙管理委員会
・ 保健委員会
・ 図書委員会
同好会 ・ インターアクト同好会
・ 情報研究同好会
・ メカトロ同好会
・ ソーラーカー同好会
・ マンガイラスト同好会
局・団 ・ 出版局
・ 放送局
・ 吹奏楽団(現在は部活動に)
・ 応援団
所在地 ・ 五所川原市大字湊字船越192
アクセス ・ JR五能線五所川原駅・津軽鉄道津軽五所川原駅から、徒歩約2km・約30分。
・ 弘南バス五所川原営業所(五所川原営業所前)バス停下車後、目の前。
 ・ 弘南バス五所川原営業所は、国道101号を挟んで隣接している。
出身有名人 ・ 機械科卒業
 ・ 工藤淳(気象予報士) - 1968年(昭和43年)
 ・ 福士加代子(元陸上選手) - 2000年(平成12年)・2013年世界陸上モスクワ大会女子マラソン銀メダリストで、2004年のアテネから2016年のリオまで4大会連続五輪出場。

「青森県立五所川原工業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2024年5月25日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島