ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

滝(普通)


偏差値73( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)211.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 11位/7792校( 学科単位 )
中部地方 1位/1314校( 学科単位 )
愛知県 1位/327校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【滝中学校・高等学校】
滝中学校・高等学校(たきちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県江南市東野町米野にある私立中学校・高等学校。中学・高校ともに男女共学である。中高一貫教育を実施するが、高校からの入学者も一部受け入れる。ほとんどの教員が中高両方の授業を担当しており、中学から高校まで一貫した指導を中学一年時から行っている。舟木一夫のヒット曲『高校三年生』にちなんだ主演映画『高校三年生』のロケが行われた学校である。愛知県小牧市に本社を置く食料品製造業のタッキーフーズ株式会社(1965年設立)は、滝実業高等学校の農業科を分離し設立されたものである。
歴史 創業者の滝信四郎は青少年の教育を重要と考え、1915年 (大正4年) に私立図書館の瀧文庫を設立する。その後、1926年 (大正15年) に滝実業学校を開校した。
沿革 ・ 1926年(大正15年) - 滝実業学校開校(商業部・農業部)。
・ 1947年(昭和22年) - 滝中学校併設。
・ 1948年(昭和23年) - 学制改革により、滝実業学校を滝実業高等学校に改組(商業科・農業科)。
・ 1949年(昭和24年) - 高等学校に普通科を新設。
・ 1962年(昭和37年) - 農業科を畜産園芸科に改称。
・ 1964年(昭和39年) - 滝実業高等学校を滝高等学校に改称。
・ 1967年(昭和42年) - 畜産園芸科募集停止。
・ 1998年(平成10年) - 商業科募集停止。
・ 2000年(平成12年) - 普通科のみとなる。
・ 2001年(平成13年) - 滝学園本館(1926年)、同講堂(1933年)が国の登録有形文化財になる。
・ 2007年(平成19年) - 滝学園2号館、3号館、および報恩館を取り壊し、新中学校舎を建設開始。
・ 2008年(平成20年) - 新中学校舎完成、旧中学校舎の改装工事開始。
・ 2017年(平成29年) - 図書館が文化審議会の答申で、登録有形文化財(建造物)に選ばれる。
・2019年(令和元年)‐第4グランドが売却され、跡地が薬店になる。
・2021年(令和3年)‐中学校と高等学校の各々に校長を設置。
年間行事 ■ 学園祭
毎年9月に長月祭と呼ばれる学園祭が開催される。2日間の文化祭と2日間の体育祭で構成される。 1991年は雨上がり決死隊・よゐこ他1組、2004年は川嶋あい、2005年にはMi、2006年にはUNDER GRAPH、2007年には鬼太鼓座、2008年には175Rがゲストとしてライブを行っている。2004年までは所属生徒とその家族らのみを対象とした公開だったが、2005年には初のチケット制による一般対外公開が行われた。2011年には東京03、TKO、カルテット.、みちゃこ(本校卒業生の現・村瀬みちゃこ)、O☆SUなど多数のゲストが招かれた。なお、2012年から2年間、試験的に、招待券制度を廃止している。 2020年度は新型コロナウイルス感染拡大のため、学園祭は中止となった。

■ 土曜講座
2002年度から「学校5日制」の実施に伴い、新たな教育フィールドとして設けられた。年8回実施される。この他、毎年4月には土曜講座記念講演会が江南市民会館で実施される。これまでにジェローム・アイザック・フリードマン、宮川繁、梅原猛、李遠哲、斎藤孝、森永卓郎、小柴昌俊、養老孟司、天野浩らが講演した。2020年度は新型コロナウイルス感染拡大のため茂木健一郎の講演が予定されていたが中止となった。
部活動 一部高校のみの部活動もあり、基本的に中高別で活動している。中学1年、高校1年は部活動への登録が必須とされている。 また、基本朝練は禁止、土日の活動も株式会社滝教育研究所に委託しており、教職員の働き方改革の実現にむけて動いている。

■ 運動部

・野球部 中学は軟式、高校は硬式となる。
・男子バスケットボール部
・女子バスケットボール部
・男子バレーボール部
・女子バレーボール部
・サッカー部
・男子ソフトテニス部
・女子ソフトテニス部
・卓球部
・陸上部
・柔道部
・剣道部
・水泳部
・ハンドボール部
・ダンス同好会(高校のみ)

■ 文化部

・美術部
・自然科学部
・ブラスバンド部
・合唱部
・英会話部
・先進技術研究部
・将棋部
・カルタ部(中学のみ)
・競技かるた部(高校のみ)
・天体観測部(高校のみ)
・演劇部(高校のみ)
・囲碁部(高校のみ)
・ギター部(高校のみ)
・写真部(高校のみ)
・料理研究部(高校のみ)
・茶道部(高校のみ)
・文芸部(高校のみ)
・数理研究部(高校のみ)
・ビジネス部(高校のみ)
・クイズ同好会(高校のみ)
課程・学科 高等学校の課程および学科は次のとおり。
・ 全日制課程
 ・ 普通科 - 第1学年は内進生(内部進学生徒)のみ英語、数学、古典において2段階の習熟度別授業が実施されている。第2学年からは文理別のクラスとなる。人員比率はおよそ理系:文系=2:1となる傾向にあり、理系クラスは第3学年より理Iコース(理工農系)・理IIコース(医歯薬系)の2コースに分かれて授業を行う。コース内における人員比率はほぼ同等となる。
 ・ 商業科 - 1998年4月に募集停止。2000年3月に最後の卒業生を送り出し廃止。
 ・ 畜産園芸科 - 1962年4月に農業科から改称。1967年4月に募集停止。1969年3月に最後の卒業生を送り出し廃止。
・ 特別授業
 ・ 中学校、高校、共に春期・冬期休業時に4日間、夏季休業時には約3週間もの特別授業を毎年実施している。
 ・ 中学校では年に5回行われる定期考査での成績不振者を対象に、火曜学習会を実施している。
 ・ 1年間に8回、土曜講座が設けられている。
施設 ■ 滝学園本館・講堂・図書館
滝学園本館は、1926年(昭和元年)に滝実業学校の開校に合わせて建設されたもので、鉄筋コンクリート造、2階建て。設計は村瀬國之助、施工を安藤建設が担当。講堂は、1933年(昭和8年)に建設されたもので鉄筋コンクリート造、屋根鉄骨トラス組、一部2階建て。設計は本館と同様に村瀬國之助が担当した。 講堂は学校行事による利用の他、放課後には演劇部によって使用されている。 2011年(平成3年)には、本館・講堂共に「国土の歴史的景観に寄与しているもの」として、国の登録有形文化財に登録された。 2021年現在、講堂は、天井の漆喰の崩落のため利用できない。
進路 例年、地元の名古屋大学や名古屋工業大学を目指す学生が多いが、東京大学、京都大学、大阪大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学、明治大学といった非中部圏の大学への進学者も一定数輩出している。 例年多くの生徒が医学部に進学する。
著名な出身者 ・家本賢太郎 - クララオンライン社長、滝中学のみ出身
・石原一彰 - 名古屋大学教授・化学者
・大脇照夫 - 元プロ野球選手
・小川双々子 - 俳人、滝実業卒業
・奥田治之 - 天文学者、滝実業卒業
・北折一 - NHK科学・環境番組部専任ディレクター
・クライン孝子 - 作家、評論家
・くらはしかん - 漫画家
・小池利和 - ブラザー工業社長
・渡辺三憲 - 三十三フィナンシャルグループ社長、三十三銀行代表取締役頭取
・近藤浩 - 政治家、元衆議院議員、元愛知県議会議員
・前刀禎明 - 元Apple Computerのマーケティング担当バイス・プレジデント兼、同社日本法人の代表取締役
・杉本明洋 - 陸上競技選手、世界陸上競技選手権大会日本代表、5000メートル競歩日本記録保持者
・橘康仁 - テレビプロデューサー
・勅使河原由佳子 - 東海テレビアナウンサー
・寺田ちひろ - フリーアナウンサー、モデル、タレント
・中島陽典 - 俳優
・マーカ・テンドー - マジシャン
・牧野紗弥 - ファッションモデル
・宮田宗吉 - 映画監督
・村瀬みちゃこ - 元お笑い芸人
・吉田修司 - 元プロ野球選手(巨人、ソフトバンクなどで投手)、商業科出身
・井上淳一 - 脚本家、映画監督
・伊吹亜門 - 作家
・浅野信子 - 元CBC、フリーアナウンサー
・丹羽由香 - NHKアナウンサー
・稲葉将太 - 歯科医師
・滝沢枝里 - フリーアナウンサー、話し方講師、紅茶専門店の代表、紅茶教室の主幸、元信越放送アナウンサー
アクセス ・ 名鉄バス 「滝学園前」、「滝学園口」、「滝学園北」下車すぐ
・ 名鉄江南駅より徒歩約20分(1.5km)
・ 名鉄布袋駅より徒歩約30分(2.0km)

「滝中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2021年10月27日5時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター