ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

名古屋(文理)


偏差値65( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)181.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 262位/7792校( 学科単位 )
中部地方 49位/1314校( 学科単位 )
愛知県 20位/327校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女男子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【名古屋中学校・高等学校】
名古屋中学校・高等学校(なごやちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県名古屋市東区砂田橋に所在し、中高一貫教育を提供する私立男子中学校・高等学校。名古屋学院大学は同系列であったが、1973年に学校法人名古屋学院から分離したため、大学は別法人である。高等学校において、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、入学試験が上位選抜クラスを除いて3年間別クラスになる併設型中高一貫校。
概要 明治初期、米国メソジスト教会から横浜英和学校に派遣された宣教師フレデリック・クラインは、その後単身名古屋に乗り込んだ。そしてその地で創立されたのが名古屋英和学校である。幾度かの改名を経て現在の名古屋中学校・高等学校に至る。 内村鑑三が教壇に立ったこともあり、明治以来の旧制中学校より続く伝統校として知られる。キリスト教精神に基づいて教育を行っている。 男子校ということもあり、教員も男性が多い。制服は一般的な金ボタン5個の黒詰襟学生服(標準学生服)で襟の右側に校章を形どった襟章(中学校は「名中」、高校は「名髙」)バッジを付ける。以前は制帽(学帽)も制定されていた(現在は入学式で旗手のみ着用)。2019年度より襟カラー無しのラウンドカラーと似ている制服が新しく導入された。 略称は「名中(なちゅう)」および「名高(なこう)」である。 2000年1月に名古屋市営地下鉄名城線砂田橋駅が敷地内に開業した。そのため「傘なしで通える」をキャッチコピーにしたこともあった。 創立120周年記念事業の一環として同敷地内に新校舎および体育館、温水プール、クラブハウス、北グラウンドが完成し、2011年1月から、新校舎へ機能を移した。さらに、2024年度に向け女子部を設立する計画もある。 国際交流教育が盛んであり、兄弟校であるオーストラリアの に毎年短期、長期留学の派遣や受け入れを行っている。メントン校の生徒と共に第二次世界大戦中の激戦地、パプアニューギニア・ を踏破し、慰霊研修をしたこともある。 イギリスのイートン校とは交流校であり、生徒の派遣やイートン卒業生の受け入れ、サッカー国際親善試合などをおこなっている。また台湾有数の名門校である台北市立建国高級中学と2013年から交流試合を開催し、スポーツを通じた国際交流活動が積極的に行われている。 2016年度から名古屋高等学校は文部科学省によりスーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイトに指定され、SGHアソシエイトとして、「減災・環境・エネルギー」を研究テーマに、「環境・経済・社会の統合的な発展」に向けて行動できるリーダーの育成を掲げている。尚SGHアソシエイトとはSGHに登録されなかった高校が現状全て登録されている。
校訓 校訓(建学の精神)は創立者フレデリック・クラインが掲げた「敬神愛人 」、新約聖書マタイによる福音書第22章37節〜39節に由来する言葉である。この言葉は、神を敬い、神から与えられた自己の能力を最大限に伸ばし、その能力を社会のために、人にために惜しみなく用いなさいという聖書の教えを表現したものである。

■ 教育の理念
創立以来の建学の精神である「敬神愛人」に基づいて、「崇高な真理を追い求め、真に人々から求められる社会の主導者たる紳士を育成し、人類の幸福と社会の発展に寄与すること」を教育の理念としている。

■ 教育の目標

・1.勉学を通して豊かな知性を育み、どこまでも真理を探究する力を持った青年を育成する。
・2.他者をいたわり、自己を戒め、人類・社会の発展に貢献する使命を自覚した有能な青年を育成する。
・3.仲間と学び、心身を鍛え、思想を共にして豊かな学校生活を築く青年を育成する。
沿革 ・ 1880年(明治13年) 宣教師ブリテンによりブリテン女学校(現横浜英和女学院中学校・高等学校)創立。その後、男女共学になり米国メソジスト教会から派遣された宣教師クライン博士が男子部を担当。
・ 1886年(明治19年) 男女別学となる。
・ 1887年(明治20年)7月、移転する形で、クラインが南武平町(現 名古屋市東区東桜)に私立愛知英和学校創立。同年11月、校名を名古屋英和学校と改めた。
・ 1896年(明治29年) 内村鑑三が教員(神学部長)として着任。
・ 1898年(明治31年) 長久寺町に移転(現在金城学院中学校)。
・ 1906年(明治39年) 旧制名古屋中学校と改称。
・ 1925年(大正14年)第一校歌「曙の空」(作詞:山中利幸、作曲:津川圭一)制定。
・ 1945年(昭和20年) 3度にわたる名古屋空襲のため、校舎が全焼。
・ 1947年(昭和22年) 新制名古屋中学校発足。
・ 1948年(昭和23年) 新制名古屋高等学校発足。
・ 1952年(昭和27年) 旧校地を金城学院中学校に譲渡し、現校地に移転。
・ 1957年(昭和32年) 10月8日の献堂式をもって、学院チャペル=クラインズ・メモリアル・チャペルがほぼ完成。
・ 1959年 (昭和34年)第二校歌「希望羽ばたく」(作詞:門田ゆたか、作曲:古関裕而)制定。
・ 1964年(昭和39年) 名古屋学院大学設立(1973年(昭和48年)、負債問題などにより法人分離)
・ 1968年(昭和43年) 名古屋学院中学校・名古屋学院高等学校と改称。
・ 1983年(昭和58年) 創立100周年を目指して、全校舎の防音冷暖房工事を開始。工事は予定通り、1987年(昭和62年)に完成。
・ 2000年(平成12年) 校名を名古屋中学校・名古屋高等学校に戻す。1月には、地下鉄4号線(現名城線)が延長され、校地の角に、砂田橋駅入口が出来た。
・ 2002年(平成14年) 創立115周年を記念し、115ホールを施工。新高山ホールが完成。
・ 2003年(平成15年) 115ホール(現3号館)完成。
・ 2007年(平成19年) 創立120周年
・ 2008年(平成20年) 創立120周年記念事業の一環で新校舎および附属施設の建設着工。
・ 2009年(平成21年) 新校舎および附属施設一部完成(新体育館・室内プール)。二期工事開始。
・ 2010年(平成22年) 新校舎および付属施設が全て完成。これに伴い、115ホールが3号館に名称変更。学食(ランチルーム、高校生限定)新規増設。
・ 2011年(平成23年) 北グラウンド(人工芝)完成。
・ 2016年(平成28年)文部科学省によりスーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイトに指定。
キリスト教に基づく教育 ■ チャペル礼拝
名古屋学院のキリスト教教育の根幹と位置づけられており、週1回、中学・高1・高2・高3の4つに分かれて朝、校内のクライン・メモリアル・チャペルにて礼拝が行われる。また様々な行事や週1回の聖書の授業を通して、人間性と教養を深める人格教育をおこなっている。 なお、チャペルの塔の上に輝く十字架の下の球+円盤状のものは、UFOではなく、世界のために愛をもって働くという理念を象徴した地球儀が掲げられている。

■ 宗教行事
宗教行事は、聖書の授業・礼拝と共に、名古屋学院の教育の中心である。下記の行事以外の、入学式・卒業式などの学校行事は、すべて礼拝の形式を採り入れられている。
・春季伝道週間
・秋季伝道週間
・クリスマス礼拝 クリスマス礼拝では世の中で悩み、苦しんでいる人々の友であったイエス、世のすべての人のために、自ら犠牲にならせたイエスにならって献金を捧げる。この献金は主にキリスト教系諸団体の社会福祉施設などに送られる。
クラブ活動 生徒会活動・自主活動の一つの重要な柱として、「各自の心身を錬成し、趣味の向上を図り、豊かな学生生活を送る目的」をもとに、多くのクラブが設置されている。 体育・文化系を問わずクラブ活動で盛んで、硬式テニス部は全国高等学校総合体育大会の男子団体戦で4度の優勝を誇る強豪である。 ラグビー部・サッカー部・バスケットボール部も盛んで、ラグビー部は2015年に全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会に出場し、サッカー部は平成25年度に全国高校総体に初出場を遂げている。 硬式野球部は1972年に県高校野球春季大会で優勝をしている。 自転車競技部は平成28年度全国高等学校総合体育大会自転車競技大会 ロード競技で優勝を成し遂げている。 文化系では文学部が2015年に開催された第18回俳句甲子園全国大会で初優勝。

■ 運動部

・ 硬式テニス部
・ 水泳部(競泳・水球)
・ 陸上競技部
・ 馬術部
・ 空手部
・ ゴルフ部
・ ラグビー部
・ サッカー部
・ 硬式野球部
・ 軟式野球部
・ バレーボール部
・ バドミントン部
・ バスケットボール部
・ 剣道部
・ 弓道部
・ 柔道部
・ 卓球部
・ ソフトボール部
・ 自転車競技部
・ ハンドボール部

■ 文化部

・ 新聞部
・ 吹奏楽部
・ オーケストラ部
・ 写真部
・ 演劇部
・ 囲碁将棋部
・ 文学部
・ 英語部(ESS)
・ 美術部
・ 生物部
・ 人文社会科学研究部(弁論部門、模擬国連部門、減災チーム)
・ 青少年赤十字部(JRC)
・ 鉄道研究部
・ 書道部
・ 地球科学部

■ 研究会・同好会

・ クイズ研究会
・ 聖歌隊
・ ダンス同好会
・ ギター同好会
・ 数学研究同好会
・ フットサル同好会
・ オセロ同好会
・ 生徒会執行部 (準執行機関)
校外学習活動 豊かな人間に人間に成長するために、学習し、体得て行かなければならない様々な事柄があり、集団生活におけるルールや行動の仕方を学び、協調性を身につける機会として、名古屋高校では次のような校外学習を行なわれている。

■ 修学旅行
高2の2学期に3泊4日の沖縄修学旅行がある。一番の狙いは「平和」について考えて学ぶことである。

■ マラソン大会
毎年2月に高1,2年生でマラソン大会がある。心肺機能の向上と強い精神力の育成、さらにクラスの団結力を高めるのが狙いである。

■ 集中講義
夏期休暇中に希望者で集中講義が行われる。

■ 芸術鑑賞
高校3学年挙って年に1回芸術鑑賞がある。「古典芸能」、「ミュージカル」、「音楽」の鑑賞や、芸術に関する「講演」を聴く。
生徒会活動 名古屋学院においては、戦前から校友会(1941年に名古屋中学校報国団と改称)はあったが、戦後のGHQによる「日本民主化指令」のもとに学校にも民主主義が取り入れられた。
・1948年5月5日 少年少女の日(こどもの日)に生徒協議会を開催した。その内容は「民主主義と学生生活自治会の運営並びに校舎清潔整頓等」についてのクラス討論であった。
・同年10月25日 会長及副会長選挙管理委員会成立。(中高別)
・同年11月5日 全校自治会会長副会長選挙によって生徒自治会(翌年5月2日に軍政部の指示により生徒会と改称)が発足した。 発足当初から中学と高校それぞれに独立した生徒会が設置されている。現在でも変わりないが、合同で行う行事の運営などで執行部同士の交流がある。なお、中学生徒会会則(高校では当条項廃止)には合同執行委員会によって合同代議員会が招集される制度がある。中高での予算分配やその他指定事項においては最高議決機関である。

■ 生徒会行事

・新入生歓迎集会 1983年から生徒会主催で始まった。中高それぞれが開催し、内容は新入生向けで、チャペルにて吹奏楽部の歓迎演奏・生徒会執行部による学校紹介に続き各クラブの紹介勧誘等がある。
・対面式 初めての全校一斉朝礼(生徒総会)のついでに行われる。副会長が仕切ることになっている。グラウンドで隊列ごと向き合い、上級生がしゃがんで新入生を見ることになっている。実際には新入生の最前列の顔しか見ることが出来ない。
・愛校祭 1952年から年に1回行われ今日におよんでいる愛校祭は、名古屋中学校・高等学校の文化祭体育祭の総称である。原則として文化祭は毎年9月第3週の金・土曜日に、体育祭は10月に生徒会の主催で開催される。文化祭は中高同日開催で、体育祭は中高別日で開催される。
・球技大会 高校では、各学年ごとに開催される。2020年度より学年行事に改称した。
・学年行事 高校の行事で、学年ごとに開催される。生徒が自主的、協調的に計画できる行事である。
・高校生徒会機関誌「大幸」の発行 1957年2月20日に第1号が発行され、当初のタイトルは「野郎共」だが、1960年に通し番号はそのまま「大幸」と改題し今日におよぶ。毎年2月下旬に発行される生徒目線で学校の1年間を収録した冊子である。 中学生徒会機関誌「紅梅」もある。
・3年生送別会(予餞会) 高3の卒業記念礼拝の際に、生徒会が開催する行事である。

■ 高校生徒会
生徒会会則では「生徒の積極的な自主活動を推進し、会員相互の人格向上のため、生徒の自治による民主的な学園生活を確立すること」を目的としている。任期半年の二元代表制で硬性の会則を持つ。選挙に信任投票制度は無いが、代議員会において執行委員会不信任決議権・役員罷免権がある。
・ 最高決定機関
 ・ 生徒総会ー主に立会演説や会則改定時に開かれる。
・ 議事・立法機関
 ・代議員会-各ホームルームの級長と副級長が代議員を兼任する。各学年から1名ずつ指名して組成する、議事運営を行う議長団がある。
・ 執行機関
 ・ 執行委員会 ー全会員による直接選挙で選ばれる生徒会四役(会長・副会長・書記・会計)各1名と各種委員会の委員長(執行委員)をもって構成される。各種委員会には文化・体育・風紀・厚生・渉外・広報の六常設委員会と愛校祭実行委員会等の特別委員会がある。
・ 管理・監査機関
 ・ 選挙管理委員会ー生徒会選挙法によって構成される。
 ・ 会計監査委員会ー代議員より選ばれる。
・附属機構
 ・ホームルーム
 ・各種クラブ
 ・文化クラブ連絡会・体育クラブ連絡会ー文化・体育両委員会によってそれぞれ開かれる。
 ・クラブ代表者会議ークラブ予算分配案の議決機関である。
 ・執行部ー会則上に規定はないが、準執行機関である。クラブと似た扱いで有志によって構成され、執行委員会の雑務をする。
 ・書記局ー会則改定により廃止。
・ 支援機関
 ・ 生徒会顧問団ー職員会議にて正顧問2人と学年顧問多数が選ばれる。
・加盟する組織
 ・愛知県私立高等学校生徒会連合会(私生連)
・生徒会管轄では無い委員会
 ・生徒図書委員会ー図書・情報部が指導する。
 ・生徒宗教委員会ー宗教部が指導する。

■ 中学生徒会
高校生徒会とは別機関である。 会長・副会長・書記(2名)・会計の5名が直接選挙によって選出される。
学校生活 ■校風


■校則
高校において、「生徒の心得」が実質的に校則として作用しているが、様々な黙認があり、高校生にしてちょうど良い程度である。
・主な校則 ・セーターやベスト、カーディガンなどの着用は制服の下なら許可 ・携帯電話は学校敷地内では電源を切る ・自転車通学の場合は保険への加入が条件 ・免許の取得、自動車学校入校は全面禁止 ・アルバイトは許可制

■その他

・食堂 長久館と呼ばれている。高校生のみ使用可能となっている。
・同窓会 敬愛同窓会と呼ばれている。大幸校地3号館の1階に事務所を持つ。
・校章 中学の校章は縦に長い長方形で、篆書体で「名中」を縦に書いたもの。高校の校章は円型の枠の中に、2つの橄欖の枝をリボンで結び、真ん中に篆書体で「名高」と縦に書かれたものとなっている。
・校旗 紅梅染めの旗に、白色で橄欖の枝と篆書体で「名中」と「名高」それぞれに別れて描かれている。 現在エントランスの中央に掲げられているものは、旧制中学校時代の校旗である。現在に比べて文字などの模様は金色となっている。
・学院エンブレム 上部に名古屋学院創立の年を示す「SINCE 1887」、左上に聖書のラテン語である「TIMETE DEUM」、右上に旧校名である名古屋英和学校「Nagoya Anglo Japanese College」を示す旧校章、左下に平和を象徴する「橄欖の枝」、右下に学院の象徴とも言える「クラインズ・メモリアル・チャペル」下部には敬神愛人の英語「FEAR GOD LOVE PEOPLE」と「NAGOYA GAKUIN」の文字、そして中央にキリスト教主義を示す十字架が掲げられています。 制服では、学年によって色が違うエンブレムが印刷されている。赤、黄、白色がある。
・歌集 現在においては、第二校歌のみ歌われている。普段の全校集会では1番までしか歌われていない。3番まで歌う公式行事は入学式と卒業式だけである。
 ・第一校歌(1925年9月制定)
 ・第二校歌(1959年9月制定)
 ・学生歌
 ・名古屋学院学生歌 他に応援歌、逍遥歌等多数あり。
・教職員組合組織 愛知県私立学校教職員組合連合(愛知私教連)に加盟する名古屋学院職員組合(第一組合)と、私教連とは無関係の教職員組合協議会(第二組合)がある。前者は1956年に結成され、後者は第一組合脱退者により1972年に結成された。
設置形態 ・ 名古屋中学校
・ 名古屋高等学校
 ・ 6年文理コース(中学校からの内部進学者)
 ・ 3年文理コース(高等学校からの外部進学者) ※ 6年文理コースの選抜クラスと3年コースの選抜クラスは、高校2年生で混合してクラスを編成する。
著名な卒業生 ■ 学者

・ 春田正毅 - 東京都立大学名誉教授、元触媒学会会長、金ナノ粒子の触媒作用に関する研究の第一人者
・ 瓜谷章 - 名古屋大学大学院工学研究科教授
・ 髙桑宗右ヱ門 - 名古屋大学名誉教授、元日本情報経営学会会長
・ 戸苅創 - 名古屋市立西部医療センター新生児先端医療センター長、金城学院理事長・学院長、前名古屋市立大学理事長
・ 安井俊夫 - 教育学者
・ 宮島綱男 - 経済学者、国際労働会議日本使用者代表常任顧問兼国際労働局理事会理事、関西大学理事長

■ 法曹関係

・ 横田喜三郎 - 第3代最高裁判所長官

■ 政治

・ 加藤鐐五郎 - 元衆議院議長、元法務大臣
・ 塚本三 - 元名古屋市長
・ 杉戸清 - 元名古屋市長
・ 永江一夫 - 元農林大臣
・ 丹羽兵助 - 元労働大臣
・ 上田全宏 - 元国土庁長官官房審議官、元日本品質保証機構理事長

■ 経済

・ 三鬼陽之助 - 経済評論家

■ 文化・芸術

・ 牧野義雄 - 洋画家
・ 8代目都家歌六 - 落語家、ミュージックソー演奏家
・ 有島一郎 - 俳優
・ 斉藤洋介 - 俳優
・ 佐奈宏紀 - 俳優
・ 藪野健 - 洋画家、 日本藝術院会員、二紀会副理事長、早稲田大学會津八一記念博物館長、早稲田大学理工学術院表現工学科教受
・ 加藤哲 - 映像作家、音楽番組「カゲテレ」プロデューサー

■ 報道

・ 川原浩揮(旧姓・岡田) - フジテレビ元アナウンサー(現・報道記者)
・ 高橋重憲 - 中京テレビアナウンサー
・ 森貴俊 - 東海ラジオアナウンサー、元競泳選手
・ 佐藤栄治 - 北日本放送アナウンサー

■ スポーツ

・ 永田久喜 - ロサンゼルス五輪水球日本代表、名古屋中学・高校教諭、中学教頭
・ 大岩義明 - 北京五輪・ロンドン五輪馬術日本代表
・ 中野弘幸 - ロンドン五輪陸上1600メートルリレー日本代表
・ 松本圭介 - サッカー選手

■ 実業家

・ 日比賢昭 - 株式会社サンゲツ代表取締役会長
・ 飯田祐基 - 株式会社テクサ代表取締役
・ 坂本精志 - ホシザキ電機株式会社代表取締役会長兼社長
・ 大里健二 - 名阪工業株式会社社長
・ 林宏一郎 - 株式会社タカラ屋家具代表取締役
・ 神戸剛 - フルエング株式会社取締役社長
・ 六車謙一 - 株式会社興和工業所代表取締役会長
・ 山田貞夫 - ダイドー株式会社代表取締役社長
・ 小栗七生 - 名古屋トヨペット株式会社代表取締役会長
交通アクセス ・ 名古屋市営地下鉄名城線・名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線(ゆとりーとライン) 砂田橋駅3番出口すぐ
・ 名鉄瀬戸線 守山自衛隊前駅徒歩7分

「名古屋中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2021年2月25日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター