ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

伊勢(国際科学)


偏差値70( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)200点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 47位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 15位/1347校( 学科単位 )
三重県 2位/145校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【三重県立伊勢高等学校】
三重県立伊勢高等学校(みえけんりついせこうとうがっこう)は、三重県伊勢市にある公立高等学校。通称は伊勢高(いせこう)。
沿革 ・ 1956年 - 創立。当初は男子高であった。
・ 1957年 - 男女共学化。
・ 1972年3月 - 南島分校開校。
・ 1974年 - 学校群制度開始。宇治山田高校と第3学校群(通称:3群)を形成。
・ 1974年4月 - 南島分校が三重県立南島高等学校(現在は廃校)として独立。
・ 1995年 - 宇治山田高校との学校群を解消し、単独選抜に戻る。国際科学コースを設置。
・ 2006年 - 創立50周年記念事業を挙行。全学年のホームルームにエアコンの設置が完了(一部の特別教室には配置されていない)。同窓会が「育英会」を設立し、学校独自の奨学金制度が発足。
・ 2012年 - スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定される。
・ 2014年 - 第3回科学の甲子園全国大会優勝。

■ 南島分校との関係
南島分校の開校当初から本校の伊勢高校との関係は事務的・形式的 なものにとどまり、教員・生徒ともに人的交流はほとんどなかったという。このことは、わずか2年で南島分校が南島高校として独立したことからも明らかである。

■ 未履修問題
2006年11月に 朝日新聞において高等学校必履修科目未履修問題が指摘された。 具体的には、以下の点が問題視された。
・ 1年の「理科総合A」が「化学I」の授業に振り替えられていた。
・ 2年理系クラスの地理歴史科で、カリキュラム上はA科目(世界史A・日本史A・地理A)であったが、実際にはB科目の授業が行われていた。更に生徒にはB科目の教科書のみ買わせ、A科目の教科書は買わせていなかった。(2007年以降はA・B両方の教科書を購入することとなった。) これに対し、三重県教育委員会と当時の校長は「学校の裁量の範囲」とした、生徒会室、第1講義室
 1階  普通教室、自動販売機、変更黒板
 
◇2棟 :1年生の教室、特別教室がある。
   階    施設
 4階  音楽室、書道室、数学教室、美術室
 3階  教育相談室、社会科教室、視聴覚教室、LL教室
 2階  進路指導室、生物講義室・実験室、普通教室
 1階  保健室、学食、調理室、被服室
 
◇3棟 :1年生の教室がある。
   階    施設
 3階  普通教室、図書館
 2階  普通教室、物理講義室・実験室
 1階  普通教室、化学講義室・実験室
 
◇4棟 :生徒の間では、隔離棟あるいは隔離と呼ばれる。主に部活動に使用される。傾斜を利用した構造で、入り口が2階にある。
   階    施設
 3階  普通教室(ブラスバンド部)
 2階  普通教室
 1階  部室(野球部・サッカー部)
 

■その他の施設

・ 武道館
・ 部室棟:2階建てで、男子棟と女子棟がある。
・ 体育館
・ テニスコート
・ 弓道場
・ トレーニングルーム
・ グラウンド
・ 校庭には御衣黄桜(ぎょいこうさくら)がある。
・ 御衣黄桜は、昭和63年(1988年)3月に現在の職員駐車場入口付近から今の位置へ移植された。それまで、職員・生徒共にその存在に注目するものはいなかった。

■ 現存しない施設

◇旧1棟 :主に1・2年の教室があった。平成22年度から建て替え工事が行われたため、現在はない。
   階    施設
 3階  コンピュータ室
 2階  学習室、自動販売機
 1階  同窓会事務室、第2講義室、自動販売機、変更黒板

◇1棟仮校舎 :1・2年の教室があった。1棟の建て替え工事に伴う仮校舎。 :現在は解体されている。
   階    施設
 2階  普通教室
 1階  普通教室、自動販売機、変更黒板
クラス構成 各学年は1組約40名の計8組で構成され、普通科は1〜7組、普通科国際科学コースは8組に分類される。そのため8組においてクラス替えは行われない。 普通科の生徒は2学年から文理選択によって各組に分かれる。 かつては、理系に男子のみのクラスが1クラス、または文系に女子のみのクラスが1クラスできることもあった。 ※平成31年度から普通科普通コースの定員を40名(1クラス)減らすという発表がされた。
校風 伊勢高の校風は「自主自律」・「文武両道」で表される。過疎化の進む南勢地区にある伊勢高は、津市や四日市市にある進学校に比べ、のんびりしたところがある :1962年(昭和37年)より毎年実施している野球の対抗試合。伊勢高校とつながりの深い宇治山田高校(山高)との間で対戦が行われており、2006年(平成18年)現在の成績は20勝22敗2引き分け(第9回大会は不明)である。
◇月例マラソン :1957年(昭和32年)から1992年(平成4年)まで実施されていた、歴史の浅い伊勢高校における歴史ある行事。「月例」という名ではあったが実際には年5回の開催だったものの、これほどの回数のマラソンを取り入れている学校は珍しかった。

■ 国際科学コース
伊勢高校には国際科学コースという特別クラスが各学年1クラス設けられている。これは1995年(平成7年)の学校群制度解体にともなって個性を打ち出すために設置されたもので、事実上、特進クラスである。 入学当初から明確に難関国立大学を目指す人に適しているコースで授業の進度や教科・カリキュラムに関しては普通科と変わらないが、授業内容が濃い。進度については普通科よりも早く進みテストを別々にすることがあるが、最終的にはほぼ同じ進度になる。クラスや担任、一部教科の先生が3年間変わらないという利点があり、先生はクラスの状態を把握しながら3年間スムーズに授業を進めることができる。 国際科学コースを専門教科を含んだカリキュラムだと勘違いする人がいるが、あくまでコースであるので扱い・学科としては普通科である。
進学 南勢地区でトップクラスの進学実績で、生徒数の半数が国公立大学へと進学する。近隣の三重大学・名古屋大学のほか、京都大学・大阪大学などの関西圏の大学への進学も多い。旧帝大への進学率は10%~20%ほど。また、センター試験が近づくと学校は特別編成授業体制となりセンター試験のための授業をスタートする。 テストは中間、期末、実力の3種類のテストがある。通常、中間・期末考査は授業の内容から、実力テストは問題集から出される。
授業 1限45分の7限授業を基本とし、木曜日は8限授業を行う。各科目で小テストが頻繁に行われる。
校歌 伊勢高校には校歌と2つの応援歌がある。応援歌を歌うことは、校歌に比べて大変少ないが、校歌に先立って制定された。
◇校歌 :作詞:竹中郁、作曲:川澄健一。開校当初は校歌がなく、宇治山田高校の校歌を使っていた。♪=112。3番まであり、各番とも「みよ われら 伊勢高校」で終わるのが特徴。同窓会のウェブサイトから着信メロディをダウンロードできる。
◇応援歌(第一) :作詞:出口順三、作曲:奥山隆夫、補作:米本宏・糸川孝。4番まである。開校3年目に当時の在校生から歌詞を募り、国語教師が補作したものである。
◇応援歌(第二) :作詞:北村一成、作曲:山羽仁。3番まである。歌詞は文語調。作詞者・作曲者とも1期生で早稲田大学在学中に伊勢高校教員からの依頼を受けて作った。
部活動 無所属の生徒も多い。ただし、学校側が発表した2005年(平成17年)の部活動加入率は95%である(1人で2つの部活動を掛け持ちした場合、2人として計算しているため高い値になっている)。そのうち、運動部への加入率は6割程度 - 小説家
・ 中西直輝(29期) - 中部日本放送アナウンサー
・ 鈴木健一(36期) - 伊勢市長
・ モリタイシ(37期) - 漫画家
・ 福永活也(41期) - ワタナベエンターテインメントグループ所属タレント、弁護士、登山家等
・ 大門雅明(43期) - NBC長崎放送アナウンサー
・ 寺田光輝(52期)- プロ野球選手、BCL・石川ミリオンスターズ
伊勢高校に関連する作品 ・ いでじゅう - 伊勢高校をモデルとした学校を舞台とする漫画。
・ 半分の月がのぼる空 - 物語中数回、伊勢高校が県内の進学校として紹介される。
赤道問題 伊勢高校の敷地内を「赤道」(あかみち)と通称される公道が通過している。赤道は伊勢市立倉田山中学校から伊勢高校体育館横を抜け、神宮文庫の黒門に至る道路で、明治天皇が皇大神宮(内宮)行幸の際に通った歴史がある。伊勢高校の正門である旧制宇治山田中学校の石の門は、この赤道に立っている。 赤道は幅員1mほどしかなく通学に不便な上、一般の自動車が校内を通行するため安全性に問題がある。 1985年(昭和60年)3月に専用通学路が整備され、通学の問題は解決を見たが、赤道自体は公道のまま残されており、伊勢高校の教育環境整備上の課題となっている。
その他 伊勢高校の周辺には皇學館大学・高校・中学そして伊勢市立倉田山中学校、三重県立伊勢まなび高等学校がある。

■ 出身中学校
近年、伊勢市立厚生中学校からの進学者が最多である。また、志摩市から通学する者が増加傾向にある。
◇平成28年(2016年)度出身中学校別生徒数 :上位6校まで、3学年合計在籍者数(合計は961名) 伊勢市立厚生中学校…102名 伊勢市立倉田山中学校…96名 伊勢市立五十鈴中学校…77名 志摩市立文岡中学校…69名 伊勢市立小俣中学校…68名 玉城町立玉城中学校...56名

「三重県立伊勢高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年9月27日4時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター