ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

白子(文化教養)


偏差値38( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)80点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 6224位/7791校( 学科単位 )
近畿地方 1142位/1347校( 学科単位 )
三重県 115位/145校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【三重県立白子高等学校】
三重県立白子高等学校(みえけんりつしろここうとうがっこう)は、三重県鈴鹿市にある県立の高等学校。
概要 普通科・生活創造科合計で一学年6クラスの高等学校である。進学先としては中堅かそれ以下の大学および専門学校が多い。学生の男女比が顕著で、女子学生が男子学生の1.5倍ほどの比率で在学する傾向が続いている。これは各学年それぞれ1クラスずつある生活創造科と普通科文化教養(吹奏楽コース)がほぼ全員女子だということが大きく影響しているものであるが、近年は男子生徒も増加傾向にある。 県内でほかに類をみない吹奏楽コースを持っており、吹奏楽部は全日本吹奏楽コンクールをはじめとした県内コンクールで常に上位入賞を果たし、県代表の座を20年以上連続して獲得している。 また他の文化部でも新聞部、軽音楽部が全国大会に出場するなど盛んに活動している。 運動部では卓球が有名で女子は26年連続・通算35回のインターハイ予選団体戦優勝、男子も2年連続・通算11回の優勝(令和3年現在)を誇り、日本代表選手も輩出する県屈指の強豪である。その他にも女子剣道、男子バスケットボールも(令和3年現在)県大会上位に進出する強豪である。 2020年(令和3年)に創立100周年を迎える。
クラブ一覧 ■ 運動部


■ 文化部
学科 ・ 普通科
 ・ 普通コース
 ・ 文化教養(吹奏楽)コース
・ 生活創造科
校歌 山口誓子が作詞、城多又兵衛が作曲して作られた。 校歌は4番まで存在するが、普段は2番までしか歌われない。
沿革 ・ 1920年(大正9年) - 河芸郡長の片岡宇太郎の働きかけにより白子町外21か村組合立高等女学校として開校。
・ 1923年(大正12年) - 三重県に移管、三重県立河芸高等女学校に改称。
・ 1948年(昭和23年) - 旧制・三重県立神戸中学校、鈴鹿市立高等女学校、鈴鹿市立工業学校と統合し、三重県神戸高等学校となる。旧・河芸高女は白子部として存続する。
・ 1949年(昭和24年) - 三重県鈴鹿高等学校白子部に改称。
・ 1950年(昭和25年) - 三重県白子高等学校として独立。
・ 1955年(昭和30年) - 三重県立白子高等学校に改称。
交通アクセス ・ 近鉄名古屋線 白子駅西口から三重交通バス01系統平田町駅、03系統鈴鹿サーキット行きで「新生」下車、徒歩で約7分。
・ 近鉄名古屋線 白子駅から徒歩で約10分。
出身者 ・ 加藤紀子(タレント):東京都立代々木高等学校へ転校した。
・ 西飯美幸(卓球全日本チャンピオン)
・ 西飯由香(卓球全日本チャンピオン)
・ 宝満まどか(タレント)
・ 真山隼人(浪曲師):鈴鹿市シティセールス特命大使「鈴鹿と・き・め・きドリーム大使」
・ 山中智恵子(歌人):河芸高等女学校卒。

「三重県立白子高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年7月4日5時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター