ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

山城(Ⅱ類理数)


偏差値62( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)170点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 561位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 150位/1347校( 学科単位 )
京都府 25位/212校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【京都府立山城高等学校】
京都府立山城高等学校(きょうとふりつ やましろこうとうがっこう)は、京都府京都市北区大将軍坂田町に所在する公立の高等学校。
設置学科 ・ 普通科 (8クラス)
・文理総合科(1クラス) ※クラス数は2020年度
概要 1907年に京都府立第五中學校として、一中(現洛北高校)・二中(現鳥羽高校)・三中(現福知山高校)・四中(現宮津高校)に次ぐ五校目の旧制中学校として開校。また、聴覚に障害のある生徒を受け入れる聴覚障害教育部(聴障部)を持つ。
沿革 ・ 1907年(明治40年)3月 - 京都府立第五中学校として創立
・ 1918年(大正7年)4月 - 京都府立京都第三中学校と改称
・ 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革により京都府立京都第三中学校から京都府立山城高等学校に改称
・ 1971年(昭和46年)4月 - 全日制・定時制課程に聴覚障害生徒受け入れ開始。京都市立二条中学校の難聴学級から全日制に2名・定時制に6名が入学
・ 1985年(昭和60年)4月 - 高校教育新制度発足に伴い普通科I・II類設置、全日制課程商業科の生徒募集停止
・ 1997年(平成9年)4月 - 定時制課程普通科の生徒募集停止
・ 1998年(平成10年)10月 - 新校舎建設のため、グラウンドの遺跡発掘調査開始
・ 2000年(平成12年)3月 - 定時制課程普通科を閉課
・ 2000年(平成12年)10月 - 新校舎建設開始
・ 2001年(平成13年)12月 - 新館(管理棟・教室棟)完成
・ 2004年(平成16年)6月 - 新体育館完成
・ 2005年(平成17年)3月 - グラウンド、新正門完成
・ 2005年(平成17年)9月 - 新校舎竣工式挙行
・ 2007年(平成19年)4月 - 学校創立100周年、文理総合科(専門学科)新設、制服変更
・ 2014年(平成26年)4月 - 普通科の類型制度と総合選抜を廃止
・ 2017年(平成29年)5月 - 京三中・山城高創立110周年記念祝賀会
・ 2018年(平成30年)4月 - 普通科スタンダードコース募集廃止、よって普通科のコースはスーパーアドバンスト、アドバンストの2コースへ
・2020年(令和2年)4月 - 普通科・文理総合科を単位制に移行
教育方針 ・ 真理と平和を探求し、正義を貫く人間を育成する。
・ 自主、自立、共生の精神を養い、責任を学ばせる。
・ 相互敬愛と協力の心を培い、自治能力を育てる。
・ 豊かな情操を養い、健康の増進を図る。
・ 勤労をたっとび、社会奉仕の心を育てる。
山城高校生徒会 山城高校生徒会は、京都府立山城高等学校に在籍する全生徒をまとめる最高組織で、生徒会役員選挙によって選ばれた一部の生徒によって成る。かつては「山城高校生徒自治会」という名であった。
主な学校行事 いずれも2019年度のもの。
・ 4月 - 入学式、始業式、フレッシャーズセミナー(1年)、校外学習(2・3年)
・ 5月 - 高校総体、生徒会役員選挙、中間考査
・ 6月 - 球技大会、人権学習、生徒総会
・ 7月 - 期末考査、文化講演会、終業式、夏季進学補習
・ 8月 - 夏季進学補習、始業式
・ 9月 - 山城祭、体育祭、コース・選択科目登録
・ 10月 - 中間考査、英語スピーチコンテスト
・ 11月 - 手話弁論大会、人権学習、山城塾、鍵1グランプリ
・ 12月 - 期末考査、GTEC、終業式、冬季進学補習
・ 1月 - 始業式、海外研修(1年文理総合科)、スキー研修(1年普通科)
・ 2月 - 国公立二次試験対策指導(3年)
・ 3月 - 卒業式、学年末考査(1・2年)、修了式、春季進学補習

■ 山城祭
一般の文化祭と体育祭を合わせた総称で毎年9月に行われる。

■ 文化祭
9月上旬に3日間行われる学校行事で、一般には公開されていない。各学年がそれぞれ1つのテーマをもとにした発表を行うほか、文化系各部活動および生徒自治会・各委員会・PTAなどの展示・発表・企画が行われる。2003年からは、プログラムには含まれないが、水泳部が校内プールを利用したシンクロナイズドスイミングの公演を行っている。ここから企画が派生し2005年9月には、水泳部男子14名が第2回全国高校ウォーターボーイズ選手権に出場した。

■ 体育祭
9月下旬に行われる学校行事で、一般には公開されていない。騎馬戦や綱引き、クラス対抗リレー等の種目がある。また服装は体操服ではなく、各クラスで制作したクラスTシャツを用いる。

■ 定期考査
山城高校は3学期制のため、定期考査は中間・期末 の計5回実施される。また、2018年度より3年の3学期末考査は廃止された。
部活動 ■ 体育系

・ 硬式野球 - 選抜高等学校野球大会出場1回・全国高等学校野球選手権大会出場3回。全国高等学校野球選手権大会の地区予選には、1915年の第1回から皆勤出場している。
・ サッカー - 第37回全国高等学校サッカー選手権大会優勝、第40回・第71回準優勝、第97回ベスト4
・ 男子バスケットボール - 第1回高校選手権(現:インターハイ)優勝
・女子バスケットボール
・ 弓道 - 第70回近畿高等学校弓道大会記念大会 女子団体出場
・ 女子バレーボール - 平成29年度京都府高等学校新人選手権大会ベスト4
・ ラグビー
・ ソフトテニス
・ テニス
・ 陸上競技
・ 卓球
・ 剣道
・ 水泳 - ウォーターボーイズ
・ 山岳
・ ハンドボール
・ 女子バドミントン
・バトントワリング - 2017年京都府高等学校バトントワリングコンテスト金賞

■ 文化系

・ 吹奏楽
・ 軽音楽
・ ダンス - 2013年夏の日本高校ダンス部選手権優秀賞、2017年冬の日本高校ダンス部選手権西日本ブロック優勝、2018年夏の日本高校ダンス部選手権大会ビッグクラス ワンダイニング賞、スモールクラス 優秀賞受賞
・ 放送
・ 写真
・ 手話
・ 書道
・ 美術
・ 茶道
・ イラストレーション
・新聞
・ ESS同好会
・JRC同好会
・競技かるた同好会
制服 ・ブレザー(男子…ブラック、女子…チャコールグレーベースのチェック)
・スラックス(男子…チャコールグレーベースのチェック、女子…ブラック)
・スカート(ブラックベースにひだがチャコールグレーベースのチェック、女子のみ)
・ネクタイ(男女)
・カッターシャツ(ホワイト、男女)
・セーター(グレー、男女)
・ベスト(グレー、男女)
 ・夏は、半袖カッターシャツも可
 ・靴下、靴、鞄は規定なし
施設紹介 ・本館  2・3年生 HR教室,理科・社会科教室,コンピュータ教室,コモンホール,図書室            
・W館  HR教室(1年生),調理室・被服室・美術室・音楽室,視聴覚教室   
・N館  GL教室、書道教室
・体育館 体育館・格技場・テニスコート
・トレーニングルーム
・食堂 約50年の歴史がある食堂。メニュー構成は定食(440円)、丼もの(390円)、麺類(230~310円)からなる。また単品で唐揚げやおにぎり、パンなどがある。営業時間は9:40~13:15で昼休みまでの時間にも利用でき、事前の予約制度もある。定食には唐揚げ定食、おろしハンバーグ定食、麻婆豆腐定食など約30種類以上、丼ものには唐揚げ丼、かつ丼、カレー、日替わり丼、そして麺類にはうどん、そば、ラーメンなどがある。
最寄りのバス停・駅 ・ 京都市営バス:「府立体育館前」(10・26系統) - 山城高校まで徒歩1分
・ 京都市営バス:「大将軍」(15・26・臨(立命館大学前-西大路四条間)・203・204・205系統) - 同徒歩5分
・ JR嵯峨野線:円町駅 - 同徒歩12分
・ JR嵯峨野線:花園駅 - 同徒歩15分
著名な出身者 ■ 政治・経済

・ 宇野収 - 関経連会長、東洋紡績社長
・ 藤林益三 - 最高裁長官、弁護士
・ 堀場厚 - 堀場製作所社長
・ 佐々木幸雄-アッシュウェイブ社長

■ 研究

・ 小針晛宏 - 数学者、京都大学助教授
・ 小尻利治 - 京都大学防災研究所教授
・ 山崎孝史 - 大阪市立大学大学院文学研究科教授
・ 竹下賢 - 関西大学教授
・ 大和哲夫 - 法学者、外務省等の元官僚、北海学園大学元学長

■ 芸能

・ 田中真琴 - 女優、モデル
・ 田村高廣 - 俳優
・ 浜村淳 - タレント、映画評論家
・ 林彰太郎 - 俳優
・ 松浦真也 - 吉本新喜劇
・ 山城新伍 - 俳優、タレント - 芸名は本校に由来している。
・ 若井おさむ - 芸人
・ 梅田一哉 - ミュージシャン、元TRACYメンバー
・ 尾崎亜美 - シンガーソングライター
・ 加橋かつみ - ミュージシャン、元ザ・タイガースメンバー
・ 瞳みのる(本名:人見豊) - 文学者、ミュージシャン、元ザ・タイガースメンバー
・ 川上のぼる - 腹話術師
・ 昔昔亭A太郎 - 落語家
・ ノイズファクトリー - お笑いロックバンド(生田ノブヤ、一番星哲也、アキレスKEN、ボンバーHIRO、Tacos Naomi)
・ 平澤慎也 - 株式会社iNDIGO BLUE代表取締役、タレント(前出、第2回全国高校ウォーターボーイズ選手権選手)
・ 伊丹十三 - 映画監督

■ 文芸

・ 若木民喜 - 漫画家
・ 和久峻三 - 推理作家、弁護士
・ 高橋たか子 - 小説家 / 旧制嵯峨野高女から新制山城高校へ転籍

■ マスコミ

・ 野村啓司 - フリーアナウンサー、元毎日放送アナウンサー・専属パーソナリティー
・ 武田涼介 - NHK松山放送局アナウンサー
・ 和崎信哉 - 元NHK理事、WOWOW代表取締役社長、衛星放送協会会長

■ スポーツ

・ 石塚啓次 - 元サッカー選手・現WACKO MARIA(ワコマリア)ディレクター
・ 奥野僚右 - 元サッカー選手・ザスパクサツ群馬監督
・ 加藤豪宏 - 元サッカー選手・ディアブロッサ高田FC監督
・ 釜本邦茂 - 元サッカー日本代表・監督、元参議院議員、日本サッカー協会副会長
・ 川勝博康 - 元サッカー選手・京都サンガF.C.コーチ
・ 辛島啓珠 - 元サッカー選手・鈴鹿アンリミテッドFC監督
・ 藏田茂樹 - 元サッカー選手・現堀越高等学校教諭
・ 嶋谷征四郎 - 元サッカー日本代表・初代京都パープルサンガ監督
・ 成山裕治 - 元サッカー選手・京都サンガF.C.コーチ
・ 二村昭雄 - 元サッカー日本代表・監督
・ 堀内省吾 - 元サッカー選手
・ 松山博明 - 元サッカー選手・元大分トリニータ監督
・ 松山吉之 - 元サッカー日本代表
・ 松原浩樹 - 元サッカー選手
・ 喜多健二 - 元サッカー選手
・ 細川浩三 - 元サッカー選手
・ 山田正道 - 元プロサッカー選手・現FC岐阜スタッフ
・ 吉田義男 - 元阪神タイガース選手・監督
・ 河野秀数 - 元プロ野球選手・北海道日本ハムファイターズ
・ 高田勝生 - 元プロ野球選手
・ 藤原利美 - 元プロ野球選手
・ 野上一郎 - 1935年度早大ラグビー部主将
・ 天山広吉 - プロレスラー

「京都府立山城高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年11月30日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター