ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

京都明徳(未来Ⅱ)


偏差値46( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)110点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 3589位/7791校( 学科単位 )
近畿地方 736位/1347校( 学科単位 )
京都府 125位/212校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【京都明徳高等学校】
京都明徳高等学校(きょうとめいとくこうとうがっこう)は、京都府京都市西京区大枝東長町にある学校法人明徳学園が設置する私立高等学校。
概要 明徳商業高等学校時代の「珠算の明徳」の伝統を今も引き継ぎ、安定した就職内定率を誇る。 普通科設置以来、大学進学も順調に推移しており、未来社会コースⅡからは約42%が国公立大・関関同立へ合格している。 クラブ活動ではバスケットボール部・ソフトボール部が全国大会に度々出場するなど大きな成果を残しているほか、近年はダンス部(ヒップホップ)・吹奏楽部(マーチング)の活躍がめざましい。ダンス部は、世界大会優勝を成し遂げたほか、全国大会でも上位に入賞の経験、また数多くのテレビ番組にも出演している。ディズニーリゾートへ出演経験もある吹奏楽部も2009年に全国大会へ出場を果たした。
沿革 ・ 1921年 - 京都市下京区に明徳女学校として設立される。
・ 1924年 - 明徳高等女学校(本科・裁縫科)を認可。
・ 1948年 - 明徳女子高等学校となる。
・ 1950年 - 明徳夜間高等学校(商業科・宗教科)を設置。
・ 1952年 - 明徳女子高等学校を「明徳女子商業高等学校」に改称。
・ 1954年 - 明徳女子商業高等学校を「明徳商業高等学校 全日制/商業科」に、明徳夜間高等学校は「明徳商業高等学校 定時制/商業科・宗教科」に改称。
・ 1973年 - 明徳商業高等学校の定時制を閉校。
・ 1992年 - 京都市西京区の現在地に全面移転。
・ 1997年 - 京都明徳高等学校に改称。普通科を設置。
・ 2000年 - 男女共学化。
・ 2014年 - 2学科3コースに再編。
設置学科・コース ・ 普通科
 ・ 未来社会コースⅡ
  ・ 国公立大・難関私大に対応する多彩な学習プログラム。授業料等全額免除・8割免除などの特待生制度も充実。最近3ヵ年の約42%が国公立大・関関同立に合格。京都大学を始め、早稲田・明治、慶應義塾へも進学している。
 ・ 未来社会コースI
  ・ 大学・短大・専門学校・就職、さまざまな進路に対応。1年は成績別、2年からは成績+進路別にクラスを編成。また、希望の進路・興味・関心によって商業系資格取得講座または強化指定クラブの部活動講座のいずれかを選択することができる。
・ 商業科
 ・ 未来社会コースⅢ
  ・ 簿記や情報処理の資格取得に重点を置いたカリキュラム。3年の約40%が1級取得。上級資格で就職内定率100%、大学の推薦入試にも有利になる。高校からの新しい学習により自信を育てる指導。吹奏楽・ダンス部などクラブ活動を両立している生徒も多い。
部活動 ■ バスケットボール部

・ 全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会
 ・ 通算出場17回
・ 全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(通称「JOMO杯ウィンターカップ」)
 ・ 通算出場15回

■ ソフトボール部

・ アジア女子選手権大会
 ・ 優勝1回
・ 全国高等学校総合体育大会ソフトボール競技大会
 ・ 優勝1回、準優勝2回、3位2回(通算出場10回)
・ 全国私立高等学校ソフトボール選抜大会
 ・ 優勝1回、準優勝2回、3位2回(通算出場46回)

■ 卓球部

・ 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会
 ・ 通算出場30回
・ 全国高等学校卓球選抜大会
 ・ 通算出場20回、2005年女子シングルス:準優勝、2008年男子シングルス:ベスト16

■ ダンス部

・ 夏の日本高校ダンス部選手権
 ・ 2008年全国準優勝(ビッククラス部門)
 ・ 2010年西日本大会優秀賞(ビッククラス部門)
 ・ 2010年審査員特別賞(スモールクラス部門)
・ 春の日本高校ダンス部選手権
 ・ 2013年全国準優勝
・ 全国高等学校ミスダンスドリル選手権大会
 ・ 2013年優勝(HIPHOP男女混合部門)
 ・ 2011年優勝(HIPHOP男女混合部門)
・ 全国高等学校ミスダンスドリル選手権大会
 ・ 2013年優勝(HIPHOP男女混合部門)
 ・ 2011年優勝(HIPHOP男女混合部門)
・ ミスダンスドリルチームUSAインターナショナル
 ・ 2013年:HIPHOP部門全カテゴリーLarge・CO-ED総合優勝
 ・ 2010年:総合優勝・優勝(HIPHOP部門)
 ・ 2009年:総合準優勝・優勝(HIPHOP部門)
・ ダンス甲子園
 ・ 2010年、2011、2012年3年連続出場

■ 吹奏楽部
『明徳吹部日記』
・ マーチングバンド全国大会(さいたまスーパーアリーナ)
 ・ 銀賞(出場2回2009.2011)
・ 東京ディズニーリゾート ミュージック・フェスティバル・プログラム
 ・ 出演11回(- 2018) 2017年よりドリーマーズ・オン・ステージと名称変更
・ 2013マーチングショーバンド世界大会決勝銀賞(幕張メッセ)
・ 全国高等学校総合文化祭出場14回(- 2017)
・ 全国高等学校総合文化祭パレード部門 グッドパレード賞2回(2005.2017)
・ NEWSライブツアー2012「美しい恋にするよ」2013(ほっともっとフィールド神戸)10周年記念イベント&LIVE(東京ドーム)出演
・ KinKi Kids 2015−2016コンサート(京セラドーム大阪)出演
・ 関西コレクション2016(京セラドーム大阪)出演
・ 国民文化祭京都2012「マーチングの祭典」京都府代表
・ 京都府吹奏楽コンクール 金賞・優秀賞など
・ マーチング・イン・オカヤマ2012 テレビせとうち賞(フェスティバル部門高校・一般の部1位)
・ 毎年定期演奏会“スパークリングコンサート”を開催している

■ 珠算競技部

・ 国民珠算競技大会
 ・ 全国優勝20回
・全国高等学校珠算競技大会
 ・ 全国優勝15回

■ パソコン部

・ 全国商業高等学校協会主催 ワープロ競技全国大会
 ・ 通算出場21回
・ 近畿地区高等学校ワープロ競技大会
 ・ 通算出場28回
・ 全国パソコン技能競技大会
 ・ 3回出場
出身者 ・ 今いくよ・くるよ(漫才師・明徳商業高校時代)
・ 川瀬智子(the brilliant green)(ミュージシャン・明徳商業高校時代)
・ 参河紀久子(元バスケットボール選手・明徳商業高校時代)
・ 田本博子(元ソフトボール選手・明徳商業高校時代。2000年シドニーオリンピックソフトボール銀メダリスト。日立ソフトウェア女子ソフトボール部コーチ)
・ 矢野良子、歌手
交通アクセス ・ 登下校時運行の直行バスで
 ・阪急電鉄「桂駅」より8分
 ・JR京都線(東海道本線)「桂川駅」より9分
 ・JR西日本・近鉄・地下鉄「京都駅」より25分
・北大路駅(京都市営地下鉄烏丸線)・円町駅(JR嵯峨野山陰線)方面からスクールバスを運行。
・ 路線バス利用の場合
 ・ 阪急桂駅より京都市バス「京都明徳高校前」下車。
 ・ 京都駅・JR亀岡駅より京都市バス・京阪京都交通バス「国道中山」下車。
 ・ JR向日町駅・JR桂川駅より京都市バス・ヤサカバス・阪急バス「北福西町一丁目」下車。

「京都明徳高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年8月17日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター