ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

富田林(普通)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 120位/1347校( 学科単位 )
大阪府 45位/422校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【大阪府立富田林中学校・高等学校】
大阪府立富田林中学校・高等学校(おおさかふりつ とんだばやし ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立の中高一貫校。人口減少の南河内地方の地域活性化を目的とするコミュニティ・スクールで、府立では初の一貫校として2017年(平成29年)度に改編・設置された。
概要 通称は「富高/富中(とんこう/とんちゅう)」、英称は、Osaka Prefectural Tondabayashi Junior and Senior High School。 中学校3クラス・高等学校6クラスを設置。通学区域は中学も大阪府全域ため、高校の入学者選抜(外部入試)の募集人員は3クラス(120人)に半減されている(2020年〈令和2年〉度から)。 隣の羽曳野市にある四天王寺大学と高大連携の協定を結んでいる

■ 生徒が都心に流出、OB直訴で一貫校に
母体となった富田林高校の前身は、1901年(明治34年)に8番目の府立中学校(旧制)として設立の「大阪府立富田林中学校」。以来、長らく南河内地方の「地元の名門校」だったが、2007年(平成19年)に大阪府内の学区が九つから四つに再編された結果、都心にある府内有数の進学校大阪府立天王寺高等学校(大阪市阿倍野区)や大阪府立高津高等学校(天王寺区)などと同じ学区になり、生徒が流出した。 さらに2014年から学区そのものが撤廃されたことで、危機感を募らせた同窓会会長で大阪大学元総長の岸本忠三や国連元広報担当事務次長赤阪清隆ら卒業生が、同年6月20日付で「『富田林中高一貫校(併設型)』(コミュニティスクール)の設立についての要望書」と題して大阪府教育委員会に直訴」た結果、富田林高校の校内に中学校を併設する形で、2017年4月から中高一貫教育校に改編となった。 2018年5月には、中高一貫校記念館が完成(3教室、大ホール)。建設費5億5000万円の大半を同窓会会長の岸本忠三が寄付しており、「岸本記念館」と呼ばれている。 なお、翌6月には、京都大学iPS細胞研究所所長でノーベル生理学・医学賞の山中伸弥による記念講演も行われた。山中教授は国立大阪教育大学附属高等学校池田校舎の卒業生で無関係だが、過去に岸本から支援を受けたこともあったことから了承。講演会が実施された。
沿革 ■ 旧制・富田林中学(第八中)
1894年(明治27年)の中学校令改正で道府県1ヶ所の中学校(旧制)の複数設置が可能となり、大阪府は周辺の郡部にも増設する計画を立てた。 翌1895年4月、大鳥郡向井村に大阪府第二尋常中学校(現・大阪府立三国丘高等学校)、若江郡八尾村に大阪府第三尋常中学校(現・大阪府立三国丘高等学校)、島下郡三島村に大阪府第四尋常中学校(現・大阪府立茨木高等学校)が同時に開校した。 その後、南河内郡川西村(現・富田林市)にも新設される方針となり、1900年9月5日に文部省告示第194号により、都心の大阪府第七中学校(現・大阪府立市岡高等学校)と大阪府第一高等女学校(現・大阪府立清水谷高等学校)設置に続いて、1902年4月に「大阪府第八中学校」が開校することを認可された。 しかし村民が、さらなる早期開設を求め大阪府に陳情を繰り返した結果、1年余り前倒す方針を大阪府会の郡部会が決定。文部省も1901年2月9日に修正の告示を出し、同年4月の開校が決まった。 1901年3月7日に大阪府第八中学校が設置。また、設置順による番号だった府立の中学校・高等女学校の校名を、所在地の名称を取り入れる校名に大阪府が変更したことに伴い、同年4月1日に「大阪府富田林中学校」へと改称の上、川西村大字甲田字谷毛寺(やもじ)に開校した(現在地)。 開校後6月3日付で「大阪府立富田林中学校」に改称し、6月13日に開校式が行われた。

■ 新制・富田林高校
太平洋戦争後の学制改革により、1948年(昭和23年)に新制の高等学校「大阪府立富田林高等学校」が発足。大阪府立河南高等学校(旧・大阪府立富田林高等女学校)と男女生徒を交流(入れ替え)して男女共学を実施した。なお当初、大阪府立黒山高等学校(旧・大阪府立黒山高等女学校、現・大阪府立登美丘高等学校)との交流案もあった。 校名については、同じ富田林町内に同じ名前の高校2校ある状態となったことから、所在地の方角から(旧制)富田林中を「富田林東」、富田林高女を「富田林西」にする案も検討されていた。 新制高校の発足直後の同年5月、アメリカなどの占領軍GHQの指令により河南高校の校舎が(新制)富田林町立中学校(現・富田林市立第一中学校)校舎として転用されたため、河南高校は一時、富田林高校内に移転して同居していた(河南高校は1951年に自校舎へ復帰)。 1962年に家政科を併設した。しかし普通科志望者の増加や家政科在籍者の大学進学希望者の増加、複数学科併置による指導の難しさなどが指摘され、1978年に家政科の廃止案が職員会議で出され、1980年度に募集停止となった。

■ 定時制
新制の高校では全日制課程のほかに定時制課程も併設、定時制分校も設置された(分校の詳細は下記「分校」節および大阪府立富田林高等学校千早赤阪分校を参照)。 1969年千早赤阪分校定時制の廃止に伴い、分校定時制の在籍生徒を本校定時制課程へと移籍している。 1960年代頃には地方からの集団就職者の増加により入学者が急増。しかし1970年代後半頃からは、集団就職者の減少や全日制高校の整備による全日制進学者増加などで、定時制の志願者は減少傾向にあり、1994年(平成6年)通信制課程の併修で3年間で卒業できる制度を導入。1996年から一般府民の聴講制度も設置した(2004年まで)。 しかし定時制は大阪府の定時制高校再編計画により2005年以降の新入生募集を停止し、2008年に廃止(閉課程)となった。

■ かつて4分校
1948年9月に定時制分校として、南河内郡山田村(現在の河南町)に山田分校(のち科長原分校に改称)、南河内郡千早村(現在の千早赤阪村)に千早分校が設置。翌1949年に南河内郡長野町(現在の河内長野市)に長野分校も設置された。さらに1951年には地域の要望を受ける形で、赤阪村(現在の千早赤阪村)にも赤阪分校が設置された。4分校は昼間定時制を設置し、また赤阪分校では夜間定時制も併設していた。 山田(科長原)分校は農協倉庫の一室(寄り合い部屋)から始まり、その後磯長小学校・学校組合立科長原中学校(現在の太子町立中学校)への併設を経て、1956年に長野分校に統合される形で廃校となった。 長野分校は長野町立小学校・長野町立中学校への併設を経て1963年に廃止された。 千早分校・赤阪分校は1959年に統合され千早赤阪分校となり、1999年に廃止された。

■ 年表

・ 1901年(明治34年) - 4月「大阪府富田林中学校」として開校。6月3日、「大阪府立富田林中学校」に改称
・ 1948年(昭和23年) - 4月、学制改革により「大阪府立富田林高等学校」となる。9月、定時制課程(夜間部)を新設。本校の定時制課程のほか、定時制分校2ヶ所を設置
・ 1959年 - 4月、分校を統合し、千早赤阪村に千早赤阪分校を設置
・ 1962年 - 家政科を設置
・ 1969年 - 千早赤阪分校定時制の閉課程により、同課程在籍者を本校定時制課程に移籍
・ 1982年 - 3月、家政科を廃止
・ 1999年(平成11年) - 3月、千早赤阪分校を廃校。7月、新校舎が完成。
・ 2003年 - 全日制課程が、大阪府教育委員会のエル・ハイスクール事業に指定(2007年3月まで)
・ 2005年 - 定時制課程を募集停止
・ 2008年 - 3月、定時制課程を廃止(閉課程)
・ 2009年 - 文部科学省の委嘱事業による「学力向上実践研究校」に指定(2012年3月まで)
・ 2014年 - 4月、一足制を導入(上履き靴を廃止)
・ 2017年 - 4月、「大阪府立富田林中学校」開校。高校の校舎を利用する形で中等部を設置、併設型中高一貫教育校に移行。文部科学省よりSSHに指定
基礎データ ■ 交通アクセス

・ 近鉄長野線 富田林西口駅 南東へ約700m

■ 象徴

◎ 校章
現在の校章は南北朝時代の戦国武将楠木正成の家紋でもある菊水紋をあしらったデザインで、1927年(昭和2年)に導入された。 設立当初の校章は、六角形の星形「六稜」に、8番目の府立中学校を示す「八」をあしらった図案だった。ただ、「八」が大阪府立八尾中学校(現・大阪府立八尾高等学校)の頭文字であると勘違いされ、八尾中と間違われやすいことから、変更された。ちなみに八尾中の校章は同じく六稜だが、府立第三中を表す「三」をあしらっていた。
◎ 制服
男子の制服は学ラン、女子の制服はセーラー服。
授業 忠臣の象徴とされた戦国武将で楠木正成の出生地に学校所在地が近いことから、旧制中学校時代、楠木正成と結びつけた忠君愛国教育が行われていた。
部活動 多くの生徒がクラブに所属しており活発に活動している。陸上部はインターハイ出場経験があり、ラグビー部は1988年度大阪大会決勝まで進んだが、大阪工業大学高等学校(現常翔学園高等学校)に敗れた。 文化系では、全国高等学校総合文化祭など全国大会への出場したこともある。
・ 運動系 サッカー部(中/高) 硬式野球部 ソフトボール部 陸上競技部 硬式テニス部(中/高) ソフトテニス部(中/高) 男子ハンドボール部 女子ハンドボール部 ラグビー部 水泳部 男子バレーボール部 女子バレーボール部(中/高) バドミントン部 体操部 男子バスケットボール部(中/高) 女子バスケットボール部 ワンダーフォーゲル部 剣道部 柔道部 卓球部
・ 文化系 バトントワリング部(中/高) ダンス部 軽音楽部 吹奏楽部 茶道部(中/高) 科学部(中/高) 美術部 文芸部 演劇部 放送部 写真部(中/高) ユネスコ部(中/高) 書道同好会(中/高)
不祥事 ■ 中学校入試で出題ミス
2020年(令和2年)1月25日に実施された中等部の入学試験で、近畿地方2府5県の地図の塗分け方に関して、隣接する府県が同じ色にならない塗分け方が何通りあるかを求める問題に於いて、出題ミスがあったことが判明。合否に影響はなかったものの、大阪府教育委員会は、問題文に解釈が2通り存在することが判明したためと苦しい説明をしているが、事態を公表したのが合格発表後の3月19日だったこととも相まって、ミスを隠蔽するための言い訳ではないかとの指摘が出ている。

■ 高校入試で集計ミス、不合格に
2001年(平成13年)の入試で得点集計ミスがあり、本来合格していたはずの受験生2人が間違って不合格になった。社会の得点をパソコン入力用紙に転記する際、答案を一度に2枚めくって読み上げており、10人分の得点がずれたことが原因だった。
高校関係者と組織 ・ 大阪府立富田林高等学校同窓会 - 同窓会組織に特定の名称はない。なお、同窓会の会報の名称は「菊水郷」。

■ 著名な出身者
(富田林中学)
・ 2017年(平成29年)設置のため、まだ未成年 (富田林高校)
◎ 政治

・ 久保哲司 - 公明党元衆議院議員
・ 芝田啓治 - 元河内長野市長
・ 竹本直一 - 衆議院議員。情報通信技術(IT)政策担当大臣(第4次安倍第2次改造内閣)
・ 松本昌親 - 元千早赤阪村村長
◎ 行政

・ 赤阪清隆 - 国際連合元広報担当事務次長
・ 伯井美徳 - 文部科学省高等教育局長。元大学入試センター副所長
・ 林弥一郎 - 大日本帝国陸軍少佐。中華人民共和国空軍創設者
・ 松本勝正 - 一般財団法人全国建設研修センター上席調査役。元さいたま市副市長
◎ 経済

・ 揚塩健治 - 阪神タイガース社長
・ 天海源一郎 - 株式ジャーナリスト。個人投資家
・ 浜村弘一 - エンターブレイン代表取締役社長
・ 真銅孝三 - 倉敷紡績相談役。大阪経済大学元理事長
◎ 学者

・ 岸本忠三 - 元大阪大学総長
◎ 芸能

・ 東元 - 漫画家
・ オバチャーン - 平均66歳、日本最高齢を自称ご当地女性アイドルグループ
・ 大江千里 - アーティスト
・ 川村結花 - シンガーソングライター
・ 川島淳 - テレビ朝日元アナウンサー
・ 宮川泰 - 作曲家音楽家。『宇宙戦艦ヤマト』『ズームイン朝』『午後は○○おもいッきりテレビ』など
◎ スポーツ

・ 吹田俊明 - 元プロ野球選手(近鉄パールス、国鉄スワローズ)
・ 前田祐二 - 元プロ野球オリックス・バファローズ投手

「大阪府立富田林中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年11月26日2時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター