ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

泉陽(普通)


偏差値64( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)177.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 345位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 102位/1347校( 学科単位 )
大阪府 41位/422校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【大阪府立泉陽高等学校】
大阪府立泉陽高等学校(おおさかふりつせんようこうとうがっこう、英称:Osaka Prefectural Senyo Senior High School)は、大阪府堺市堺区にある公立高等学校。
概要 1874年に開設された女紅場の流れを汲んでいるが、創立は高等女学校に改編された1900年としている。現在の大阪府立大手前高等学校に次いで、大阪府内の高等女学校としては2番目に古い歴史を有する。なお、堺市から大阪府へ移管された経緯があるため、大阪府の所管としては5番目の府立高女となる。 学制改革においては、校名が重複する旧制中学校の大阪府立堺中学校(現・大阪府立三国丘高等学校)との間で、新制高校の校名に「堺」を付けることに関して調整が難航した。結果的に両校とも校名に「堺」を付けないことで合意し、当校の校名には堺の別称のひとつである「泉陽」が採用された。なお、府立の旧制中学と高女における校名重複は8事例(私立高女を含めると12事例)あったが、高女側が譲らなかった唯一の事例となった(私立高女は「学園」や「女子」などを付して重複回避)。原因のひとつに旧市街と旧村を明確に分ける堺の環濠都市としての性格があり、環濠内に堺高女、環濠外(旧・泉北郡向井町)に堺中学が立地していた。
沿革 ・ 1874年 - 開口神社に女紅場が開設される。
・ 1888年 - 堺区立堺女学校となる(この堺区は郡区町村編制法に基づくもので、現在の堺市堺区とは区域が異なる)。
・ 1889年 - 市制施行に伴い、堺市立堺女学校となる。
・ 1900年 - 高等女学校に改編され、堺市立堺高等女学校となる。
・ 1903年 - 現在地へ移転する。
・ 1911年 - 朝日新聞関西講演会により夏目漱石来校、「中身と形式」と題して講演を行う。
・ 1912年 - 堺市より大阪府へ移管され、大阪府立堺高等女学校に改称される。
・ 1922年 - 当時の同窓会愛泉会により堺愛泉女学校(現・愛泉学園堺リベラル中学校・高等学校)が設立される。
・ 1934年 - 室戸台風により校舎を損壊する。生徒が1名死亡する。
・ 1939年 - 泉北郡福泉町に農園を開設し、撫子寮(宿泊施設)を建設する(1949年に処分)。
・ 1945年 - 堺大空襲により大部分の校舎を焼失する。生徒1名が死亡する。
・ 1946年 - 大阪アルミニウム株式会社(現・日本軽金属)青年学校(現・イトーヨーカ堂津久野店敷地・宅地)を仮校舎とする。
・ 1948年 - 元の校地(現在地)へ復帰し、同時に隣地(宅地・墓地)を買収して拡張する。
・1948年4月1日 - 学制改革により大阪府立泉陽高等学校となる。大阪府立堺中学校(現・大阪府立三国丘高等学校)との間で教員・生徒を交流し男女共学となる。
・ 2002年 - 大阪府教育委員会からエル・ハイスクール事業の指定を受ける。
・ 2007年4月 - 公立高の新4学区制導入に伴い、通学区が拡大。第四学区となる。
最寄駅 ・ 南海高野線堺東駅
・ 阪堺電気軌道阪堺線花田口停留場
・ 南海本線堺駅
教育目標 ・底力のある生徒を育てる
・さまざまな困難な状況を前向きに乗り越えることのできる力を育てる
体育大会・文化祭 ・体育大会に特色がある。体育大会では1年生から3年生の全クラスを、各々4つの団(黄団、青団、緑団、赤団)に振り当て、その4つの団で点数を競い合う。
・毎年、体育大会の2ヶ月ほど前に、有志を募り「新団体競技」(通称・新団)というダンスを披露する団を各4つの団ごとに結成する。部活は休んではいけないというルールがあり、「新団」に加入した生徒は、部活と両立させながら練習している。また、「援団」という団も各団ごとに結成され、主に自分たちの団を応援する役に回る。援団長は、自分たちの団のトレードカラーの色のつなぎを着ることが慣例となっている
著名な出身者 ・ 友国晴子 - 教育者・親和女学校(現・神戸親和女子大学)創立者(堺女紅場)
・ 与謝野晶子 - 歌人 (女学校技芸科)
・ 由起しげ子 - 作家 (旧制16期)
・ 城みさを - さをり織りの創始者 (旧制30期)
・ 橋田壽賀子 - 脚本家(旧制41期)
・ 永田豊 - 元・東京大学理学部教授(併設24年卒)
・ 新井英生 - 歴史作家(高校3期)
・ 栂井丈治 - 関西テレビ・パンチDEデートプロデューサー(高校4期)
・ 中村大成 - 南海ホークス投手 / パシフィック・リーグ最優秀投手(高校6期)
・ 岩堂美智子 - 相愛大学人間発達学部教授・大阪市立大学名誉教授(高校13期)
・ 黒川芳朝 - 大阪府国際交流財団理事長・元大阪府教育長(高校13期)
・ ヒロコ・ムトー - 作家・作詞家(高校16期)
・ 松井昭憲 - 元・毎日放送アナウンサー(高校17期)
・ 藤井光男 - 弁護士、沖縄・石垣島初の公設法律事務所長として赴任(高校17期)
・ 源高志 - 放送作家・作家(高校18期)
・ 桧本多加三 - 雑誌「堺泉州」「堺人」編集長(高校18期)
・ 百田義治 - 駒澤大学経済学部教授(高校19期)
・ 4代目旭堂南陵 - 講談師(高校20期)
・ 大上留利子 - R&Bシンガー(高校21期)
・ 加藤光雄 - サッカー日本代表(高校23期)
・ 中野晴行 - ノンフィクション作家(マンガ研究家)(高校25期)
・ 玉置さよ子 - 福岡教育大学教育学部教授(高校26期)
・ 森川聡子 - アニメーター(高校27期)
・ 森井昌克 - 神戸大学工学部教授(高校29期)
・ 宮本充 - 舞台俳優・声優(高校29期)
・ 澤近泰輔 - ピアノ・シンセサイザー奏者、作・編曲家(高校29期)
・ 中西幹郎 - 防衛大学校応用科学群地球海洋学科助教授(高校30期)
・ 淡誠一郎 - 大阪学院大学情報学部教授(高校31期)
・ 渡辺美香子 - 色鉛筆画家 (高校31期)
・ 戒野敏浩 - 青山学院大学経営学部教授(高校31期)
・ 黄瀬浩一 - 大阪府立大学大学院工学研究科教授(高校34期)
・ 奥村正裕 - 北海道大学獣医学部教授(高校35期)
・ 矢吹寿秀 - NHK制作局チーフプロデューサー(高校35期)
・ 宮本雅巳-パティシエ TVチャンピオン 第6回ケーキ職人選手権チャンピオン(高校35期)
・ 沢口靖子 - 女優(高校36期)
・ 島岡大雄 - 東京地方裁判所裁判官(高校37期)
・ 田代純 - NHK大津放送局アナウンサー(高校37期)
・ 古崎康成 - テレビドラマ研究家、WEB「テレビドラマデータベース」作者(高校37期)
・ 森祐理 - NHK教育テレビ「ゆかいなコンサート」の元・歌のお姉さん、現在はゴスペルシンガー(高校38期)
・ 高橋雅英 - 京都大学化学研究所准教授(高校38期)
・ 西本哲也 - 川崎医療福祉大学医療技術学部准教授(高校39期)
・ 中川拓郎 - 大阪大学大学院理学研究科准教授(高校40期)
・ 石割隆喜 - 大阪大学大学院文学研究科准教授(高校41期)
・ 岡田忠克 - 関西大学人間健康学部教授(高校41期)
・ 岡本双美子 - 大阪府立大学地域保健学域准教授(高校41期)
・ 垣田裕介 - 大阪市立大学大学院生活科学研究科准教授(高校46期)
・ 清水健 - 元・讀賣テレビアナウンサー(高校47期)
・ 寺本勲 - 声優・ナレーター青二プロダクション所属(高校48期)
・ 西加奈子 - 小説家、「さくら」「きいろいゾウ」(小学館)等 (高校48期)
・ 石若雅弥 - 作曲家(高校52期)
・ 土井悠平 - 文化放送アナウンサー(高校59期)
・ ひきたま - シンガーソングライター
・ 平田晟 - 元プロ野球選手
・ 吉田定敬 - 元プロ野球選手
・辻茜 - ミュージカル俳優
出典 ・ 大阪府立泉陽高等学校九十周年誌
・ 大阪府立泉陽高等学校百周年誌
・ 増補改訂 漱石研究年表
・ 私の個人主義(ISBN 4061582712)

「大阪府立泉陽高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年9月25日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター