ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

今宮(総合)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 120位/1347校( 学科単位 )
大阪府 45位/422校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【大阪府立今宮高等学校】
大阪府立今宮高等学校(おおさかふりつ いまみや こうとうがっこう)は、大阪府大阪市浪速区戎本町にある公立の総合学科高校。明治末期(1906年)に11番目の府立中学校(旧制)として設立。太平洋戦争前に起源の府立高で唯一、初めて総合学科に改編され、知的障害生徒の「共生推進教室」設置校となっている。
概要 総合学科は単位制で、「個性の伸張」と「知性の育成」の2つを大きな柱としている。2年生から希望により5系列に分かれて学習する。計105講座、かつて「医薬学入門」「航空宇宙工学」など、大学との連携によって開設される理系科目も存在し、2010年(平成22年)度まで2期制も採用されていた。 共生推進教室は2020年(令和2年)4月に設置。知的障害生徒が他の生徒と共に学び、同じ学校生活を送る。共生推進教室1期生の様子は学校の専用ブログ発信されている。 そのほか、留学生の受け入れなどの教育活動も積極的に展開。また、「学校を美術館に」とのスローガンのもと、生徒の美術・書道・書画等の芸術作品が展示されている。 作品展示は、総合学科への改編をきっかけに誕生した。改編前、普通科として最後50期の女子が書道の授業中に“いたずら書き”した際、教諭が着色するよう助言。結果、文字を書くだけだった授業が創作の場に変わった。そして総合学科に改編後、減単位となった書道の授業を、創作を軸として美術・音楽と協力する「総合芸術」の授業に発展させたことで、学校全体として盛り上がるようになった。あわせて校長のアイデアをもとに、他校に比べ格段に広い玄関ロビーをはじめ校内の各所に、倉庫で眠っていた卒業生や在校生の優秀作品を展示。そのうちに家庭科で制作の被服や幼児玩具、産業社会と人間のレポートなども展示され始め、結果、承認欲求を満たしたい生徒の自己アピールの場となり、授業への関心も高まった。また、良い意味での教科間の競争を促す場にもなった。

■ 教育方針

・ 自主規制 - 生徒は自主自律の精神に基づいて、自らを自らで律する「自主規制」の精神で高校生活を行う。なお「全ての今宮生はこれを守る義務を負う」として、細かな具体を生徒手帳に記載されている。

■ 大学進学も低迷、復活かけ「今宮総合学科」
共生推進教室は特別支援学校の連携で設置する教室。いわゆるインクルーシブ教育の流れを受けてノーマライゼイションの理念のもと2006年(平成18年)度に制度化された。今宮のほかに芦間高校、久米田高校、金剛高校、千里青雲高校、信太高校、東住吉高校、枚岡樟風高校、北摂つばさ高校、緑風館高校の9校に設置されたが、いずれも太平洋戦争後の学制改革以降に新設された府立高校である。 同様の知的障害生徒自立支援コースは阿武野高校、園芸高校、貝塚高校、柴島高校、堺東高校、西成高校、枚方なぎさ高校、松原高校、八尾翠翔高校の9校に開設されたが、共生推進教室と同じく、設置校はいずれも戦後に新設の府立高のみ、卒業生の年次(本来75期)さえ引き継がぬほど伝統校意識を捨てて「今宮総合学科」への改編に臨んだ背景には、「往時を知る卒業生から(難関大学)進学や部活動の実績を尋ねられるのが歴代校長の憂鬱の種」となっていたほど、大幅な低迷があったが、その後も大幅に低迷。「偏差値(輪切り)に基づく」「不本意な入学」の生徒が多く、生徒の学習活動・意欲や学校行事まで活気が無くなっていた)。翌4月に開校し、4月22日に第一回入学式が実施された。馬渕町校舎は仮校舎の扱いで、1907年より南区宮津町にかけ拡張(1907年9月10日文部省告示第236号)して校舎新築工事が行われ、翌1908年3月25日に移転した(現在地)。 太平洋戦争後の1948年(昭和23年)の学制改革により大阪府立今宮高等学校が発足した。同年5月28日に大阪府立泉尾高等学校(旧・泉尾高等女学校)と、次いで同年6月15日に大阪市立南高等学校(旧・南高女)と男女生徒・教職員を交流(入れ替え)して男女共学となった。

■ 定時制の伝統、今宮工科高に継承
1941年今宮中の構内に各種学校「大阪府立今宮夜間中学校」が併設。翌1942年中等学校令に基づき「大阪府立今宮第二中学校」と改称された。 戦後の学制改革に伴い今宮高校の定時制となり、夜間課程と称した。1950年に定時制課程と改称し、普通科を設置した。 平成時代に入り少子化に伴い、全日制課程に続き定時制も大幅な再編を大阪府が打ち出し、1995年に今宮をはじめ和泉高校・勝山高校・高津高校・佐野高校・守口高校(現・芦間高校)の計6校の定時制の統廃合が発表された。反対運動なども起こったが覆らず、定時制は1996年以降の募集を停止し、1998年3月に廃止(閉課程)となった。 なお、同時期にJR大阪環状線を挟み対面の大阪府立今宮工業高等学校(現・今宮工科高校、西成区)定時制に普通科が併設され、今宮高校定時制の実質的な後継と位置づけられた。なお後に今宮工科の定時制も普通科と工業科を統合・再編し、同じく総合学科となっている。

■ 西成特区「小中高12年間一貫校」構想
また、2000年代に大阪市立今宮小学校・大阪市立弘治小学校・大阪市立萩之茶屋小学校の3校が1学年1学級だけの小規模校となったため、大阪市立今宮中学校を含め4校で「いまみや中高一貫校」として統廃合が決まった。その際、一部の弁護士が、橋下徹大阪市長の掲げる「西成特区構想」に絡めて廃校に反対の運動を起こした。それに対し橋下市長は今宮高校を念頭に「いっそのこと小中高一貫校としてもっとポジティブなスーパーエリート校にしては」と述べた。 これを受けて大阪市教育委員会も「地元の府立今宮高に進学できる特別枠の設定についても検討を進めている」と述べ、「保護者の支持も得られるはず。府教委と協議したい」とコメント。実現すれば全国初の「公立の小中高12年間一貫校」となる。

■ 年表

・ 1906年(明治39年) - 3月9日、南区馬渕町に旧制中学校「大阪府立今宮中学校」開校を認可。4月22日、第1期生150名が入学。校訓を「誠実剛毅」とする
・ 1907年 - 9月10日、南区宮津町に移転認可
・ 1908年 - 3月25日、校地を移転(現在地)
・ 1933年(昭和8年) - 10月28日、鉄筋コンクリート製の校舎が竣工
・ 1942年 - 3月6日、夜間中学校(旧制)認可。4月1日、「大阪府立今宮夜間中学校」開校
・ 1943年 - 夜間中学が「大阪府立今宮第二中学校」となる
・ 1944年 - 太平洋戦争の影響により、以降勤労動員。校庭を畑として開墾し、校舎の一部も兵舎に転用
・ 1947年 - 校訓に「和親協同」を追加
・ 1948年 - 戦後の学制改革により新制の高等学校「大阪府立今宮高等学校」に改編。全日制課程(旧制今宮中学校を母体)と夜間課程(旧制今宮第二中学校を母体)を併設(両課程とも普通科)。大阪府立泉尾高等学校と大阪市立南高等学校と3校で生徒を交流、男女共学制を実施
・ 1950年 - 夜間課程を定時制課程に改称
・ 1959年 - 国道26号の拡幅により学校敷地減少。校門および学校西側の塀が数メートル東に移動
・ 1971年 - 新プール完成
・ 1973年 - 4月、制服を自由化
・ 1976年 - 新体育館が完成(現在も使用)
・ 1995年(平成7年) - 新校舎落成。9月22日、総合学科高校への改編が発表
・ 1996年 - 4月、総合学科高校へ改編。校訓に「輝け個性」を追加
・ 1998年 - 3月31日、定時制課程が閉課程。校訓に「磨け知性」を追加
・ 2002年 - 2期制を導入
・ 2003年 - 大阪府教育委員会のエル・ハイスクール事業に指定される(2007年度まで5年間)
・ 2011年 - 3期制に変更
・ 2020年(令和2年) - 4月、知的障害生徒を受け入れる「共生推進教室」設置
基礎データ ■ 交通アクセス

◎ 鉄道

・ 南海電鉄(南海本線・高野線)、JR西日本(大阪環状線・大和路線)新今宮駅より北西へ約300m
・ Osaka Metro(御堂筋線・四つ橋線)大国町駅より南へ約300m
・ JR西日本(大阪環状線・大和路線)今宮駅より南東へ約600m
・ 南海電鉄(高野線)今宮戎駅より南西へ約600m
・ Osaka Metro(堺筋線)恵美須町駅(4号出入口)より南西へ約900m
・ 阪堺電鉄(阪堺線)恵美須町停留場より南西へ約900m

■ 象徴

◎ 校章
校章は旧制中学校の「中」を表す六稜に「今」を図案化したもので、左右に付した四本線は「(大阪)市内第四中学」を表している。 なお、第五(尋常)中学校として創立の天王寺高校の校章は、旧制中学の「中」を表す六稜に「天」で、左右に付した二本線は「(大阪)市内第二中学」を表している。 同じく今宮より先に開校し硬式野球部で著名な市岡高校の校章は、旧制中学の「中」を表す六稜に「市岡」をしたもので、左右に付した三本線は「(大阪)市内第三中学」を表している。
◎ 制服
1973年に服装の自由化を実施。校則ではなく服装自主規制を定めており、生徒自身による風紀の是正を行っている。規定によると学生服は制服ではなく標準服で、卒業式をはじめ式典等で着用する。
部活動 ・ 硬式野球部 - 1947年、第19回選抜中等学校野球大会に出場。野球部長(顧問教諭)は庄野潤三(のちの芥川賞作家)。秋季高等学校野球大会では、2015年の大阪府予選で総合学科高校で初のベスト16。翌2016年もベスト8となり、21世紀枠候補に選出。
・ 水球部 - 大阪府下では高校5校だけに存在するクラブ。大阪選抜にも数名が選出。
・ ダンス部 - 『夏の日本高校ダンス部選手権』全国大会において、2014年全国優勝。2009年、2012年、2013年、2015年、2016年、2017年優秀賞。
・ 放送部 - 1996年度NHK杯全国高校放送コンテストに大阪代表として出場。
学校施設 校舎は1995年(平成7年)に竣工した。屋上に開閉ドーム式のプールがあるが、装置の故障で開かなくなっている。 建て替え前の鉄筋コンクリート製校舎は太平洋戦争前の1933年(昭和8年)に竣工。 柱やレンガの階段に縦の線が強調された近代的なデザインだった。 終戦1945年(昭和20年)直後の10月16日には、枕崎台風で9月18日に被災した府立市岡中(現大阪府立市岡高等学校)の仮校舎として、一部教室を貸し出している(同年11月6日まで。 翌1946年6月27日には、アメリカなど占領軍GHQがプールとその周辺の校庭を接収し、進駐軍専用の建物を建設した。プールと校庭は1951年10月19日に返還されている。 なお、大戦末期1945年3月13日の第一次大阪大空襲では、柔剣道場や食堂などを焼失。同年6月26日には今宮駅付近に落下した爆弾の爆風により、校舎の窓ガラスを破損される被害も受けている。

■ 周辺施設
学校東側に大阪市立木津中学校が隣接。西側の国道26号線を挟み、なにわ生野病院と大阪市立大国小学校が対面にある。 卒業生で元ガイナックス社長の岡田斗司夫(高29期)は、学校周辺について、「近所の駄菓子屋でミリンダを飲んだ」以外「コーヒーだけ飲むために(隣の駅の)天王寺(駅)へ行った」り、「南海新今宮駅内の『ゑびすソバ』」で食べたりしたほどに「近所には気のきいた店がなかった」。そのほか、「日本で一番安く靴が買える商店街」や「真昼間から酒を飲んでるあいりん地区のおっちゃん」、今高祭で仕入れに行った「お菓子が卸値で買える店」や校舎からいつも見える通天閣が日常風景であり、「ホームレスのおっちゃんに焼き討ちされ校舎裏が焦げ」たり、「文化祭の模擬店で安いコーヒーを出すとホームレスの溜まり場」となり、「先生が苦労して説得して出て行ってもらった」という。
不祥事 ■ 事務長が教材・修学旅行費500万円横領
生徒の保護者から預かった教材費や修学旅行代などを、事務長が横領。校長室で保管する印鑑を無断で使い学校の預金口座から引き出し、請求書などを偽造して発覚を遅らせていた。被害は約500万円に上る。

■ 生徒2,423人に「指導漏れ」
2019年(平成31年)1月、理科の「科学と人間生活」について指導漏れが発覚した。国(文部科学省)の学習指導要領について、教員が認識不十分で、校長の指導も不十分なために発生。これを機に全府立高で調査したところ、河南高校と東住吉高校でも発覚し、指導を受けなかった生徒は計2,423人に上った(卒業生1,238人、在校生1,185人)
高校関係者と組織 ■ 関連団体

・ 自彊会 - 同窓会。構内に「自彊会館」という建物を所有している。自彊会館は、特別授業や文化祭などでも幅広く利用され、昼休みには軽音エレキ部による演奏会が開かれている。

■ 高校関係者一覧

◎ 政治・行政

・ 石井卓雄(中期) - 大日本帝国陸軍少佐。第二次世界大戦後はベトナム独立のためベトナム独立戦争に参加し戦没
・ 大倉真隆(中12期) - 日本輸出入銀行総裁。元大蔵事務次官
・ 清水義人 - 公明党大阪府本部副幹事長
・ 徳田虎雄(高9期) - 政治家。衆議院議員、政党自由連合代表。医師
◎ 経済

・ 入江伸(中27期) - 伸学社塾長
・ 大川功(中25期) - CSK創業者。セガ会長など
・ 小濵裕正(高11期) - ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス相談役。日本チェーンストア協会会長
・ 端田泰三(中34期) - 富士銀行元頭取
・ 八田竹男(中22期) - 吉本興業元社長
・ 朴正凖 - 三進金属工業創業者
・ 領木新一郎(中37期) - 大阪ガス元会長
◎ 学者

・ 神田貞之助(中22期) - 神戸大学名誉教授
・ 芝本武夫(中13期) - 東京大学名誉教授
・ 丹羽貴知蔵(中17期) - 北海道大学名誉教授
・ 萩原雄祐(中4期) - 天文学者。文化勲章受章
・ 福井謙一(中26期)- 京都工芸繊維大学元学長。1981年ノーベル化学賞受賞
・ 堀尾正雄(中13期) - 京都大学名誉教授
・ 水野正好 - 考古学者。奈良大学元学長
・ 森野米三(中16期) - 構造科学、文化勲章受章
・ 諸熊奎治(高5期) - 理論化学者
・ 山口次郎(中12期) - 摂南大学学長(第2代)
◎ 文芸

・ 飯田信夫(中11期) - 作曲家
・ 伊原宇三郎(中5期) - 画家
・ 今江祥智(高2期) - 児童文学者
・ 金城宗幸(総合学科8期) - 漫画原作者。窪田正孝・永野芽郁主演フジテレビ系ドラマにもなった『僕たちがやりました』など
・ 川上徹也(高31期) - コピーライター。ビジネス作家
・ 高橋和巳(中39期) - 小説家、中国文学研究者
・ 武田麟太郎(中12期) - 作家
・ 田中徳三(中28期) - 映画監督
・ 淡徳三郎(中10期) - 社会評論家。京都学連事件、三・一五事件で検挙
・ 津村記久子(高48期) - 作家、芥川賞受賞
・ 藤沢桓夫(中12期) - 作家
・ 町田康(高32期) - 小説家。芥川賞受賞
◎ 芸能

・ 秋田實(中13期) - 漫才作家
・ 尹惟久(伊原剛志、高34期) - 俳優
・ 烏川耕一(高43期) - 芸人(吉本新喜劇)。ラグビー部で、SHINGO☆西成と同期
・ 内田和男(高31期) - アナウンサー
・ 岡田斗司夫(高29期) - 元ガイナックス社長。オタク学
・ 小川勝広(高37期) - 映画プロデューサー
・ 金山康喜(中34期) - 画家
・ SHINGO☆西成(高43期) - ヒップホップMC
・ 趙博 - 在日韓国人ミュージシャン。「ちょう・ぱぎ」「浪花の唄う巨人・パギやん」名で活動
・ 西本智実(高41期) - 指揮者
・ 林健(高49期) - お笑い芸人「ギャロップ」
◎ スポーツ

・ 戸田忠男 - 剣道範士
◎ 教職員

・ 折口信夫 - 詩人・歌人「釈迢空」。国漢科教員(在職1911年10月-1914年3月)
・ 庄野潤三 - 作家。歴史(社会科)教員(在職1945年9月-1949年3月)
・ 肥下彰男 - 反貧困・人権教育で著名
◎ そのほか関係者

・ 大西睦子 - 料理人(鯨料理店「徳家」)、NPO「クジラ食文化を守る会」オブザーバー(中退)
・ 林家染丸 - 落語家(中退)
・ 辰巳典子 - 女優(中退)

「大阪府立今宮高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年11月26日23時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター