ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

盛岡工業(全科)


偏差値44( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)102.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 4159位/7791校( 学科単位 )
東北地方 371位/759校( 学科単位 )
岩手県 40位/108校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【岩手県立盛岡工業高等学校】
岩手県立盛岡工業高等学校(いわてけんりつもりおかこうぎょうこうとうがっこう,)は、岩手県盛岡市に所在する県立工業高等学校。「盛工」(もりこう)の通称で呼ばれている。
概要 ◇ 歴史 : 1898年(明治31年)に「岩手県実業学校」として開校。2013年(平成25年)に創立115周年を迎える。 : 工部省赤羽工作分局より機械工場とともに引き継がれた「菊花御紋章付平削盤」は、日本機械学会「日本の工作機械100選」に認定され、国の重要文化財として愛知県犬山市の博物館明治村に寄託・展示されている。
◇ アクセス  : 岩手県交通が運行している。以下の路線バスに乗車。 :
・ 「盛岡工業高校前」下車。※は終点の路線 :
 ・ 盛岡駅(東口13番のりば)・盛岡バスセンターより「501 羽場線」 :
 ・ 松園バスターミナル・盛岡バスセンターより※「319 松園羽場線」 :
 ・ 都南バスターミナル・飯岡駅前より※「支線バス 盛岡工業コース」 :
・ 盛岡駅東口13番のりばより、「上湯沢」下車。徒歩5分。○は14番のりばからの路線 :
 ・ 「504 本宮線」 :
 ・ 「505・506 飯岡線」 :
 ・ ○「510 南インター経由川久保線・矢巾営業所行」 : 盛岡南ICより車で約10分。
◇ 校訓 : 「質実剛健」
◇ 教育目標
・ 科学性と創造性の陶冶
・ 勤労精神と責任感の高揚
・ 敬愛と互助精神の涵養
◇ 校章 : 桐紋の上に、「高」の文字を置いている。 由来︰たくましく成長する南部桐のように、寒風にも負けず、雄々しく活躍し、学業や技術の修得に弛まぬ精進を続ける本校生徒の意欲と刻苦、研鑽を象徴するもの。
◇ 校歌
・ 1928年(昭和3年)に制定。作詞は土井晩翠、作曲は山田耕筰による。歌詞は3番まである。また校歌とは別に第一から第七までの応援歌、および盛工応援団節がある。 【岩手県立盛岡工業高等学校 校歌】 1.大空に岩手聳えて 大原を北上走る 東北の郷のもなか 工業の教への庭に 集まれる子弟幾百 ああ健児勉めざらめや 2.厚生と利用のみちに 目にふるゝ文化の器 目に見えぬ理想をおはん 高くして遠き未来の あこがれも嬉し青春 ああ健児勉めざらめや 3.紅の頬の光の さめぬ間に業にいそしみ 身をたてゝ家を治めて 國に世につくさん願ひ 向上の一路辿りて ああ健児勉めざらめや
沿革 ◇ 旧制・工業学校
・ 1897年(明治30年)3月29日 - 「岩手県実業学校」の設立が文部大臣に認可され、教室・木工場と付属建物が盛岡市内丸に完成。
・ 1898年(明治31年)
 ・ 3月19日 - 徒弟学校規程に基づき校則を制定。金工科と木工科の生徒を募集。
 ・ 5月9日 - 授業を開始。
 ・ 12月10日 - 開校記念式典を挙行。
・ 1901年(明治34年)
 ・ 2月 - 工業学校規程に基づき、「岩手県工業学校」と改称。本科、乙科、別科のそれぞれに金工科、木工科を設置。
 ・ 6月 - 「岩手県立工業学校」と改称(県の後に「立」を加える)。
・ 1904年(明治37年)2月16日 - 校則の改正により、乙科を廃止し、本科と別科のみとする。本科の金工科と木工科を機械科と建築科に改称。別科に漆工科を増設。
・ 1908年(明治41年)
 ・ 4月 - 別科漆工科を廃止。
 ・ 12月10日 - 教職員・生徒の拠出金により校旗を作製。
・ 1915年(大正4年)10月 - 建築工場と建築材料庫を増築。
・ 1923年(大正12年)1月 - 別科を廃止し、新たに土木科を増設。
・ 1928年(昭和3年)8月 - 校歌を制定。
・ 1935年(昭和10年)4月1日 - 別科を復活させ、金工科と木工科を増設する。
・ 1937年(昭和12年)
 ・ 4月4日 - 機械建築工場以外のすべてが上田新校舎に移転。応用化学科を増設。
 ・ 10月1日 - 臨時工業技術養成の目的とした第二部機械科を新設。
・ 1938年(昭和13年)4月 - 別科を専修科に改称。
・ 1939年(昭和14年)4月1日 - 県立工業学校の新設に伴い、「岩手県立盛岡工業学校」と改称。
・ 1940年(昭和15年)3月 - 新たに5年制を併設。機械科卒業生の寄贈により建築製図室と普通教室を増築。
・ 1941年(昭和16年)3月31日 - 第二部機械科と専修科を廃止。
・ 1943年(昭和18年)4月1日 - 応用化学科を工業化学科に改称。
・ 1946年(昭和21年)3月27日 - 3年制度を廃止し5年制度のみとする。
・ 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)
 ・ 工業学校の生徒募集を停止。
 ・ 新制中学校を併設(名称:岩手県立盛岡工業学校併設中学校、以下:併設中学校)し、工業学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として収容。
 ・ 併設中学校はあくまで暫定的に設置されたもので、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
 ・ 工業学校3・4年修了者は、そのまま工業学校4・5年生として在籍。
◇ 新制・工業高等学校
・ 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、工業学校は廃止され、新制高等学校「岩手県立盛岡工業高等学校」が発足。
 ・ 工業学校卒業生を新制高校3年生として、工業学校4年修了者を新制高校2年生として編入。
 ・ 併設中学校卒業生を新制高校1年生として収容。
 ・ 併設中学校は継承され(名称:岩手県立盛岡工業高等学校併設中学校)、その在校生は1946年(昭和21年)に工業学校へ入学した3年生のみとなる。
・ 1949年(昭和24年)
 ・ 3月31日 - 最後の卒業生を送り出し、併設中学校を廃止。
 ・ 4月1日 - 高校三原則に基づく公立高等学校の再編により、総合制高等学校「岩手県立高松高等学校」と改称。普通科を増設し、男女共学を開始。校章を改定。
・ 1953年(昭和28年)4月1日 - 「岩手県立盛岡工業高等学校」(現校名)に復称。普通科は存続。
・ 1955年(昭和30年)4月1日 - 定時制課程機械科を設置。
・ 1958年(昭和33年)
 ・ 4月1日 - 岩手県美術工芸高等学校の廃止に伴い、工芸科を新設し、美工分校舎で授業を開始。
 ・ 10月10日 - 創立60周年を記念し、グラウンドを拡張。
・ 1959年(昭和34年)
 ・ 4月7日 - 電力科と電気通信科を設置し、美工分校舎で授業を開始。
 ・ 5月 - 上田神庭山に寄宿舎を新設し、入舎を開始。
 ・ 8月19日 - 火災により、講堂と家庭科教室を消失。
・ 1960年(昭和35年)12月25日 - 工芸科の校舎が完成し、美工分校舎からの移転を完了。
・ 1961年(昭和36年)3月 - 体育館が完成。
・ 1962年(昭和37年)10月 - ラグビー部、第17回国民体育大会(岡山県)で優勝。
・ 1963年(昭和38年)4月1日 - 学科改編
 ・ 機械科と工業化学科の編成を各2学級とする。
 ・ 電力科を電気科に、電気通信科を電子科と改称。
 ・ 定時制課程に電気科を新設。
・ 1964年(昭和39年)5月25日 - 建築科と工業化学科に実習棟を増築。
・ 1966年(昭和41年)
 ・ 1月 - ラグビー部、第45回全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝。
 ・ 3月31日 - 普通科を廃止。
・ 1968年(昭和43年)4月1日 - 工芸科を募集停止し、デザイン科を新設。
・ 1970年(昭和45年)
 ・ 4月 - 紫波郡都南村大字羽場字松崎に新校舎が完成し移転。
 ・ 10月 - ラグビー部、第25回国民体育大会(岩手県)で優勝。
・ 1971年(昭和46年)1月 - ラグビー部、第50回全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝。
・ 1973年(昭和48年)
 ・ 3月31日 - 校地の東端に寄宿舎を新築し、入舎を開始。
 ・ 4月 - 工業化学科を1学級減じ、情報技術科を新設。
 ・ 8月13日 - プールが完成。
・ 1981年(昭和56年)
 ・ 4月 - 定時制課程機械科に技能連携制度を新設。
 ・ 8月 - 野球部が岩手県代表として第63回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)に初出場。
・ 1982年(昭和57年)
 ・ 3月 - 庭球コート用地に第二体育館が完成。
 ・ 8月 - 野球部が第64回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)に2年連続で出場。
・ 1989年(平成元年)
 ・ 3月21日 - 校地の東端に合宿所「桐工会館」が完成。
 ・ 4月1日 - 機械科を1学級減じ、電子機械科を新設。
・ 1992年(平成4年)4月1日 - 盛岡市と都南村の合併により、学校所在地の表記が盛岡市羽場第18地割11番地1に変更となる。
・ 1994年(平成6年)
 ・ 3月 - 家庭科実習棟が完成。
 ・ 4月1日 - 学科改編により、定時制課程の機械科と電気科の生徒募集を停止し、定時制課程工業科を新設。
 ・ 11月 - 校舎大規模改造工事を開始。
・ 1997年(平成9年)
 ・ 3月31日 - 定時制課程機械科と電気科を廃止。
 ・ 8月 - 機械科実習棟を改築。
・ 1999年(平成11年)
 ・ 2月 - ウェイトリフティング場が完成。全天候に対応できるテニスコートを整備。
 ・ 3月 - 情報技術科実習棟と工業化学科実習棟、プールを改築。
・ 2000年(平成12年)
 ・ 3月21日 - 創立100周年を記念し「盛工百年館」が完成。
 ・ 3月27日 - 建築科・土木科・デザイン科実習棟を改修。
 ・ 3月31日 - 太陽光発電装置を設置。
・ 2001年(平成13年)6月22日 - 所蔵の菊花御紋章付門形平削盤(明治12年、工部省赤羽工作分局製)が国の重要文化財の指定を受ける。
・ 2003年(平成15年)4月1日 - 電子科と情報技術科の生徒募集を停止し、電子情報科を新設。
・ 2005年(平成17年)3月31日 - 電子科と情報技術科を廃止。
・ 2008年(平成20年)4月1日 - 建築科とデザイン科の生徒募集を停止し、建築・デザイン科を新設。
・ 2009年(平成21年)4月-ウエイトリフティング場に隣接した室外トイレ完成。
・ 2010年(平成22年)3月31日 - 建築科とデザイン科を廃止。
部活動 :部活動が盛んであり、ラグビー・アマチュアレスリング・ウエイトリフティング・スケートなど全国大会でも活躍している。特に盛岡工業高等学校ラグビー部は、現在までに35回の全国高等学校ラグビーフットボール大会への出場と2度の全国制覇を果たしている強豪校である。
◇ 運動部
・ 陸上競技部
・ 硬式野球部
・ バスケットボール部
・ バレーボール部
・ ラグビー部
・ 柔道部
・ 水泳部
・ 登山部
・ スキー部
・ スケート部
・ 硬式テニス部
・ ソフトテニス部
・ レスリング部
・ アーチェリー部
・ 卓球部
・ ウエイトリフティング部
◇ 文化部
・ 吹奏楽部
・ 茶華道部
・ 化学部
・ 写真部
・ アマチュア無線部
・ 美術部
・ 演劇部
・ 文学部
・ 天文部
・ マイコン部
・ 自動車部
・ 囲碁将棋部
・ ギター同好会
著名な出身者 ・ 佐藤良一 - 元プロ野球選手
・ 田鎖博美 - 元プロ野球選手
・ 小田英明 - 元プロ野球選手
・ 高橋幸二 - 元プロ野球選手
・ 加賀元 - 元プロ野球選手
・ TAKAみちのく - プロレスラー
・ Hi69 - プロレスラー
・ 佐々木大地 - プロレスラー
・ 中村圭吾 - プロレスラー
・ 佐々木功 - 陸上選手
・ 小野寺政人 - ラグビー選手
・ 笹田学 - 元ラグビー日本代表選手
・ 小原義巧 - ラグビー選手
・ 川崎清純 - ラグビー選手
・ 川崎龍清 - ラグビー選手
・ 七戸昌宏 - ラグビー選手
・ 高城良太 - ラグビー選手
・ 瀧澤陽兵 - ラグビー選手
・ 佐々木和樹 - ラグビー選手
・ 高城佑太 - ラグビー選手
・ 楢山直幸 - ラグビー選手
・ 藤原誠 - ラグビー選手
・ 細川諭 - ラグビー選手
・ 田村正彦 - 八幡平市長
・ 横澤高徳 - 参議院議員、チェアスキー選手
・中嶋英夫- 元衆議院議員(旧制)

「岩手県立盛岡工業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年12月6日2時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島