ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

清風南海(3ヵ年特進)


偏差値71( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)203.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 33位/7791校( 学科単位 )
近畿地方 12位/1347校( 学科単位 )
大阪府 5位/422校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【清風南海中学校・高等学校】
清風南海中学校・高等学校(せいふうなんかい ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府高石市綾園に所在する、中高一貫教育を実施する併設型の私立中学校・高等学校。
概要 学校法人清風南海学園が設置する男女共学校である。中学校から入学した内部進学の生徒と、高等学校から入学した外部進学の生徒とを、混合せず分離したままクラスを編成する併設型中高一貫校(内外分離クラス編成)形態の運用を実施。 教育方針、行事など、清風中学校・高等学校と重なる部分が多い。仏教の戒律に基づく厳格な学則があり、罰則を犯した生徒は写経を課され、改悛を求められることがある。

■ 建学の精神

・ 徳・健・財、三拍子をそろった姿でルールを守り、世の中のために尽くす人間となるために、勤勉努力する理想的な人物を育成する。

■ 教育方針

・ 勤勉と責任とを重んじ、自立的精神を養うと共に、明朗にして誠実、常に希望の中に幸福を見出し、社会の全てから「安心」と「尊敬」と「信頼」の対象となり、信用される人物を育成するため、仏教を中心とした宗教による教育を実施する
◎ ロゴマーク
2023年、創立60周年を記念してロゴマークを制定し、学園で行う行事・活動及び使用する教材・用具・制服等において使用する。清風南海学園の頭文字である「S」及び「N」を核とし、学園で学ぶ生徒をSNから伸びる月桂樹の若葉に見立てて表現し、時を経て学園で成長し外に向かって伸びる様子を月桂樹の葉で表現する。
◎ 校歌
校歌については、作詞は平岡宕峯、作曲は四至本藤枝であり、歌詞は4番まである。清風中学校・高等学校と同じ校歌であるについては、スポーツ庁及び文化庁の部活動の在り方に関する総合的なガイドラインに準拠して、週当たり3日以上(平日は2日以上、土曜日及び日曜日は1日以上)の休養日を設けており、活動日を週2日または週3日に設定する部活動が多い。 文化部は中高合同かつ男女合同の部が多いが、中学校のみ・高校のみの部や、男女いずれかのみの部もある。
・中学は体育部:10部、文化部:10部
・高校は体育部:12部(高校のみは3部)、文化部:11部(高校のみは1部)

■ 運動部


■ 文化部
不祥事 ・ 2007年には、文部科学省から履修漏れの通達がなされた。これを受け、学校側は時間割を例年平日60分×6時限、土曜日60分×3時限であったのを平日50分×7時限、土曜日50分×4時限に変更した。
関係者と組織 ■ 関係者組織

・ 金剛会 - 清風南海学園の同窓生による同窓会組織で、学園内に事務局を置く。
 ・ 東京金剛会 - 首都圏に在住する清風南海学園出身者を対象とした同窓会組織。
・ 清風南海学園教育後援会 - 1988年、学園の教育に関して後援をし、その発展に寄与する事を目的として発足。保護者のみによる団体で、教職員とは独立して、教育及び教育環境の充実の為に、学園に協力する。学校運営には一切関与出来ない後援会のみが設けられ、PTAは設置されていない。

■ 著名関係者

◎ 出身者
対外関係 ■ 系列校

・ 清風中学校・高等学校
・ 清風情報工科学院

■ 海外姉妹校

・ - 1983年4月、姉妹校提携締結
・ - 1984年4月、姉妹校提携締結
・ - 1985年4月、姉妹校提携締結
・ - 1985年10月、姉妹校提携締結
・ 北京大学附属中学 - 1997年4月、姉妹校提携締結

「清風南海中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2024年4月15日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター