ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

関西大学第一(普通科)


偏差値67( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)188.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 137位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 44位/1347校( 学科単位 )
大阪府 17位/422校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【関西大学第一中学校・高等学校】
関西大学第一中学校・高等学校(かんさいだいがくだいいちちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府吹田市山手町三丁目にある私立中学校・高等学校。関西大学併設の中高一貫校である。全日制普通科。男女共学。
概要 関西大学併設の実業学校として、1913年に大阪市北区(現在の福島区)上福島に創立された「関西甲種商業学校」が起源。 校名の「第一」は、戦前に夜間部の第二商業学校を併設していたことに由来する。ただし第二商業学校は戦時中に廃校となったため、同校の後身校は存在しない。 開校以来男子校であったが、1995年4月の中学校共学化に伴い、1998年4月から高等学校も共学となった。高等学校でも生徒募集があり、定員は中学校250名、高校は450名(10クラス、うち男子のみのクラスが2クラス存在したが、男子クラスは現在廃止)。 例年10クラスのうち、おおよそ8クラスの学生は関西大学に内部進学。1クラスは国公立大学に現役で進学。残り1クラスはそれ以外の進路となる。 大学併設校の利点を生かした高大連携プログラムが実施されている。 最寄駅は阪急電鉄千里線 関大前駅。南改札を出て南にある校門まで徒歩1分。
沿革 ・ 1913年 - 大阪市北区上福島に私立関西甲種商業学校が開校。
・ 1924年 - 関西大学第二商業学校開校により、関西大学第一商業学校に校名変更。
・ 1944年 - 第二商業学校廃校。
・ 1947年 - 学制改革により、新制の関西大学第一中学校が設置される。
・ 1948年 - 学制改革により、新制の関西大学附属第一高等学校が設置される。
・ 1952年 - 関西大学第一高等学校に改称。
・ 1953年 - 天六学舎から現在地に移転。
・ 1995年 - 関西大学第一中学校、共学化。
・ 1998年 - 関西大学第一高等学校、共学化。
中学校 ■ システム
毎学年末には各教科の成績が5段階評価で出される。その評価の3年分の平均値が2.0未満だと高校へ進学することはできない。その規則により、毎年数名が他の高校への進学を余儀なくされている。
高等学校 各学年10クラス編成。毎年クラス替えがある。 高等学校では2年から「文Iコース」「文IIコース」「理コース」に分かれる。 文IIコースは共学1クラスで、理コースが3ないし2クラス、文Iクラスが6ないし7クラスとなる。理コースと文IIコースの選抜に漏れた場合は文Iコースとなる。3年への進級時にコース変更はできない。 理コース志望の生徒が学年全体の30%に満たない場合は2クラス編成となるが、関西大学へ理科系として進学する生徒が少なく、関大側が理科系の生徒を欲しがっているため、許容範囲であれば少々無理にでも理コースを3クラス編成にしようとしているのが実情ではある。 1年生では、入学直後に広島県福山市沼隈町のみろくの里へ宿泊研修で行くことになっている。1年間の成績で1単位以上16単位以下落とすと、教科ごとに追認定課題を渡される。この課題を規定時間内(およそ4日)にこなせない、もしくは不備・欠如があった場合、あるいは誰かの協力を得たことが発覚した場合には留年(この学校では「留級」と呼称されている)となる。また17単位以上落とすと、無条件で留年となる。 関西大学への進学率は毎年およそ95%(ただし3年生全生徒のうち、内部推薦入試を受けた生徒の進学率)である。 内部進学との併願は国公立大学に限られる。国公立大学進学への指導にも力を入れており、2017年度には京都大学、大阪大学、大阪教育大学、神戸大学、大阪府立大学、大阪市立大学等への現役合格者を40名以上輩出している。
校舎設備 2007年6月に、高等学校の2階入り口に大きなオルゴールが設置され、始業前や昼休みに鳴らしている。価格はおよそ300万円。収録曲は「ノクターン第二番」「美しく青きドナウ」「みかんの花咲く丘」「花」「乾杯の歌(椿姫)」「浜辺の歌」「春(四季)」などである。 高等学校運動場は2007年初頭に人工芝化された。
クラブ活動 1998年硬式野球部の第70回選抜高等学校野球大会での準優勝、アメリカンフットボール部全国二連覇(1997年、1998年)をはじめ、日本拳法部の全国高等学校日本拳法選手権大会優勝11回、サッカー部の全国高校選手権ベスト4(2009年度)・インターハイベスト16(2004年、2006年)、水泳部の全国大会出場など、全国大会で活躍するクラブが多数ある。フェンシング、ヨット、アイスホッケーといった珍しいクラブも存在する。
著名な卒業生 ■ 政治・行政

・ 北川知克(元衆議院議員、元環境副大臣)
・ 前川清成(元参議院議員、弁護士)
・ 北川法夫(元寝屋川市長、元大阪府議会議員)
・ 西野修平(大阪府議会議員)

■ 経済

・ 林弘高(吉本興業社長、太泉映画社長)
・ 土居君雄(カメラのドイ創業者)
・ 永尾俊一(白ハト食品工業代表取締役)
・ 嵜本晋輔(株式会社SOU代表取締役社長)

■ 文芸

・ 井上友一郎(作家、「都新聞」記者、日本文藝家協会理事)

■ 芸能

・ 辰巳柳太郎(俳優)
・ 丸尾長顕(宝塚少女歌劇団(現・宝塚歌劇団)機関誌「歌劇」編集長、「婦人画報」編集長)
・ 山本麗晃(観世流能楽師)
・ 稀羽りんと(宝塚歌劇団雪組)
・ 若本規夫(声優)
・ 口笛太郎(口笛奏者)
・ 柴田徹也(作曲家)
・ 幹てつや(お笑い芸人)
・ 後藤淳平(お笑いタレント、ジャルジャル)
・ 福徳秀介(お笑いタレント、ジャルジャル)
・ ガリガリガリクソン(お笑いタレント)
・ 豊島将之(将棋棋士)

■ ジャーナリズム

・ 徳山喜雄(写真家、ジャーナリスト、元朝日新聞記者。立正大学教授)
・ 児島一彌(スポーツジャーナリスト、元サンケイスポーツ大阪本社記者)
・ 多田勇太(東北放送キャスター、記者)
・ 高橋大作(朝日放送元アナウンサー、記者)
・ 黒田秀樹(CMディレクター、映画監督)
・ 喜田勝(気象予報士)
・ 樋口大喜(FM802DJ)

■ スポーツ

・ 入谷正典(元プロ野球選手、読売ジャイアンツ投手)
・ 近藤光郎(元プロ野球選手、中日ドラゴンズ投手)
・ 村瀬広基(元プロ野球選手、読売ジャイアンツ投手)
・ 久保康友(プロ野球選手、元横浜DeNAベイスターズ投手)
・ 西田哲朗(プロ野球選手、福岡ソフトバンクホークス内野手)
・ 工藤和樹(元プロ野球審判員)
・ 森本圭太(サッカー選手)
・ 小谷祐喜(サッカー選手)
・ 梅鉢貴秀(サッカー選手)
・ 松本浩幸(元サッカー選手、立正大学サッカー部コーチ)
・ 佐藤信夫(フィギュアスケートコーチ)
・ 西牧未央(レスリング選手)
・ 堀江謙一(海洋冒険家) - 講義に呼ばれて本校を訪れることがある

■ その他

・ 豊島将之(将棋棋士、桐山清澄九段門下)
その他 2015年に同校が実施した入学試験に於いて、試験前に中学校側との間で事実上大半の合格者を内定していたことが明らかになった。 これにより、入試で内定者よりも高得点をマークしていたにもかかわらず不合格となる受験生が出る事態となった。 大阪府は選抜方法が不透明であるとして、同校に対し指導を実施した。

「関西大学第一中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年8月8日3時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター