ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

追手門学院(英数Ⅰ類)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 120位/1347校( 学科単位 )
大阪府 45位/422校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【追手門学院中学校・高等学校】
追手門学院中学校・高等学校(おうてもんがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府茨木市太田東芝町にある私立中学校・高等学校。通称は「追中」(おいちゅう)・「追高」(おいこう)である。大阪府大阪市中央区にある追手門学院大手前中学校・高等学校とは設置者が同じ学校法人追手門学院であり、姉妹校である。
沿革 ・ 1950年 - 大阪市東区京橋前之町(現在の中央区大手前、追手門学院大手前高等学校の所在地)に追手門学院高等学部として新設。
・ 1967年 - 追手門学院高等学部、大手前に一部を残置し現在地である茨木市西安威の追手門学院大学隣接地(茨木校地)に移転。同時に中学部を新設し茨木学舎とする。大手前校地の中・高等学部を大手前学舎とする。
・ 1971年 - 「追手門学院中学校・追手門学院高等学校」茨木学舎となる。
・ 1980年 - 追手門学院中学校・高等学校の名称を追手門学院大手前中学校・高等学校と変更し、大手前学舎だけの運営とする。茨木学舎は新たに設立された「追手門学院中学校・高等学校」の運営となり、2つの学舎は同一学校法人の運営する別の学校となる。
・ 2000年 - コース制を導入。英数コース・ 理数コース・総合文理コースを設置。
・ 2004年 - 追手門学院中学校からの内部進学者向けにアカデミックコースとダイナミックコースを設置。
・ 2008年 - 新校舎竣工。一部教室が新校舎へ移転する。コース制の改組を行い、英数コースをI類・II類に分離。
・ 2012年 - スポーツコース新設。ガンバ大阪ユース生徒の他、強化クラブである「アメリカンフットボール部」「女子サッカー部」生徒で構成。「選抜」「英数理数I類」「英数理数II類」(スポーツコース含む)の3コース体制となる。
・ 2014年 - 英数理数II類の中に「表現コミュニケーションコース」を新設
・ 2019年 - 東芝茨木工場の跡地に全面移転
学科内専門コース 2000年にコース制が導入され、2008年4月に改組が行われた。2011年4月に「スポーツコース」が設置され、2014年4月に「表現コミュニケーションコース」が設置され、3コース体制となっている。
・ 特選SS
・ I類
・ II類[スポーツコース / 表現コミュニケーションコース 含む]
著名な出身者 政治
・神代繁近(箕面市議会議員、第58代副議長)
・樋口俊一(衆議院議員、博士(薬学)[阪大) エンジニア
・黒川修治((株)大林組常務執行役員、大林道路(株)代表取締役社長、学士(工学)[阪大)
・佐藤 良(元(株)デンソーデバイス実験室長、合同会社戸が笑う 代表、学士(工学)[阪大)
・佐竹弘匡(元川崎重工(株)知的財産部、学士(工学)[大府大)
・吉田勝則(元松下電子工業半導体東京センターLSI事業部、学士(工学)[姫工大)
・猪ノ木雅裕(ホソカワミクロン(株) 取締役 常務執行役員 ホソカワミクロン粉体工学研究所長、修士(工学)[大府大) 経済・実業
・高畑俊一(藍綬褒章 兵庫県電機商業組合理事長 トランペット奏者)
・ 山谷佳之(関西エアポート社長、元オリックス・クレジット社長、学士(農学)[神戸大)
・大和俊哉((株)大和工場代表取締役社長、修士(工学)[阪大) 法曹
・中村 潤一郎(弁護士)
・平泉憲一(弁護士)
・和田元久(弁護士) 会計士、税理士等
・門井貴弘(社会保険労務士)
・佐藤 肇(税理士) 研究・学者
・朝井俊治(近畿大学医学部講師、博士(医学)[近大)
・東井美保(Prof. Miho-Toi-Scott)(コロラド大学医学部専任講師、Ph.D.(Medical Science)[University of Colorado School of Medicine)
・神田 崇行(京都大学情報学研究科社会情報学専攻教授、博士(情報学)[京大)
・北尾 悟(大阪樟蔭女子大学 学長 教授、博士(農学)[筑波大)
・小林秀光(長崎国際大学薬学部教授、博士(薬学)[東北薬科大)
・佐々木 宗生(滋賀県工業技術総合センター無機材料部長、博士(理学)[立命館大)
・鈴木由美(山形県立保健医療大学 作業療法学科 准教授、博士(保険科学)[北大)
・ 竜田邦明(紫綬褒章、有機化学者、日本学士院賞、早稲田大学名誉教授、元日本化学会副会長、工博[慶応大)
・寺田信幸(東洋大学理工学部生体医工学科教授、元山梨医科大学医学部准教授、医博[山梨医科大学)
・野尻 亘(桃山学院大学経済学部教授、博士(文学)[大市大)
・能勢恭司(元カネカ生物化学研究所研究主監、修士(工学)[京都工芸繊維大)
・坂東 肇(神戸大学名誉教授)
・水内 潔(材料科学者、材料工学者、粉末冶金学者、元大阪産業技術研究所物質・材料研究部長、博士(工学)[阪大)
・山田聖佳(関西医科大学皮膚科学教室)
・山本晴彦(山口大学農学部教授、博士(農学)[九大)
・由谷雄司(東洋紡(株)地球環境研究所、学士(工学)[大市大)
・池田恵里(元神戸女学院大学音楽学部講師、フードコンサルタント)
・河野カヨ(運命解明士)
・ 程一彦(料理人、料理研究家) 医師
・足立 尚(歯科医師)
・天野孝志(耳鼻咽喉科医、医博(鳥取大))
・石本昌裕(神戸労災病院 薬剤部長)
・稲葉正晃(精神科医) 
・奥田裕司(歯科医師、博士(歯学)[大阪歯科大)
・小野正志(歯科医師)
・柿原秀年(歯科医師、博士(歯学)[朝日大学)
・北原忠雄(獣医師、きたはら動物病院長)
・北村 理(歯科医師)
・桑原隆男(歯科医師)
・小西吉裕(国立病院機構鳥取医療センター臨床研究部長、博士(医学)[愛媛大)
・佐藤元彦(脳神経外科医)
・新海恒一(眼科医)
・末広秀次(歯科医師)
・高木伸夫(京都第一赤十字病院 耳鼻咽喉科部長、博士(医学)[京都府立医科大学)
・辰巳 博(歯科医師)
・土井純子(歯科医師、博士(歯学)[大阪歯科大)
・中野博光(歯科医師、博士(歯学)[日本歯科大)
・西川良彦(歯科医師、博士(歯学)[日本歯科大)
・樋口洋子(泌尿器科医)
・平野雅彦(耳鼻咽喉科医、博士(医学)[浜松医大)
・松倉晴明(歯科医師)
・松下 繁(歯科医師、博士(歯学)[朝日大学)
・八木宏之(外科医)
・山内耕一(歯科医師、博士(歯学)[大阪歯科大)
・吉岡明立(耳鼻咽喉科医)
・吉岡秀樹(内科医、博士(医学)[弘前大)
・和田 猛(歯科医師) 芸術・芸能
・松原清(オーボエ奏者、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団所属)
・ 黒木華(女優)
・ 笠松はる(ミュージカル俳優)
・飯星景子(タレント) スポーツ
・ 市丸瑞希(サッカー選手)
・ 井手口陽介(サッカー選手)
・ 岩本和希(サッカー選手)
・ 内田裕斗(サッカー選手)
・ 小川直毅(サッカー選手)
・ 川内康幹 (フットサル選手)
・ 小西雄大(サッカー選手)
・ 芝本蓮(サッカー選手)
・ 白井陽斗(サッカー選手)
・ 妹尾直哉(サッカー選手)
・ 高木彰人(サッカー選手)
・ 武田太一(サッカー選手)
・ 谷晃生(サッカー選手)
・ 堂安律(サッカー選手、のち向陽台高等学校に転校、卒業)
・ 豊岡英子(女子自転車競技選手)
・ 中井勇介(元アメリカンフットボール選手、競輪選手
・ 平尾壮(サッカー選手)
・ 初瀬亮(サッカー選手)
・ 林瑞輝(サッカー選手)
・食野亮太郎(サッカー選手)
・ 嫁阪翔太(サッカー選手)
・ 和田健太郎(サッカー選手)
・ 渡辺健太(サッカー選手)
交通 ■ 公共交通機関

・ 西日本旅客鉄道(JR西日本)
 ・ JR京都線(東海道線)JR総持寺駅
・ 阪急電鉄
 ・ 阪急京都本線・総持寺駅 多くの生徒はJRや阪急を利用して、JR総持寺駅や阪急総持寺駅から徒歩、または近鉄バスを利用して通学する。

■ スクールバス
以下の駅及びバス停から、生徒用スクールバスが緑風観光によって運行されていたが、キャンパスの全面移転に伴い、2019年3月末をもって廃止となった。
・ 阪急京都本線・茨木市駅
・ 阪急千里線・北千里駅
・ 阪急宝塚本線 岡町駅・豊中駅・石橋駅
・ JR京都線・茨木駅・大阪モノレール宇野辺駅(イオン茨木ショッピングセンター北側バスターミナルより)
・ 大阪モノレール・北大阪急行電鉄 千里中央駅
・ 阪急バス 南桜井バス停・箕面高校前バス停・小野原バス停

■ その他
その他、原則として自宅が学院から2kmから8kmの距離の学生は、自転車での通学を認められている。学院から2kmまでの距離の学生は徒歩での通学のみ認められている。 尚、キャンパスの移転後は特別な場合を除いて、保護者による自動車での送迎は認められていない。

「追手門学院中学校・高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2021年5月6日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター