ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

履正社(集約文理Ⅰ類)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7793校( 学科単位 )
近畿地方 120位/1347校( 学科単位 )
大阪府 45位/422校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【履正社学園豊中中学校・履正社高等学校】
概要 現在の履正社学園の創立は、1922年(大正11年)、大阪府福島区海老江上二丁目(現・北区上福島1丁目)に創立された大阪府福島商業学校であり、姉妹校として1940年(昭和15年)、 西淀川区加島町(現・淀川区加島)神崎川畔に設立された履正社中学校(旧制)が源流となっている。戦後、学制改革により新制となるが、中学校は廃止され、1955年(昭和30年)、履正社高等学校を大阪福島商業高校と改称する。1972年(昭和47年)普通科を設置し、以後進学校としての道を歩めていく。1982年(昭和57年)商業科募集停止。1983年(昭和58年)、創立60周年を機に大阪福島商業高校を履正社高等学校と改称する。1985年(昭和60年)、履正社学園豊中中学校を開校。2000年(平成12年)、中学・高校ともに男女共学となる。高校に「国際特進コース」を設置し、中学に「6ヵ年特進コース」を新設、旧制履正社中学校以来の中高一貫教育が実現する。創立以来、建学の精神を「履正不畏」「勤労愛好」「報本反始」としている。高校では、「集約文理コース」(S類(超難関国立大学を目指す)、Ⅰ類(難関国公立大学を目指す)、Ⅱ類(難関私立大学を目指す))、「普通コース」(難関私立大学を目指す。強化クラブは本コースにある)が設置されている。Ⅰ類では、2016年度より高校入試成績上位者約43名で編成される「スーパークラス」が編成されていた。
交通 ・最寄り駅は阪急宝塚本線曽根駅または北大阪急行電鉄南北線緑地公園駅である。
・曽根駅からだと、徒歩で国道176号線を越えて東へ15分ほどである。
・緑地公園駅から徒歩18分ほどであり、西へ向かって服部緑地内を通過し天竺川を渡ったところであるが、校門は反対側にあるため大回りをしなくてはならない。
・下校時の緑地公園駅まで、女子生徒にのみスクールバスがある。緑地公園駅行きの下校時だけスクールバスがある理由は、服部緑地内は夜間に痴漢等の不審者が出る可能性があるためであり、かつ曽根駅前ロータリーには大型車は路線バス以外は入れないからである。バスは3台あるが、下校時に普段使われるのはそのうち一番小さいものである。他のバスは運動系クラブ員の学校から茨木グラウンドの輸送などに使われる。
・また自転車で通学する生徒も多い。
・自動車での送り迎えは原則禁止である。
・校内に専用の駐車場はない。学校のスクールバスの駐車場は学校前の郵便局横に2006年(平成18年)に設置された。
年表 ・1922年(大正11年) - 大阪府大阪市北区福島に履正社の設置する大阪府福島商業学校が仮校舎にて開校。
・1940年(昭和15年) - 履正社中学校(旧制)創設。
・1944年(昭和19年) - 大阪府福島商業学校が閉校。
・1946年(昭和21年) - 学制改革により履正社中学校が履正社高等学校へ改組。
・1955年(昭和30年)2月 - 履正社高等学校より大阪福島商業高等学校に改称。
・1958年(昭和33年)4月 - 校外運動場を豊中市長興寺に設置。
・1963年(昭和38年) - 服部緑地前に2つの校舎完成。
・1967年(昭和42年) - 十三校舎を廃止し服部校舎を本校とする。
・1972年(昭和47年) - 普通科設置。
・1983年(昭和58年) - 大阪福島商業高等学校より履正社高等学校に改称。
・1985年(昭和60年) - 履正社学園豊中中学校開校(3ヵ年独立コース)。
・1991年(平成3年)3月 - バレーボール部が春高バレーに全国大会初出場。
・1997年(平成9年)
 ・3月 - バレーボール部が春高バレーに出場。
 ・8月 - 野球部が第79回全国高等学校野球選手権大会に大阪代表として出場。夏の甲子園は初出場。初戦(2回戦)で敗退。
・1998年(平成10年)3月 - バレーボール部が春高バレーに出場。
・2000年(平成12年) - 履正社学園豊中中学校が6ヵ年特進コースを設置、高校に国際特進コースを設置、中学・高校が同時に男女共学化。
・2001年(平成13年)
 ・9月 - 体育館を廃止して図書館・音楽ホールを作り、学校南に総合体育館を竣工。
 ・11月 - 履正社茨木グラウンド竣工。
・2006年(平成18年)3月 - 野球部が第78回選抜高等学校野球大会に出場。春の甲子園は初出場。初戦敗退。
・2008年(平成20年)3月 - 野球部が第80回選抜高等学校野球大会に出場。2回戦(対天理)で夏の甲子園初勝利、3回戦(対聖光学院)で敗退。
・2011年(平成23年)4月 - 野球部が第83回選抜高等学校野球大会に出場。準決勝まで進出する。
・2012年(平成24年)3月 - 野球部が第84回選抜高等学校野球大会に出場。
・2016年(平成28年)
 ・8月 - 野球部が第98回選手権大会に6年ぶり3回目の出場。1回戦で高川学園高校(山口県)に5-1、2回戦で横浜高校に5-1で勝利。3回戦で常総学院(茨城県)に4-7で敗退。
 ・10月 - 野球部が国民体育大会高等学校野球競技に出場し、初優勝。
 ・11月 - 野球部が明治神宮野球大会に出場し、初優勝。
・2017年(平成29年)
 ・3月 - 野球部が第89回選抜高等学校野球大会に出場し、決勝で大阪桐蔭との史上初の大阪勢同士の対決に敗れ、準優勝。
 ・ 4月 - 新校舎完成
・2019年(平成31年/令和元年)
 ・3月 - 野球部が第91回選抜高等学校野球大会に出場。初戦敗退。
 ・8月 - 野球部が第101回全国高等学校野球選手権大会に出場。決勝で星稜に5-3で勝利し、初優勝。大阪勢としては去年の大阪桐蔭に続く夏2連覇となった。
出身者 ○ スポーツ選手・関係者
 ○ プロ野球
● 投手
・岸田護
・寺島成輝
・益山性旭(元阪神) - 前身の大阪福島商業高校出身。
・鍋屋道夫(元広島→元日本ハム) - 前身の大阪福島商業高校出身。
● 捕手
・坂本誠志郎
● 内野手・外野手
・岡田貴弘(T-岡田)
・山田哲人
・土井健大(元オリックス→元巨人)
・大原徹也(元西鉄/太平洋/クラウン/西武→元広島→元近鉄) - 前身の大阪福島商業高校出身。
・安田尚憲
・宮本丈
・中山翔太
・井上広大
 ○ 女子プロ野球
・森淳奈
・米田咲良
 ○ サッカー
・新村純平 - プロサッカー選手(KSグバルディア・コシャリン)
・奥井諒 - プロサッカー選手(清水エスパルス)
・町野修斗 - プロサッカー選手(ギラヴァンツ北九州)
・大迫暁 - プロサッカー選手(アスルクラロ沼津)
・牧野寛太 - プロサッカー選手(長野パルセイロ)
・林大地 - プロサッカー選手(サガン鳥栖)
・田中駿汰 - プロサッカー選手(北海道コンサドーレ札幌)
 ○ その他競技
・塚本将士 - プロゴルファー(前身の大阪福島商業高校)
・岡本秀明 - バレーボール選手
・河口正史(アメリカンフットボール、履正社学園豊中中学校出身)
・前田悟(元バレーボール選手)
・岩本健一朗 - ラグビー選手(元・トヨタ自動車ヴェルブリッツ)
・伊勢田愛 - セーリング選手
○ その他
・越田謙治郎 - 川西市長
・大木実 - 俳優(前身の大阪福島商業学校)
・久保昌三 - 上組社長・日本港運協会会長(前身の大阪福島商業高校)
・おぼん・こぼん - 漫才コンビ(前身の大阪福島商業高校)
・松島庄汰 - 俳優(履正社学園豊中中学校出身)
・滝川英治 - 俳優
・野田英樹 - 元レーシングドライバー
・中村秀香 - 読売テレビアナウンサー

「履正社学園豊中中学校・履正社高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月15日0時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター