ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

川西緑台(普通)


偏差値62( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)170点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 561位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 150位/1347校( 学科単位 )
兵庫県 27位/305校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【兵庫県立川西緑台高等学校】
兵庫県立川西緑台高等学校(ひょうごけんりつ かわにしみどりだいこうとうがっこう)(Hyogo Prefectural Kawanishi-Midoridai Senior High School)は、兵庫県川西市向陽台にある県立高等学校。俗称は緑高(りょっこう、りょくこう)。生徒は緑高生と呼ばれる。2016年度より、2学期制から3学期制へ移行。65分授業については学校教育で後述。入学定員は280名。2018年度入学までは320名だったが、第2学区では2019年度入学から300名以上の学校は1クラス減らすことになった為280名になった。
沿革 ・ 1969年(昭和44年) - 開校。 ・1970年 - 特別教室棟(北館) プール完成 ・1971年- 普通教室、体育館等 完成 ・1972年-図書館、昇降口、格技場工事完成 ・1987年- 弓道場完成 ・1990年 -野球部が第62回選抜高等学校野球大会に出場
・ 1992年(平成4年) - オーストラリア西オーストラリア州レズマーディ高等学校と姉妹校提携。 ・2014年 - オーストラリア西オーストラリア州 リビングウォータールザランカレッジ(LWLC)と国際交流活動が始まる。 ・2020年-1年生の新型コロナウイルス感染者(1名)の発生によって3日間の学級閉鎖が始まる。
校章・校訓 校章は、多田源氏の紋章でもあり、川西市の市花である「りんどう」の葉をモチーフにしている。3条の葉脈をもつ3枚の葉は、スクールカラーの緑をあらわし、知性と情操と意志体力を象徴している。 【校訓】 真理 創造 友情 誠実
設置学科 ・ 全日制課程
 ・ 普通科
 ・ 総合理数コース(自然科学系コース) 兵庫県教育委員会が普通科自然科学系類型を改編し、2017年度に自然科学系コース(定員40人)を設置すると発表。 より数学や理科に特化した科目を学べるようになる。 理数教科を中心とした国際性を備えた広い視野と創造性を有する人を育成(同校HPより)。総合理数コースは推薦入試。 なお、三年間同クラスで卒業を迎える。
校内施設 ・グラウンドの広さは県下トップクラスで、部活動が盛んな理由もそこにある。校舎の裏側にはハンドボール部やバレーボール部が活動するグラウンドもある。
・校舎は、立て替えされたことがないため、綺麗とは言えないものの、耐震工事は完了している。北館はエレベーターも併設。
・本館の一階、二階部分は部分的にリニューアルされており、改善傾向。
・本館のホームルーム教室には空調完備。ただし、特別教室はストーブ、扇風機のみである。
部活動 ・硬式野球部はセンバツ出場経験(1990年)。
・ラグビー部、サッカー部、男子バスケットボール部は、兵庫県代表選手を輩出している。
・放送部は、近年NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会に6年連続で出場。1993年と2015年には全国優勝を果たし、文部科学大臣賞、NHK会長賞、県の教育委員会からゆずりは賞を受賞。
・昭和63年、弓道部は、個人において全国インターハイ出場。準決勝進出。
・平成28年、陸上競技部は、競歩種目において全国インターハイ出場。6位入賞(大会新記録)を果たした。
・平成28年度、陸上競技部が、駅伝種目において近畿大会初出場を果たした。令和元年と2年には2年連続近畿大会出場。
・平成29年度山形インターハイには陸上競技部から競歩種目において男女揃って出場、2年連続インターハイ出場を果たす。
・平成30年ユースオリンピックアジア予選女子5000mwで銅メダルを獲得。県下において競歩の有力校である。
・平成28年度男子ハンドボール部が、全国高等学校ハンドボール選抜大会出場。 ○吹奏楽部 ○軽音楽部 ○放送部 ○美術部 ○写真部 ○茶道部 ○華道部 ○インターナショナル部 ○文芸部 ○HMC ○数理研究部 ○硬式野球部 ○ラグビー部 ○サッカー部 ○水泳部 ○陸上競技部 ○男子バスケットボール部 ○女子バスケットボール部 ○卓球部 ○男子バレー部 ○女子バレー部 ○男子ハンドボール部 ○女子ハンドボール部 ○男子硬式テニス部 ○男子ソフトテニス部 ○女子硬式テニス部 ○女子ソフトテニス部 ○男子バドミントン部 ○女子バドミントン部 ○剣道部 ○弓道部 ○野外観察同好会 ○ダンス部 ○ソフトボール部
学校教育 ・高大連携教育においては、京都大学及び大阪大学(県教委を通じて)と連携。高校生向け講義イベントなどに参加することのできる学校の一つ。
・2016年度、新校長が赴任し、創立50周年へ向けて、学校改革を進めていく予定。初年度は新コース設立や、OBによるキャリア講演会など。 ●総合の教育の一環として1年次にフィールドワーク、進路学習として大学研究発表プレゼンテーションなどが行われる。
65分授業 高等学校では珍しく、近隣高校でも実施していない65分授業が行われ、5時限で一日の授業は終了する。そのため、一般的な高等学校より終礼が早く、部活動・学習が早く始められる、授業内容の充実化というメリットがある。生徒間でも、肯定的意見が多数派。
国際教育 ・国際交流としての夏期オーストラリア研修は、パースにあるリビング・ウォーター・ルザラン・カレッジ校(Living Waters Lutheran College)で二週間ホームステイをするプログラムがある。また9月には同校生徒を10名から20名ほど受け入れる。
・インドネシア・バリの国立高校とも交換留学を実施している。
・2017年、神戸市外国語大学にて行われた「兵庫県高校生英語ディベートコンテスト」において、第3位入賞。
進学実績 例年国公立大学合格者が他校と比べ目立つ。ほぼ全員が大学へ進学。過去、公務員(川西市、川西消防署)、能勢電鉄、阪急電鉄などに就職する生徒もいた。
・指定校推薦入試 例年、関関同立をはじめとする、様々な大学の推薦入試がある。また、同志社大学の指定校であるのは、限られた高校のみである。
行事 ●むらまつり 六月に、むらまつりと呼ばれる文化祭が開催される。クラス活動としての劇、展示、模擬店などが催される。また軽音楽部のライブ開催、ダンス部、吹奏楽部のステージ発表は例年盛り上がりを見せる。創立以来一般公開を行っており、毎年近隣住民ら約2000人が訪れる。 ●体育大会 毎年9月末に開催される。主に走種目を実施。男女混合リレーは、別名【緑高杯】と呼ばれており、走種目の中では一番配点が高い。 ●合唱コンクール 毎年3月に実施。 なお、三学年の合唱は文化祭の一環として行われるのが近年の傾向。 ●修学旅行 修学旅行は第二学年において行われる。 修学旅行は2019年現在、沖縄方面である。創立当初は、九州方面、1980年以降は主に信州や北海道でのスキー実習が行われていた。 ●林間学舎 一年生の一学期、親睦を深めるとともに、緑高生としての意識を高めるという名目のもと、林間学舎も行われる。 ●マラソン大会 マラソン大会は創立以来毎年冬に行われている。現在は男子が7.5㎞、女子は5㎞を走る。平成元年まではグリーンハイツ周辺で行われていたが、平成2年からは一庫マラソンのコースに変更された。平成22年以降は猪名川の河川敷周辺で実施。
交通 ・ 能勢電鉄妙見線 平野駅 徒歩15分(北西1.5km坂道有)、阪急バス
著名な卒業生 ・ 井上智晶 - アナウンサー
・ 西野亮廣 - お笑い芸人
・ 谷直樹 - バスケットボール選手
・ 田丸一男 - アナウンサー
その他 *駐輪場は、本校同窓会である緑友会の名をとって【緑友会パーク】という名前である。

「兵庫県立川西緑台高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年12月2日13時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島