ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

葺合(国際)


偏差値60( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)162.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 798位/7792校( 学科単位 )
近畿地方 201位/1347校( 学科単位 )
兵庫県 41位/305校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【神戸市立葺合高等学校】
神戸市立葺合高等学校(こうべしりつふきあいこうとうがっこう, Kobe Municipal Fukiai High School)は、兵庫県神戸市中央区野崎通一丁目に所在する市立の高等学校。
概要 1949年(昭和24年)に、高校三原則に基づく総合制を実施する新制高等学校として神戸市葺合区に開校した。直接的な関係にはないものの、現在の校地にかつて存在した神戸市立神戸中学校(旧制)とその後継校の学籍を管理し、同窓会である筒台会も引き継ぎ現在に至っている。
設置学科 :全日制課程
・ 普通科
・ 国際科(旧称:英語科)
沿革 ■神戸市立神戸中学校(旧制)~神戸市立神戸夢野台高等学校

・1939年(昭和14年)
 ・2月28日 - 文部大臣より設置が認可され、葺合区(現・中央区)野崎通に設置される。
 ・4月1日 - 「神戸市立神戸中学校」が開校。
  ・入学資格を尋常小学校卒業程度の12歳以上、修業年限を5年とする。
  ・兵庫県立第一神戸中学校の神中(じんちゅう)と区別するために「戸中」(べーちゅう)と通称される。
・1943年(昭和18年)
 ・4月1日
  ・神戸市立第二中学校(夜間部)発足により、「神戸市立第一中学校」に改称。
  ・中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年となる。
・1945年(昭和20年)
 ・3月 - 修業年限4年施行の前倒しにより、1940年(昭和15年)に入学した5年生と1941年(昭和16年)に入学した4年生の合同卒業式を挙行。
 ・4月1日 - 授業を停止。ただし学徒勤労動員は継続。
 ・6月5日 - 神戸大空襲により校舎全焼。
 ・8月15日 - 終戦。
 ・9月1日 - 同区内の神戸市立雲中国民学校(現・神戸市立雲中小学校)敷地内にて授業を再開。
・1946年(昭和21年)
 ・4月1日 - 修業年限が5年に戻る(4年で卒業することもできた)。
 ・9月1日 - 神戸市兵庫区松原通の道場国民学校敷地内に移転。
・1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
 ・旧制中学校の生徒募集を停止(1年生不在)。
 ・新制中学校を併設し(名称:神戸市立神戸中学校併設中学校、以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
 ・併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
 ・旧制中学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校に在籍し、その4・5年生となった(4年で卒業することもできた)。
・ 1948年(昭和23年)
 ・4月1日 - 学制改革(6・3・3制の実施)により旧制中学校が廃止され「神戸市立神戸高等学校」(男子校)と改称。修業年限を3年とする。
  ・旧制中学卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
  ・併設中学校は新制高校に継承され(神戸市立神戸高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に旧制中学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
 ・5月25日 - 兵庫県立第二神戸女子高等学校の敷地内に移転し、併設の形をとる。
 ・9月1日 – 併設の兵庫県立第二神戸女子高等学校が兵庫県立夢野台高等学校に改称され、神戸市立神戸高等学校と男女共学を開始。
・1949年(昭和24年)
 ・3月31日 - 併設中学校を廃止。旧制中学校4・5年から新制高等学校(全日制)3年への修業年限の移行が完了する。
 ・3月 - 神戸市立神戸高等学校第1回生卒業。
 ・4月 - 小学区制の強行により、夢野台高等学校との間で生徒の振り分けが混乱する。
 ・9月 - 新入生全員を夢野台高等学校に編入、神戸市立神戸高等学校は1年生不在となる。
・1950年(昭和25年)
 ・4月 - 新入生徒の募集は行わず、神戸市立神戸高等学校は3年生のみとなる。
 ・7月1日 - 兵庫県立夢野台高等学校と神戸市立神戸高等学校が統合され、「兵庫県立神戸市立神戸夢野台高等学校」と改称。県側は兵庫県立神戸夢野台高等学校と称し、市側は神戸市立神戸夢野台高等学校と称した。
・1951年(昭和26年)3月 - 市立側に在籍する生徒が全員卒業し、神戸市立神戸夢野台高等学校は自然消滅となる。

■神戸市立葺合高等学校

・1949年(昭和24年)4月 - 高校三原則の理念に基づき、神戸市立灘商業高等学校に普通科を新設して雲中小学校校地内に開校。 直江寧一初代校長着任。
・1951年(昭和26年)
 ・4月 - 商業科が分離し神戸市立神戸商業高等学校として独立。葺合高校は普通科単独校となり、現校地(旧制市立中学校の跡地)に移転。
 ・7月 - 統合により消滅した市立神戸夢野台高校に代わって旧制中学校以来の学籍簿を保管し、同窓会も引き継ぐこととなる。
 ・9月 - 校歌を制定。
・1964年(昭和39年)9月8日 - 神戸市灘区の六甲山に「六甲山学舎」を開設。
・1986年(昭和61年)4月1日 - 英語科を設置。
・2003年(平成15年)4月1日 - 英語科の募集を停止し、国際科を新設。
・2005年(平成17年)3月31日 - 英語科を廃止。
・2008年(平成20年)5月23日 - 台湾の国立台中第一高級中学と姉妹校提携を結ぶ。
・2011年(平成23年)2月15日 - 校舎の老朽化対策と耐震化を理由に、現在地で全面建て替え工事を矢田市長が定例会見で発表。
 ・2012年度に着工、2014年度に完成予定。校舎は普通教室などが入る6階建ての南棟をはじめ、体育館棟、多目的棟、国際交流棟の4棟となる見通し。 また、同時に近隣の上筒井小学校、筒井台中学校を小中一貫校として整備し、葺合高校と3校でグラウンドを共有する予定。
・2014年(平成26年)3月28日 - スーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定。平成26年度から5年間の予定。
校風 教育方針として、「自主の人たれ・創造の人たれ・世界の人たれ」を掲げている。 国際科の併設で毎年帰国子女を受け入れている。
部活動 ◇運動部
・野球部
・陸上競技部
・バスケット部
・サッカー部
・剣道部
・柔道部
・なぎなた部
・卓球部
・ソフトテニス部
・バレー部
・水泳部
・体操部 (部員減少及び校舎建て替えによる活動場所不足のため募集停止)
・女子ハンドボール部
・硬式テニス部
・少林寺拳法部 - 2010年、第37回全国高等学校少林寺拳法大会全国大会出場。
・野外活動部(文化部とする説もあり)
◇文化部
・吹奏楽部 - 第59回兵庫県吹奏楽コンクール銀賞
・文芸部
・ESS部
・美術部
・コーラス部 - 2010年、第34回全国高等学校総合文化祭合唱部門に兵庫県代表として出場。
・写真部
・茶道部
・箏曲部(人数不足のため現在活動休止中)
・コンピューター研究部
・放送部
・ダンス部
◇同好会
・国際交流クラブ
・すぎな会
・ GS(グローバル・スタディーズ)研究会
◇特別委員会その他
・図書委員会
・応援団(新入生歓迎会のときのみ結成される。)
著名な出身者 ・ 野坂昭如(小説家、作詞家、歌手、元参議院議員)※旧制市立第一中
・ 三木谷良一(経済学者、神戸大学名誉教授、楽天創業者三木谷浩史の父)※旧制市立第一中
・ 井口俊英(大和銀行(現・りそな銀行)ニューヨーク支店元行員、トレーダー、小説家)
・ 小曽根真(ジャズピアニスト)
・ 小浜裕一(現オリックス・バファローズ球団スタッフ、元阪急ブレーブス投手)
・ 佐藤和輝(中京テレビアナウンサー)
・ 西岡研介(ジャーナリスト)
・ 西瀧順二(テレビ番組プロデューサー)
・ 三浦拓也(DEPAPEPE)
・ 牧田衞活(びわ湖放送アナウンサー)
・ 道永宏 (アーチェリー選手、モントリオールオリンピック銀メダル)
・ 浅黄斑(小説家)
・ 松本千都子(1964年(昭和39年)ミス・ユニバース日本代表)

「神戸市立葺合高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年8月16日5時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島