ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

神戸弘陵学園(文理)


偏差値53( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)136.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1946位/7791校( 学科単位 )
近畿地方 454位/1347校( 学科単位 )
兵庫県 109位/305校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女男子
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【神戸弘陵学園高等学校】
神戸弘陵学園高等学校(こうべこうりょうがくえんこうとうがっこう)は、兵庫県神戸市北区山田町小部妙賀山にある私立高等学校。
沿革 ・1982年(昭和57年) - 兵庫県知事より認可を得る。
・1983年(昭和58年) - 当時溝田旗工業の社長を務めていた実業家・溝田弘利によって設立される。
・1985年(昭和60年) - 第2グラウンド完成。神戸弘陵メモリアルホールが竣工。
・2012年(平成24年) - 文理コースと体育コースの名称を変更し、特進文理コース・総合教育コース・体育特選コースとなる。
・2014年(平成26年) - 体育特選コースと特進文理コースが男女共学化する。(総合教育コースは男子のみ。)
・2016年(平成28年) - 総合進学コース(男女共学)がスタート。体育特選コース、特進文理コース、総合進学コース、総合教育コース(男子のみ。)となる。
・2020年 (令和2年)- 総合教育コースの女子生徒の受け入れがスタート。よって、完全男女共学校となる。
学科 ・普通科       2023年
 ・ 特進文理コース→特進コース
 ・ 総合進学コース→進学コース
 ・ 総合教育コース→総合コース
 ・ 体育特選コース→体育コース
クラブ活動実績 ・全国高校野球選手権大会 出場1回
 ・ 71回 1989年
・選抜高等学校野球大会出場 出場4回
 ・ 62回 1990年
 ・ 63回 1991年
 ・ 64回 1992年 ※部員の喫煙が発覚し辞退、育英高等学校が代替出場
 ・ 66回 1994年 ベスト8 
 ・ 71回 1999年
・全国高等学校サッカー選手権大会 出場11回
 ・ 68回 1989年
 ・ 71回 1992年
 ・ 72回 1993年 ベスト8
 ・ 74回 1995年
 ・ 75回 1996年
 ・ 78回 1999年
 ・ 79回 2000年
 ・ 92回 2013年
 ・ 94回 2015年
 ・98回 2019年
 ・99回 2020年
・全国高等学校バレーボール選抜優勝大会 出場4回
 ・ 26回 1995年
 ・ 29回 1998年 ベスト8
 ・ 30回 1999年
 ・ 31回 2000年 ベスト16 
・全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会 出場6回
 ・ 1995年 ベスト16
 ・ 1996年 ベスト16
 ・ 1997年
 ・ 1998年 ベスト16
 ・ 1999年
 ・ 2000年 ベスト8
・全国高等学校女子硬式野球選手権大会 出場7回
 ・ 18回 2014年
 ・ 19回 2015年
 ・ 20回 2016年 優勝
 ・ 21回 2017年
 ・ 22回 2018年
 ・ 23回 2019年
 ・ 25回 2021年 優勝
・全国高等学校女子硬式野球選抜大会 出場5回
 ・ 16回 2015年 準優勝
 ・ 17回 2016年
 ・ 18回 2017年
 ・ 19回 2018年 優勝
 ・ 20回 2019年 優勝
・全日本女子硬式野球ユース選手権大会 出場6回
 ・ 6回 2015年
 ・ 7回 2016年 優勝
 ・ 8回 2017年 優勝
 ・ 9回 2018年 優勝
 ・ 10回 2019年
 ・ 12回 2021年 優勝
・全日本高等学校女子サッカー選手権大会 出場6回
 ・ 24回 2015年
 ・ 25回 2016年
 ・ 26回 2017年
 ・ 27回 2018年
 ・ 28回 2019年
 ・29回 2020年
著名な出身者 ◇サッカー
・梅澤学
・奥大介(元日本代表)
・窪田龍二
・藤原務
・永井文也
・土井良太
・吉井直人
・江坂任
・江坂巧
・田平起也
・松井治輝
・合田朱里 (女子プロサッカー選手)
◇野球
・山井大介
・飯田優也
・東晃平
・多岐篤司
・出口雄大
・前田勝宏
・玉野宏昌
・佐藤友紀(トモキ)
・飯田一弥
・龍田美咲(元女子プロ野球)
・水流麻夏 (女子野球選手)
・中川莉奈(元女子プロ野球)
・一尾星吏夏(元女子プロ野球)
・島野愛友利(女子野球選手)
◇その他
・こまつ(芸人・ミュージシャン)
・金築卓也(BREATH)
・加藤竜馬(フットサル選手)
・岡田佑介(プロレスラー)
神戸弘陵学園事件 1984年に講師であった人物の再雇用を巡っての紛争。

「神戸弘陵学園高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年8月17日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター