ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

近畿大学附属豊岡(文理)


偏差値53( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)136.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1946位/7791校( 学科単位 )
近畿地方 454位/1347校( 学科単位 )
兵庫県 109位/305校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【近畿大学附属豊岡高等学校・中学校】
近畿大学附属豊岡高等学校・中学校(きんきだいがくふぞくとよおかこうとうがっこう・ちゅうがっこう)は、兵庫県豊岡市にある近畿大学に附属する中学校・高等学校である。
沿革 ・ 1964年(昭和39年)近畿大学附属女子高等学校として開校
・ 1987年(昭和62年)近畿大学附属豊岡高等学校に校名を変更。男女共学になる。
・ 1996年(平成4年) 中学校開校
・ 1999年(平成11年)中高一貫コース新設
概要 ・ 設置者 - 学校法人近畿大学
・ 設置学科コース
 ・ 中学校
  ・ 中高一貫コース
 ・ 高等学校
  ・ 全日制普通科(文理特進コース・進学探究コース)
学習 中学校・高等学校共に週6日制、50分7時間授業であり(現在は暫定的に授業時間は45分となっている。)、授業日数は年間235日以上と定められている。ちなみにかつては、夏季(4月~9月)と冬季(10月~3月)で始業時間が異なっていた。補習授業が設けられている場合もあるため、一般の公立高校・中学校より授業日数・授業時間とも多い。完全下校時刻は高校で20:00(22:00まで開放されているので残って勉強することができる)、中学校で18:00と定められている。また、他の学校とは違って職員室への立ち入りが許可されており、課題や授業でわからなかったところを質問することができる。

■ 各コースの特徴
中高一貫コース・文理特進コースからほとんどの国公立大学合格者が輩出される。 かつては文理特進コースも進学探求コースにもそれぞれレベル別に2クラスあり、細かなコースの違いがあったが、現在ではレベル別の分け方は撤廃されており、さらに今後1コースのみとなる。 これについては学校長がYoutubeで説明している。 男女共学制に移行した際は実務コースと呼ばれるものもあった。

■ 補習
放課後や休日に補習授業が設けられている。補習授業の科目や量は担任及び教科担当が決めるので、学年やコース、文系・理系によって様々だが、文理特進コースや中高一貫コースは補習授業が非常に多かった。しかし、現在では必須であった補習の参加も任意になったり、そもそも開講しない科目があったりと、全体的に縮小している。
ICT教育 図書室等を含むほぼ全ての教室で黒板の代わりにホワイトボードが導入されており、それに投影できるプロジェクターが設置されている。 また、2019年からは生徒が一人一台、個人端末としてChromebookを購入し普段の授業などで利用している。また図書室でもChromebookの貸し出しを行っている。ChromebookのほかにもiPadの貸し出しも行われている。 教員には1人1台iPadが配布されており、プロジェクターに画面を移しながら授業を行う場合もある。 :
入試 山陰地方のみならず、他府県からも通学生する生徒も多い。そのため高校入試は3ヶ所で行われる。高校入試の成績等によっては、進学探求コースを受験していても、文理特進コースに入学できることがある。中学試験では面接があり、特待生制度を申請した場合は保護者と一緒に行う。また出願は全てWeb出願で行う。
特待生制度 入試の成績によって特待生制度を利用でき、授業料の一部(2分の1か4分の1)または、全部が免除される。これは出願時に申請が必要である。休学、退学又は除籍、及び学業成績が不良の場合は特待生の資格が喪失することがある。中学生は3年間資格が保証され、高校生は1年ごとに資格が更新される。
行事 月ごとに整理されたものが公式サイトに載っている。(中学生の行事予定、高校生の行事予定) また行事によっては写真がFacebookやInstagram、さらにはYoutubeに掲載されている。ここでは代表的なものを詳細に記載する。 6月に文化祭がある。文化祭参照。 そして2学期には体育祭がある。体育祭はコースや学年ごとにチーム(ブロック)を決め、そのブロックで得点を競い合う。中学生は紅組と白組に分かれて行い、高校生と競技は一切しない。種目は基本的には中高生共に同じでブロック(紅白)対抗リレー、クラス対抗リレー(これは得点に関係なく行われ、閉会式の表彰も分けて行われる。)、スウェーデンリレー、障害物競走、ムカデ競争、綱引き、騎馬戦、棒引き、台風の目である。因みに綱引きと騎馬戦は男子が行い、棒引きは女子が行う。また、かつてはエアロビックパフォーマンスや組体操、男子寮生による近大節の披露が行われていた。特に近大節の披露は2017年ころまで行われていた。 2学期にはかつてロードレース(マラソン大会)があった。これは女子校時代から存在していた。これは高校男子は約10km,高校女子と中学生男子は約5km,中学生女子は約2.5km走り、そのタイムを競うものである。発送順としては、中学生女子、高校生女子、中学生男子、高校生男子で、高校生男子の発走はそれまでの参加者が全員完走等でコース上からいなくなってからの発走であった。上位入賞者には賞状とトロフィーが授与された。初期は平日に行い、午後からは通常通り授業が行われていたが、晩年は土曜日に行っていた。 1学期と3学期には球技大会が行われる。年によって違うが、基本的にはバレーボールやバスケットボールなどの屋内競技である。以前は1学期に中学生男子がサッカーをしたり、高校生男子がソフトボールを行っていたが、熱中症防止の観点から最近はしていない。 遠足は4月と10月にある。4月は中1が、10月は中6高3がそれぞれ参加をしない。行き先が学年、年度によってばらばらであるが、但馬や隣の京丹後地域内であることが多い。また文化祭を意識した場所が設定されることが多く、学年によっては文化祭で学んだことを展示で発表したりバザーで食品を調理して出品したりすることがある。そして中3の10月は近畿大学東大阪キャンパス、中4の10月は医学部のある近畿大学狭山キャンパスと決まっている。(2019年現在) 研修旅行は2019年の段階では中学生が2月に東京、4月に高校生(中高一貫コース)がオーストラリアのケアンズ、高校生(進学・文理コース)が沖縄であった。ほかにも時代により行き先は異なる。中高一貫コースの高校生はシンガポールやマレーシアに行っていたこともある。また社会情勢によって行き先が変更したこともしばしばある。 また、3学期にはかるた大会と呼ばれるものが中高分かれて行われる。そのため日程も異なる。これは体育館で小倉百人一首をするものである。クラスの中でいくつか班を作成し、他のクラスの班と試合を行う。数試合行い、獲得枚数が一番多いチームが優勝である。そのため表彰は班単位で行われる。 そして合宿が学年ごとに年1回ある。2019年現在の情報ではあるが以下記述する。中1、高1は新入生合宿があり、親交を深める。中2は自然体験学習合宿があり、浜坂でウニの研究を行う。ほかにも様々なマリンアクティビティを行う。8月には中1、中2以外の全学年で勉強合宿を行う。神鍋高原やハチ北高原で行われる。9月には素行に問題がない成績上位者を対象としたトップ合宿があり、学年をまたいだ授業が行われる。1月にはスキー合宿がある。そして3月には近畿大学付属の各高校から選ばれた上位成績者が集う付属合同トップ合宿がある。こちらは瀬戸内海の島で行われる。また以前は校内合宿と呼ばれるものがあり、文字通り学校で合宿を行っていた。
文化祭 但馬地域内最大規模であるこの文化祭は 近梅祭(きんばいさい)と呼ばれ、6月の土曜・日曜の2日間行われる。6月に実施される理由は、大学入試を控えた高3生・中6生の学習時間の確保のためである。近梅祭の由来は近畿大学の近と、学園花である梅を合わせたものである。 催し物は主に展示、バザー、演劇、ストリートの4つに分けられる。バザーはジュースやカレーなどの飲食物が販売され、年度により食べ物は異なるが、これまでにあったものとしてはラーメンやそば、串カツにピザやもっふる、回転焼きに大学芋やサーターアンダギー、ポップコーンに唐揚げにジャーマンポテト、焼き鳥、そして綿がしなどその種類は多岐にわたる。演劇は、隣接する豊岡短期大学のホールを借りて行われ、照明や音響など本格的な機材を使って行われていたが、現在は豊岡短期大学との契約が終了し、体育館でおこなわれるようになった。 初期は2年ごとに開催されており、新入生歓迎フェスティバルというものと交互に行われていた。以前は、警備上の理由からチケットを持った保護者や地域の子供しか参加できなかったが、2010年から2日目に一般公開が行われている。また過去には3日間行われていた時期もあり、3日目は保護者も一般の人も立ち入れず、生徒のみが文化祭に参加できた。
キャンパス 4つの棟A,B,C,D棟がある。職員室はA,B,C棟にある。かつてはD棟にも職員室が置かれている時期があった。 教室はコースや学年ごとにA~D棟に校舎が分かれている。以前はB棟にも教室があったが、クラス数の減少等により現在はない。またかつてはA棟が中高一貫コース、C棟が文理特進コース、D棟が進学探求コースの教室となっていた。 また山の斜面上にあるため、棟をまたぐと階数が変わるのも特徴的である。たとえば、A棟の3階はB棟の2階、D棟の3階そしてC棟と同じ高さである。A棟の2階はB棟の1階、D棟の2階と同じ高さである。またD棟4階にある武道場に行くにはD棟3階にある階段から行く以外方法はない。 下駄箱はA,C,D棟に設置されている。またA,D棟の下駄箱は隣接している。 女子寮は校内の敷地に設置されており、体育館とD棟の間にある。男子寮は校門外の学校敷地内にある。寮についての詳細な記述は#寮にある。ちなみに男子寮の隣には保護者の方が生徒を送迎する際に乗り降りするための場所がある。 公衆電話は体育館前とC棟職員室付近に設置されている。また、B棟にはトイレがなく、他の棟のトイレを使う必要がある。 C棟の隣には数寄屋造りの茶室があり、茶道部や筝曲部が部活で使用する。紅葉の頃合いになると部室からの眺望は見事なものである。 学食は隣接する豊岡短期大学のものと共通のものを使用する。2階建てであるが、2階部分を使用できるのは寮生のみとなっている。食券を買い、ラーメンやどんぶり、うどんや定食を食べることができる。売店ではアイスやパン、即席カップめんなどが販売されているが、中学生はアイスやカップ麺を購入できない。また高校生もアイスやカップ麺を購入するのは放課後の利用時のみである。売店ではほかにも傘や文房具、制服や体育に使用する靴などが売られている。
◇ A棟  : 1階: 下駄箱、保健室、職員室、校長室、事務室、育友会室 : 2階: 中高一貫コースの中等部の教室、A1教室、会議室 : 3階: 全コースの受験生の教室、進路指導室、GSルーム(音楽室)
◇ B棟 : 1階: B1教室、調理教室、被服準備室、美術教室、理科室、B2教室 : 2階: 職員室、多目的教室、ACTルーム、情報教室、B3教室
◇ C棟(1階建て) : 下駄箱、職員室、書道教室、文理コース・中高一貫コースの高1、高2生の教室、茶室
◇ D棟 : 1階:下駄箱 : 2階: 進学コース、受験指導室(赤本を貯蔵しており、貸し出しを行う。) : 3階: 進学コース、図書室 : 4階: 武道場
・ 遠方通学生のために男子寮・女子寮ともに設置されている。中学生から高3生まで同じ施設で寄宿する。
・ 寮生は食堂で食事をとる。
・ 寮内で花火をしてはいけない。
制服 制服はカッターシャツや靴下まで指定品である。 学校の創立50周年を記念して、制服が新しくなった。男子のブレザーとスラックス、女子のスカートは中学校・高校で共通のものである。そのため中高一貫の生徒はそのまま使うことができる。さらに2022年、制服が変更される。

■ 男子

◇ 冬服  : 濃紺のブレザー・スラックス・カッターシャツ・ネクタイ(高校は紺、中学校は水色)・靴下
◇ 合服 : 冬服からブレザーを取り除いた服装
◇ 夏服 半袖シャツ(襟は、高校は前に紺のライン、中学校はサックス色)・グレーのスラックス

■ 女子

◇ 冬服 : 濃紺のブレザー・濃紺のプリーツスカート・カッターシャツ・ネクタイ(高校は紺、中学校は水色のリボン)・靴下またはストッキング
◇ 合服 : 冬服からブレザーを取り除いた服装
◇ 夏服 : 半袖シャツ(襟は、高校は前に紺のライン、中学校はサックス色)・グレーのチェック柄のプリーツスカート
服装検査 ・ 月1回、服装や頭髪の検査がある。検査項目は、頭髪・適正な制服の着用などである。合格しない場合は、再度検査をうけて是正が認められる必要がある。
部活動 ■ 中学校

・ サッカー
・ 剣道
・ バレーボール
・ 野球
・ ダンス
・ 書道
・ 琴
・ 英会話
・ 自然科学
・ 美術

■ 高等学校

・ サッカー
・ バレーボール
・ 陸上競技
・ なぎなた・剣道
・ バスケットボール
・ 茶道
・ 写真
・ アート
・ 箏曲
・放送部(放送班、アカペラ班)
・演劇部
・ダンス同好会
主な出身者 ・ 瀬藤淳(サッカー選手)
・ 山口めろん(タレント)
・ かやくま(youtuber)
関連校 ・ 豊岡短期大学(同一敷地内にあり、一部の施設を共用している。学校法人弘徳学園が運営)
・ 近畿大学附属高等学校・中学校(大阪府東大阪市)
・ 近畿大学附属新宮高等学校・中学校(和歌山県新宮市)
・ 近畿大学附属福岡高等学校(福岡県飯塚市)
・ 近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校(広島県福山市)
・ 近畿大学附属広島高等学校・中学校東広島校(広島県東広島市)
・ 近畿大学附属和歌山高等学校・中学校(和歌山県和歌山市)

「近畿大学附属豊岡高等学校・中学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年8月11日13時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター