ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

宮城野(普通)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7792校( 学科単位 )
東北地方 37位/759校( 学科単位 )
宮城県 15位/171校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【宮城県宮城野高等学校】
宮城県宮城野高等学校(みやぎけん みやぎのこうとうがっこう)は、宮城県仙台市宮城野区田子二丁目にある県立高等学校。JR仙石線福田町駅から徒歩10~15分の場所にあり、西側・北側には水田が、東側・南側には住宅地が広がっている。
概要 宮城野高校は「宮城野……ここでは一人ひとりが輝きます」というスローガンのもと、生徒の自主性を求めており、校則がないのが特徴である。したがって制服も無い。『生徒のことは生徒自身が話し合って決めていく』という「生徒自治」の体制を取っている。話し合いのための定例生徒総会が毎年9月に実施されるようになっている。 2年次からはソルフェージュやファッション造形、フランス語など多彩なカリキュラムがあるが、選ぶ生徒がほとんどおらず、現在は開講されていない。総合学科、美術科を有しており、宮城県内各地(北部が多い)からの入学者を有する学校であるが、立地が悪いのがネックである。 卒業生のほとんどは4年制大学に進学するが、このうち美術科では東北芸術工科大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学をはじめとした美術系大学・専門学校への進学も多数存在する。 宮城野高校には「部活・委員会がない」、「校則がない」。部活の代わりに「サークル」と呼ばれるものが、また委員会の代わりに「ボランティア」という団体が存在していて、それぞれ所属は任意である。生徒会の代わりに「ZERO」という組織が存在する。なお、サークルは高体連や高文連に登録されないため、大会への出場が認められていないが、音楽系サークルの高文連への登録、大会出場のみ例外的に認められているようである。 2022年度生から美術科1クラス 普通科5クラスへ変更され、総合学科は無くなる。(学校HP) 10代校長の遠藤吉夫は村上春樹のファンである
沿革 ・ 1991年(平成3年) - 宮城県高等学校整備検討委員会報告において、「仙台北地区人口の社会増に対する収容対策として、同地区内に普通科高等学校2校の新設が必要である」との提言を受ける。また、その2校について、「従来にない新しい学科・コースを設けたり、大幅な選択性の導入や履修方法の弾力化等を積極的に取り入れた学校とすべきである」 との指針が示される。
・ 1994年(平成6年) 12月 - 宮城県条例により、仙台市に宮城県宮城野高等学校の設置を公示。
・ 1995年(平成7年) - 開校
・ 2005年(平成17年) 9月 - 本校で初めての生徒総会が行われる。
・ 2005年(平成17年) 10月 - 大江健三郎を招き、仙台サンプラザホールで開校10周年記念式典を実施。
・ 2006年(平成18年) 4月
 ・ 普通科の人文国際コース、理数情報コースを廃止し、普通科を一本化。
 ・ 開校10周年記念事業の一環として、体育館アリーナに校歌の歌詞板、大講義室にエアコンがそれぞれ設置される。同時に太陽光発電設備が完成。
・ 2007年(平成19年) 12月 - 公民科の倫理の授業で山上隆司教諭によって行われていた「テオーリア」をまとめた書籍『高校生の頭んなか』が創栄出版より発売。
・2008年(平成20年)11月 - 小柴昌俊を招き、「大きいこと、小さいこと」と題した講演会が行われた。
・2020年(令和2年)10月 - 創立25周年記念公演として小山薫堂を招き、「幸せの企画術」と題した講演会が行われた。
歴代校長 八巻一雄(平成7年度~平成9年度) 石田昌彦(平成10年度~平成12年度) 川村幸安(平成13年度~平成14年度) 高橋雅武(平成15年度~平成16年度) 荒伸二(平成17年度~平成18年度) 佐藤東志夫(平成19年度~平成20年度) 黒川利司 (平成21年度~平成22年度) 齋藤公子 (平成23年度~平成26年度) 伊東玲子 (平成27年度~平成29年度) 遠藤吉夫 (平成30年度〜令和2年度) 佐藤誠 (令和3年度~)
設置学科 ・ 美術科(各学年1クラス40人程度・1ホーム)
・ 普通科(各学年4クラス160人程度・2~5ホーム)
・ 総合学科(各学年2クラス80人程度・6~7ホーム)
 ・人文系列
 ・理数系列
 ・美術系列   総合学科は令和4年度から廃科となる
著名な卒業生 ■ 芸能

・ 鎌田梢 - 声優、ナレーター
・ 稲葉さゆり - 女優
・ 中村和彦 ‐ ベーシスト、9mm Parabellum Bullet
・ 上遠野太洸 - 俳優、第23回ジュノンスーパーボーイコンテストグランプリ
・ 藤本つかさ - プロレスラー、女優
・ 斉藤百香 - フリーアナウンサー、元東北放送アナウンサー

■ その他

・ 道渕諒平 - サッカー選手
・ 宮崎夏次系 - 漫画家

「宮城県宮城野高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2021年10月27日7時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター