ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

倉吉東(普通)


偏差値59( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)158.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 937位/7792校( 学科単位 )
中国・四国地方 91位/892校( 学科単位 )
鳥取県 5位/52校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【鳥取県立倉吉東高等学校】
鳥取県立倉吉東高等学校(とっとりけんりつ くらよしひがしこうとうがっこう)は、鳥取県倉吉市にある高等学校。略称は「倉東」(そうとう)。
概要 ◇歴史 :1909年(明治42年)に設置された「鳥取県立倉吉中学校」(旧制中学校、男子校)を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により、新制の「鳥取県立倉吉第一高等学校」(男子校)となった。その翌年公立高校の統合・再編により総合制の「鳥取県立倉吉高等学校」(男女共学)となった後、1953年(昭和28年)に倉吉高等学校が東西の2校に分離され、現校名の「鳥取県立倉吉東高等学校」が発足した。2009年(平成21年)で創立100周年を迎えた。
◇設置課程・学科 :全日制課程 普通科 :定時制課程 普通科(夜間部) ※通信制課程と併せて学ぶこと(定通併修制度)により、3年での卒業が可能。
◇校訓 :「自主・自律」
◇教育方針 :われわれは、豊かな文化の創造、民主的な社会及び国家の発展、平和的な国際社会の形成に進んで貢献し得る、知・情・意とも兼ね備えた、自主的・自律的で、生きる力に満ちた生徒を育むために、本校におけるあらゆる教育活動の充実と向上をはからなければならない。われわれはここに、地域に根差し且つ歴史と伝統に満ちた本校教育の更なる発展を期し、次に掲げる教育方針を定める。 :
・基礎学力の確立 - 授業第一の充実した学習活動となるよう、予習中心の日々の家庭学習を継続できる力を養う。 :
・英でた知性 - 基礎基本を確立して、自己の課題を設定し、自ら解決する能力を育成するため発想力および論理的自己表現力を養う。 :
・満ちあふれる向上欲 - 自主的、主体的かつ積極的に幅広い視野に立って多方面に活躍する進取の気性を育てる。 :
・明るく活力ある人物 - つねに、自己の言動に対し、本校生としての誇りと責任をもち集団生活において柔軟な対応とリーダーシップのとれる人物を育成する。 :
・豊かな心情 - 心情を鍛え、豊かな情操を育む。
◇校章 :倉吉高等学校時代の1950年(昭和25年)、石谷嘉治によって制定された。 旧制・倉吉中学校の校章(松と桜)、旧制・倉吉高等女学校の校章(松柏(しょうはく))にちなんでデザインされた。
◇校歌 :作詞は吉田啓文、作曲は平井保善(平井康三郎)による。歌詞は3番まであり、歌詞に校名は登場しない。
◇同窓会 :「鴨水同窓会」と称している。
◇国際交流校 : 安養高等学校(韓国)
歴史 ◇旧制中学校・新制高等学校(男子校)時代
・1909年(明治42年)
 ・3月24日 - 「鳥取県立倉吉中学校」の設置が認可される。
 ・4月1日 - 「鳥取県立倉吉中学校」が開校。修業年限を5年とする。
 ・4月15日 - 成徳尋常高等小学校の西校舎で入学式を挙行。
・1910年(明治43年)3月31日 - 東伯郡倉吉町堺町二丁目201に本校舎が完成。
・1921年(大正11年)5月15日 - 校旗を制定。
・1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年に短縮される。
・1945年(昭和20年)
 ・3月 - 修業年限短縮の前倒しにより、4年生と5年生の合同卒業式を挙行。
 ・4月1日 - 戦況の悪化により、授業が停止される。勤労動員は継続される。
 ・9月 - 終戦により、授業を再開。
・1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限が5年に戻る。旧制中学校最後の生徒募集を行う。
・1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
 ・旧制中学校の生徒募集を停止(1年生不在)。
 ・新制中学校を併設し(名称:鳥取県立倉吉中学校併設中学校、以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として収容。
 ・併設中学校はあくまで経過措置として暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
 ・旧制中学校の3・4年修了者はそのまま旧制中学校に在籍し、4・5年生となった(4年修了時点で卒業することもできた)。
・1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施、新制高等学校の発足)
 ・旧制中学校が廃止され、新制高等学校「鳥取県立倉吉第一高等学校」(男子校)が発足。
  ・全日制普通科(修業年限3年)を設置。定時制普通科(夜間部・修業年限4年)を併置。
  ・旧制中学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
  ・併設中学校は新制高校に継承され(名称:鳥取県立倉吉第一高等学校併設中学校)、在校生は1946年(昭和21年)に旧制中学校へ最後に入学した3年生を残すのみとなる。
・1949年(昭和24年)3月31日 - 併設中学校を廃止(旧制5年から新制3年への修業年限の移行が完了)。
◇新制高等学校(男女共学)
・1949年(昭和24年)4月1日 - 高校三原則に基づく鳥取県内公立高等学校の再編が行われる。
 ・鳥取県立倉吉第二高等学校(女子校)、鳥取県立倉吉実業高等学校の2校と統合され、普通・家庭・商業・工業科を有する総合制の「鳥取県立倉吉高等学校」となる。 
 ・旧第一高校校舎を「東校舎」、旧第二高校校舎を「西校舎」とする。
・1950年(昭和25年)2月1日 - 校歌を制定。
・1953年(昭和28年)4月1日 - 高校再編により倉吉高等学校が東・西の2校に分離し、東校舎を「鳥取県立倉吉東高等学校」(現校名)と改称。
 ・西校舎は鳥取県立倉吉西高等学校となる。
・1961年(昭和36年)4月1日 - 専攻科を設置。
・1962年(昭和37年)4月1日 - 工業科が分離し、鳥取県立倉吉工業高等学校として独立。
・1967年(昭和42年)3月20日 - 現在地に新校舎が完成し移転を完了。
・1977年(昭和52年)
 ・3月5日 - 校旗を制定。
 ・3月31日 - 鴨水会館(同窓会館)が完成。
・1978年(昭和53年)3月14日 - 柔剣道場が完成。
・1979年(昭和54年)3月31日 - グラウンドを拡張。
・1983年(昭和58年)
 ・2月28日 - 雨天練習場が完成。
 ・12月15日 - 特別教室棟が完成。
・1989年(平成元年)12月16日 - 第2グラウンドが完成。
・1996年(平成8年)4月1日 - 図書館・専攻科棟が完成。
・1997年(平成9年)
 ・1月16日 - 創作・交流ホールが完成。
 ・この年 - 2年生と対象に韓国研修旅行を開始。
・1999年(平成11年)2月19日 - 生徒会部室を改築。
・2000年(平成12年)2月21日 - 第1体育館を改築。
・2002年(平成14年)8月 - 「第1回高校生フォーラムin倉吉」を開催する。2005年の第4回より開催名を「国際高校生フォーラムin倉吉」と改称。
・2004年(平成16年)4月 - 文部科学省によりスーパーイングリッシュランゲージハイスクール(SELHi)に指定される。
・2005年(平成17年)2月10日 - 第2体育館・柔剣道場を改築。
・2013年(平成25年)3月31日 - 専攻科を廃止。
学校行事 50回を数える学園祭や、国際高校生フォーラムin倉吉などの学校行事が盛んである。
部活動 ◇運動部
・硬式野球部 - 選抜高等学校野球大会2回出場(第60回・1988年、第61回・1989年)、全国高等学校野球選手権大会1回出場(第77回・1995年)
・バスケットボール部
・サッカー部
・ソフトテニス部
・卓球部
・ソフトボール部
・テニス部
・アーチェリー部
・ハンドボール部
・柔道部
・剣道部
・バレーボール部
・バドミントン部
・水泳部
・ラグビー部
・陸上競技部
◇文化部
・新聞部
・囲碁部
・美術部
・オーケストラ部
・合唱部
・書道部
・放送部
・演劇部
・家庭部(茶道)
・解放研
・英語クラブ
著名な出身者 ◇文化人
・ 伊藤宝城(医師、詩人、版画家、彫刻家、戦後日本の抽象彫刻の先駆者の一人)
・ 宇仁菅真(俳優)
・ 大坂弘道(人間国宝、重要無形文化財「木工芸」の保持者)
・ 門脇大輔(ヴァイオリン奏者)
・ 倉繁貴志子(洋画家)
・ 桑野博利(日本画家)
・ 小谷承靖(映画監督)
・ 丁田政二郎(作家、舞台俳優)
・ 前田寛治(洋画家)
・ MALTA(サックス奏者)
・ 吉田たすく(染織家、絣紬研究家)
◇実業家
・ 岸本正壽(オリンパス光学工業社長)
・ 廣川仁(エースパック社長)
・ 富盛清志(富士通電装社長)
◇政治家
・ 坂野重信(政治家)
◇教育者・学者
・ 石原昂(鳥取大学名誉教授)
・ 猪川倫好(筑波大学名誉教授)
・ 押本年眞(同志社大学教授)
・ 高島道枝(中央大学名誉教授)
・ 田中雅康(東京理科大学教授)
・ 鳥飼欣一(物理学者)
・ 永田英正(京都大学名誉教授)
・ 前田裕司(広島国際大学教授)
・ 松村睦豪(筑波大学名誉教授)
・ 松本典昭(阪南大学助教授)
・ 宮本健作(大阪大学名誉教授)
・ 八嶋厚(岐阜大学副学長)
・ 矢吹萬寿(元大阪府立大学学長)
・ 米増祐吉(旭川医科大学名誉教授)
◇スポーツ選手
・ 和田見里美(自転車競技選手)
◇アナウンサー
・ 桑本充悦(BSS山陰放送アナウンサー)
・ 丸山聡美(BSS山陰放送アナウンサー)
・ 松岡史子(NKT日本海テレビジョン放送報道記者)
◇その他
・ 福本和夫(共産主義思想家)

「鳥取県立倉吉東高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年11月26日3時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島