ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

倉吉東(普通)


偏差値59( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)158.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 937位/7791校( 学科単位 )
中国・四国地方 91位/892校( 学科単位 )
鳥取県 5位/52校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【鳥取県立倉吉東高等学校】
鳥取県立倉吉東高等学校(とっとりけんりつ くらよしひがしこうとうがっこう)は、鳥取県倉吉市にある公立高等学校。略称は「倉東」(そうとう)。
概要 ◇ 歴史 : 1909年(明治42年)に設置された「鳥取県立倉吉中学校」(旧制中学校、男子校)を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により、新制の「鳥取県立倉吉第一高等学校」(男子校)となった。その翌年公立高校の統合・再編により総合制の「鳥取県立倉吉高等学校」(男女共学)となった後、1953年(昭和28年)に倉吉高等学校が東西の2校に分離され、現校名の「鳥取県立倉吉東高等学校」が発足した。
◇ 設置課程・学科 : 全日制課程 普通科 : 定時制課程 普通科(夜間部) ※通信制課程と併せて学ぶこと(定通併修制度)により、3年での卒業が可能。
◇ 校訓 : 「自主・自律」
◇ 校章 : 倉吉高等学校時代の1950年(昭和25年)、石谷嘉治によって制定された。 旧制・倉吉中学校の校章(松と桜)、旧制・倉吉高等女学校の校章(松柏(しょうはく))にちなんでデザインされた。
◇ 校歌 : 作詞は吉田啓文、作曲は平井保善(平井康三郎)による。歌詞は3番まであり、歌詞に校名は登場しない。
◇ 同窓会 : 「鴨水同窓会」と称している。
◇ 国際交流校 : 安養高等学校(韓国)
歴史 ◇ 旧制中学校・新制高等学校(男子校)時代
・ 1909年(明治42年)
 ・ 3月24日 - 鳥取県立倉吉中学校の設置が認可される。
 ・ 4月1日 - 鳥取県立倉吉中学校が開校。修業年限を5年とする。
 ・ 4月15日 - 成徳尋常高等小学校の西校舎で入学式を挙行。
・ 1910年(明治43年)3月31日 - 東伯郡倉吉町堺町二丁目201に本校舎が完成。
・ 1921年(大正11年)5月15日 - 校旗を制定。
・ 1945年(昭和20年)
 ・ 4月1日 - 戦況の悪化により、授業が停止される。勤労動員は継続される。
 ・ 9月 - 終戦により、授業を再開。
・ 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)により、旧制中学校の生徒募集を停止。
・ 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、旧制中学校が廃止され、新制高等学校として鳥取県立倉吉第一高等学校(男子校)が発足。全日制普通科(修業年限3年)を設置。定時制普通科(夜間部・修業年限4年)を併置。
◇ 新制高等学校(男女共学)
・ 1949年(昭和24年)4月1日 - 高校三原則に基づき、鳥取県立倉吉第二高等学校(女子校)、鳥取県立倉吉実業高等学校の2校と統合され、普通・家庭・商業・工業科を有する鳥取県立倉吉高等学校となる。旧第一高校校舎を「東校舎」、旧第二高校校舎を「西校舎」とする。
・ 1950年(昭和25年)2月1日 - 校歌を制定。
・ 1953年(昭和28年)4月1日 - 高校再編により倉吉高等学校が東・西の2校に分離し、東校舎を鳥取県立倉吉東高等学校(現校名)と改称。西校舎は鳥取県立倉吉西高等学校となる。
・ 1961年(昭和36年)4月1日 - 専攻科を設置。
・ 1962年(昭和37年)4月1日 - 工業科が分離し、鳥取県立倉吉工業高等学校として独立。
・ 1967年(昭和42年)3月20日 - 現在地に新校舎が完成し移転を完了。
・ 1977年(昭和52年)
 ・ 3月5日 - 校旗を制定。
 ・ 3月31日 - 鴨水会館(同窓会館)が完成。
・ 1978年(昭和53年)3月14日 - 柔剣道場が完成。
・ 1979年(昭和54年)3月31日 - グラウンドを拡張。
・ 1983年(昭和58年)
 ・ 2月28日 - 雨天練習場が完成。
 ・ 12月15日 - 特別教室棟が完成。
・ 1989年(平成元年)12月16日 - 第2グラウンドが完成。
・ 1996年(平成8年)4月1日 - 図書館・専攻科棟が完成。
・ 1997年(平成9年)
 ・ 1月16日 - 創作・交流ホールが完成。
 ・ 2年生と対象に韓国研修旅行を開始。
・ 2000年(平成12年)2月21日 - 第1体育館を改築。
・ 2002年(平成14年)8月 - 「第1回高校生フォーラムin倉吉」を開催する。2005年の第4回より開催名を「国際高校生フォーラムin倉吉」と改称。
・ 2004年(平成16年)4月 - 文部科学省によりスーパーイングリッシュランゲージハイスクール(SELHi)に指定される。
・ 2005年(平成17年)2月10日 - 第2体育館・柔剣道場を改築。
・ 2013年(平成25年)3月31日 - 専攻科を廃止。
学校行事 50回を数える学園祭や、国際高校生フォーラムin倉吉などの学校行事が盛んである。
部活動 硬式野球部は選抜高等学校野球大会2回出場(1988年、1989年)、全国高等学校野球選手権大会1回出場(1995年)。 ラグビー部は2022年度のラグビー鳥取県予選を全2試合不戦勝(この大会には3校がエントリー、どちらの試合も人数不足)で通過し、第102回全国高校ラグビー大会出場を決定させたことで話題となった。ラグビー部の全国大会出場経験は12回(2022年度時点)。
・ 運動部 - 硬式野球、ソフトテニス、硬式テニス、バレーボール、ラグビー、バスケットボール、ソフトボール、ハンドボール、バドミントン、サッカー、卓球、アーチェリー、柔道、剣道、水泳、陸上競技
・ 文化部 - 新聞、囲碁、美術、オーケストラ、合唱、書道、演劇、放送、茶道、解放研、英語
著名な出身者 ◇ 文化人
・ 伊藤宝城(医師、詩人、版画家、彫刻家、戦後日本の抽象彫刻の先駆者の一人)
・ 宇仁菅真(俳優)
・ 大坂弘道(人間国宝、重要無形文化財「木工芸」の保持者)
・ 小谷承靖(映画監督)
・ 丁田政二郎(作家、舞台俳優)
・ 前田寛治(洋画家)
・ MALTA(サックス奏者)
・ 吉田たすく(染織家、絣紬研究家)
◇ 教育者・学者
・ 鳥飼欣一(物理学者)
・ 永田英正(京都大学名誉教授)
・ 松本典昭(阪南大学助教授)
・ 矢吹萬寿(元大阪府立大学学長)
・ 山名淳(東京大学教授)
◇ マスコミ
・ 桑本充悦(BSS山陰放送アナウンサー)
・ 丸山聡美(BSS山陰放送アナウンサー)
・ 松岡史子(元NKT日本海テレビジョン放送報道記者)
◇ その他
・ 岸本正壽(オリンパス光学工業社長)
・ 坂野重信(政治家)
・ 福本和夫(共産主義思想家)
・ 和田見里美(自転車競技選手)

「鳥取県立倉吉東高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年12月2日4時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター