ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

出雲(理数)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7793校( 学科単位 )
中国・四国地方 42位/892校( 学科単位 )
島根県 2位/78校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。

【島根県立出雲高等学校】
概要
● 歴史1920年(大正9年)に島根県女子師範学校に再併設された「島根県立今市高等女学校」を前身とする。2020年(令和2年)に創立100周年を迎えた。
● 設置課程・学科全日制課程 2学科
・普通科
・理数科
● 学区普通科は、旧平田市と出雲市外からの入学者が入学定員の5%に制限されている。
理数科は全県学区。
県外入学枠は全校で4名(普通科については地域外5%枠に含まれる。)
● 通学圏上記の制約もあり、通学する生徒は、合併前の出雲市内在住が多いが、平田市、大社町、佐田町、湖陵町、多伎町、斐川町等新出雲市、大田市、雲南市、松江市などからも通学している。
● 校訓(基本理念)「久徴の精神」「久徴」(きゅうちょう)という言葉は「中庸」第26章前段の「至誠無息 不息則久 久則有徴」(故に至誠は息(や)むこと無し。息まざれば即ち久し、久しければ則ち徴あり)に由来する。
● 学園の指標自主自立の精神に富み、気品高き自治の学園誠実、勤勉にして、社会的秩序を重んずる学園職員、師弟、校友相睦み合う、友愛協和の学園
● 校章校名の「出雲」にちなみ「雲」の絵を背景にして、「高」の文字(旧字体)を置いている。
● 校歌1951年(昭和26年)に制定。作詞は竹友藻風、作曲は長谷川良夫による。歌詞は2番まであり、両番に校名の「出雲」が登場する。
● 同窓会「久徴会」(きゅうちょうかい)と称している。
● 久徴園校舎の後方にある植物園。平田植物園とも呼ばれ、隣接する出雲科学館の研究施設にもなっている。また島根県の天然記念物であるオオサンショウウオも飼育されている。
沿革 ● 前史
・1898年(明治31年)
 ・3月 - 「島根県簸川尋常中学校」(旧制中学校)の設置が島根県知事によって認可される。
 ・5月 - 開校。大町桂月・塩井雨江らが教師として勤務。
・1899年(明治32年)4月1日 - 「島根県簸川中学校」と改称(校名から「尋常」を除く)。今市町(現・出雲高等学校の校地)に新校舎が完成。
・1900年(明治33年)4月1日 - 「島根県立簸川中学校」と改称。
・1901年(明治34年)6月 -「島根県立第三中学校」と改称。
・1902年(明治35年)- 島根県立第三中学校が大社町鹿城丘に移転。
 ・島根県立第三中学校はその後、数回の改称・改編を経て、1949年(昭和24年)に「島根県立大社高等学校」となった。
 ・島根県立大社高等学校沿革を参照。
● 高等女学校時代
・1903年(明治36年)
 ・4月1日 - 簸川郡今市町に「島根県女子師範学校」が設置される。
 ・6月 - 今市町の島根県立第三中学校跡地に移転。
・1907年(明治40年)4月1日 - 島根県女子師範学校に「島根県立今市高等女学校」が併設される。
・1913年(大正2年)
 ・3月31日 - 島根県立今市高等女学校が廃止される。
 ・9月 - 奥田義人文部大臣、西村保吉知事が来校視察、校舎裏の丘を「久徴園」と命名。
・1919年(大正8年)1月 - 西村保吉知事、所属教材植物栽培の区域を総称し「平田植物園」と命名。
・1920年(大正9年)3月 - 島根県女子師範学校に「島根県立今市高等女学校」が再び併設される(創立年)。 7年ぶりに復活。
・1923年(大正12年)4月 - 島根県女子師範学校の移転により併設を解消。今市町の校地がすべて高等女学校に移管される。
・1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
 ・高等女学校の生徒募集を停止(1年生不在)。
 ・新制中学校を併設し(名称島根県立今市高等女学校併設中学校、以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
 ・併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たな生徒募集は行われず(1年生不在)、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
 ・高等女学校3・4年修了者はそのまま高等女学校に在籍し、その4・5年生となる(4年修了時点で卒業することもできた)。
● 新制高等学校
・1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施、新制高等学校の発足)
 ・高等女学校が廃止され、新制高等学校「島根県立出雲高等学校」(現校名、女子校)が発足。
  ・高等女学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業生(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
  ・併設中学校は新制高校に継承され(名称島根県立出雲高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に入学した3年生のみとなる。
・1949年(昭和24年)
 ・3月31日 - 併設中学校を廃止(旧制4・5年から新制3年への修業年限の移行が完了)。
 ・4月1日 - 高校三原則に基づく島根県内公立高校の再編により男女共学を開始。
・1951年(昭和26年)11月 - 校歌を制定。
・1966年(昭和41年)4月1日 - PTAにより過年度生(卒業生・浪人生)を対象とした補習科(在学期間1年間)が開設される。
・1969年(昭和44年)4月1日 - 全日制課程に理数科を新設。
・1971年(昭和46年)4月1日 - 定時制課程(普通科家庭コース(2学級))を新設。
・1974年(昭和49年)4月1日 - 定時制課程に衛生看護科(1学級)を新設。
・1975年(昭和50年)7月 - 定時制課程の校舎が完成。
・1994年(平成6年)10月 - 久徴会館(同窓会館)が完成。
・2003年(平成15年)5月 - 新校舎建設工事に着手。
・2004年(平成16年)
 ・4月1日 - 定時制課程 衛生看護科の募集を停止。
 ・6月 - 3号館の改修が完了。
 ・10月 - 鉄筋コンクリート造3階建ての新4号館が完成。
・2005年(平成17年)12月 - 鉄筋コンクリート造4階建ての新1号館・新2号館が完成。
・2007年(平成19年)3月31日 - 定時制課程 衛生看護科を廃止。
・2010年(平成22年)4月1日 - 島根県立宍道高等学校の新設により、定時制課程 普通科の生徒募集を停止。
・2013年(平成25年)
 ・3月 - スーパーサイエンスハイスクールに指定される。
 ・3月31日 - 定時制課程 普通科を廃止。
・2014年(平成26年)4月 - スーパーグローバルハイスクールに指定される。
・2018年(平成30年)4月 - スーパーサイエンスハイスクール 2期に継続指定される。
出身者 ・ 澄田信義(前島根県知事)
・ 岩國哲人(前衆議院議員・元出雲市長)
・ 西尾理弘(前出雲市長)
・ 塩田元規(アカツキ共同創業者・CEO)
・ 錦織健(声楽家)
・ 松本侑子(小説家)
・ 土江寛裕(元陸上選手・日本陸連短距離副部長・東洋大学法学部准教授)
・ 和田季子(山陰放送アナウンサー 2008年8月末で退職)
・ 中山和久(京都大学大学院薬学研究科教授)
・ 高部眞規子(知的財産高等裁判所所長)
・ 園山真希絵(料理研究家)
・ 原和之(東京大学大学院准教授)
・ 平野俊一(TBSテレビ・ドラマ演出家)
・ 芹明香(女優) ※中退
・ 宮本誉久(ラグビー選手・NECグリーンロケッツ所属)脚注

「島根県立出雲高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年7月15日0時(日本時間)現在での最新版を取得。


【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。




楽天ウェブサービスセンター