ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

松江南(理数)


偏差値61( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)166.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 685位/7792校( 学科単位 )
中国・四国地方 66位/892校( 学科単位 )
島根県 3位/78校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【島根県立松江南高等学校】
島根県立松江南高等学校(しまねけんりつ まつえみなみ こうとうがっこう, Shimane Prefectural Matsue Minami High School)は、島根県松江市八雲台一丁目に所在する公立高等学校。通称「南高」(みなみこう)。
概要 ◇歴史 :1961年(昭和36年)に島根県立松江高等学校が南・北の2校に分割され、「島根県立松江南高等学校」として開校(北は島根県立松江北高等学校)。2011年(平成23年)に創立50周年を迎えた。
◇設置課程・学科 :全日制課程 2学科 :
・普通科 :
・理数科 :::PTAにより過年度生(卒業生)対象に補習科が設置されている。
◇分校 :宍道分校(定時制課程 家政科)- 2010年(平成22年)の島根県立宍道高等学校の新設に伴い、2013年(平成25年)3月に閉校
◇校訓 :「質実剛健・創造進取・和敬共栄」
◇校章 :創立時に当時の美術教諭により「南」「高」の二字を元にデザインされたもの。 :楕円形の形から「ゴキブリ」とも呼ばれ、自転車ステッカーや制服の校章(男子は学生服の襟、女子はブレザーの上着の胸部分に着用が校則により義務付けられている。)、生徒規則集など至る所に用いられる。 File:島根県立松江南高等学校校章.png
◇校歌 :作詞は木島俊太郎、作詞は松本民之助による。歌詞は3番まであり、1番に校名の「松江の南」が登場する。
◇同窓会 :校舎の建つ矢の原台にちなみ「矢の原会」と称している。
沿革 ・1949年(昭和24年)4月1日 - 高校三原則に基づく島根県内公立高等学校の再編が行われる。
 ・県立松江第一高等学校(男子校)・県立松江第二高等学校(女子校)・松江市立高等学校(女子校)が統合され、総合制高等学校「島根県立松江高等学校」が発足。
・1954年(昭和29年)4月1日 - 松江市立宍道中学校に定時制課程家庭科を併設。
 ・島根県立松江北高等学校沿革も参照。
・1959年(昭和34年)- 島根県立松江高等学校の二分化方針により校舎第1期建築工事に着手。
・1961年(昭和36年)4月1日 - 島根県立松江高等学校を南北に分離し、「島根県立松江南高等学校」として開校。
 ・学区を松江市橋南、八束郡宍道湖・大橋川以南の地区と決定。
 ・宍道町の定時制課程家庭科を宍道分校とする。
 ・初代校長に木島俊太郎が就任。
・1963年(昭和38年) - 校舎が完成。
・1964年(昭和39年)3月 - 第1回卒業式を挙行。同窓会「矢の原会」を創設。
・1965年(昭和40年)- 男女併学を開始。
・1966年(昭和41年) - PTAにより補習科が設置。
・1967年(昭和42年)- 食堂が完成。
・1969年(昭和44年)
 ・4月1日 - 理数科(1学級)を設置。
 ・この年 - 寄宿舎が完成。
・1970年(昭和45年)- 創立10周年を記念し記念館が完成。
・1971年(昭和46年)- 体育部室・合宿所が完成。
・1972年(昭和47年)- 男女共学を再開。
・1975年(昭和50年)- 柔剣道場を増設。
・1976年(昭和51年)- 第3棟が完成。
・1979年(昭和54年)- 財団法人「矢の原教育振興会」を創設。
・1980年(昭和55年)- テニスコートが完成。
・1981年(昭和56年)- 校庭一面化工事を完了。新体育館(現・第1体育館)が完成。
・1983年(昭和58年)- 島根県立松江東高等学校の新設に伴い、学区を変更。
 ・松江市立第三中学校・松江市立第四中学校の一部が松江北高高校・松江東高校の学区となる。
・1986年(昭和61年)-「清明の碑」を建立。
・1987年(昭和62年)- 校名碑を建立。
・1999年(平成11年)- 校舎改築工事に着手。旧第2体育館を偲び「練習納めの会」を挙行。
・2000年(平成12年)- 新特別教室棟・新第2体育館が完成。旧特別教室棟を偲び「さよなら文化祭」を開催。
・2001年(平成13年)- 旧普通教室棟を偲び矢の原会(同窓会)による「旧校舎惜別の会」を挙行。
・2002年(平成14年)- 新校舎が完成。
・2020年(令和2年)- 令和2年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定 。
部活動 運動部
・陸上競技部
・バレーボール部
・バスケットボール部
・ソフトテニス部
・テニス部
・卓球部
・バドミントン部
・ハンドボール部
・空手道部
・柔道部
・剣道部
・サッカー部
・水泳部
・野球部
・ソフトボール部 文化部
・文芸部
・化学部
・生物部
・地学部
・合唱部
・吹奏楽部
・写真部
・美術部
・書道部
・茶道部
・ESS(English Speaking Society)
・新聞部
・放送部
・演劇部
・JRC (Junior Red Cross)
・箏曲部
・囲碁将棋部
・フォークソング同好会
著名な出身者 ・佐野史郎 - 俳優
・山本恭司 - ギタリスト、BOW WOWリーダー
・福島敦子 - アナウンサー
・福島弓子 - アナウンサー、イチロー夫人
・堀江清市 - NHK松江放送局アナウンサー
・山根伸志 - 山陰放送アナウンサー兼野球選手
・松浦正敬 - 松江市長
・篠原栄 - 松江市市議会議員(公明党)
・小村徳男 - プロサッカー選手
・玄田有史 - 経済学者
・吉川徹 - 社会学者
・清原達郎 - スーパーサラリーマン
・安田善巳 - ゲームクリエイター 角川ゲームス代表取締役社長、フロム・ソフトウェア代表取締役会長
・そのだたつの助 - 漫画家。デビュー作「K.O.マサトメ」の舞台は南高をモデルとしており、校舎や校章のデザインがほぼ同じ。なお、現段階で南高にボクシング部は存在していない。
・小前亮 - 小説家・歴史学者
・角岳史 - 指揮者・音楽家・演出家
・飛浩隆 - SF作家
・興直孝 - 元内閣府政策統括官、元静岡大学学長、元広島大学副学長、日本海洋科学振興財団理事長
・原田保夫 - 元復興庁事務次官、元国土交通審議官
・藤井秀人 - 元日本政策投資銀行副社長、元財務事務次官
・郷原信郎 - 名城大学教授、弁護士、元検察官
・矢富盟祥 - 金沢大学名誉教授
・しじみ(持田茜) - 女優
・浜田真理子 - ミュージシャン
・セイジ - ミュージシャン、ギターウルフ
・太田充 - 財務省理財局長、財務事務次官
・大庭誠司-元総務省消防庁次長
・岩田健太郎 - 神戸大学大学院医学研究科教授
最寄駅 ・JR山陰本線松江駅よりバスで約15分
・JR山陰本線乃木駅よりバスで約10分

「島根県立松江南高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年12月6日3時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター