ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

井原(普通・単位制)


偏差値50( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)125点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2564位/7791校( 学科単位 )
中国・四国地方 284位/892校( 学科単位 )
岡山県 52位/156校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【岡山県立井原高等学校】
岡山県立井原高等学校(おかやまけんりつ いばらこうとうがっこう)は、岡山県井原市井原町にある県立高等学校。1902年(明治35年)に井原女子尋常高等小学校併設の補習科として設立された歴史ある学校である。「井高」と略称される。校地が北校地(旧岡山県立井原高等学校)と南校地(旧岡山県立精研高等学校)に分かれている。岡山県教育委員会が2018年度に策定した「県立高校教育体制整備実施計画」では県内に複数ある複数校地の解消が計画されており、2021年度に南校地の2科の生徒募集を停止し、2023年度から北校地に集約することが決定している。
設置学科 ・ 北校地
 ・ 全日制課程 普通科
・ 南校地
 ・ 全日制課程 園芸科・家政科
沿革 ・ 1902年(明治35年)5月 - 井原女子尋常高等小学校に補習科(専修科)として付設。
・ 1903年(明治36年)12月 - 後月郡井原町立井原女学校(本科・専修科)を設置。高等小学校卒業者を収容。
・ 1912年(明治45年)4月 - 岡山県井原町立高等女学校(本科・専修科)と改称。
・ 1929年(昭和4年)4月 - 県移管となり、岡山県井原高等女学校と改称。
・ 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革により高等学校として発足し、岡山県立井原高等学校(3年制全日制普通課程)と改称。
・ 1949年(昭和24年)8月 - 条例に基づき、男女共学に再編。
・ 2003年(平成15年)10月 - 創立100周年記念式典挙行。
・ 2006年(平成18年)4月 - 高校再編により岡山県立精研高等学校を統合する。
・ 2019年(平成31年)- 各学科の定員の5%以内(普通科は学区外の5%と併せた人数)で全国募集を開始。
・ 2020年(令和2年)- 全国募集枠が各学科の定員の10%以内(普通科は学区外の5%以内と併せた人数)に拡大予定。
所在地 ・ 北校地
 ・ 岡山県井原市井原町1802

・ 南校地
 ・ 岡山県井原市井原町1875
出身者 ・ 大舌勲(井原市長)
・ 掛谷秀昭(工学者)
・渡邊功(東急電鉄 元取締役社長)
・高村彰典(株式会社サイバー・バズ 代表取締役社長)

「岡山県立井原高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年10月2日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター