ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

倉敷青陵(普通)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7792校( 学科単位 )
中国・四国地方 42位/892校( 学科単位 )
岡山県 6位/156校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【岡山県立倉敷青陵高等学校】
岡山県立倉敷青陵高等学校(おかやまけんりつ くらしきせいりょうこうとうがっこう, Okayama Prefectural Kurashiki Seiryo High School)は、岡山県倉敷市羽島にある県立高等学校。校名は「永遠の理想を追求する青春の陵(おか)」という意味である。
概要 ◇歴史 :1908年(明治41年)創立の「岡山県倉敷高等女学校」と1944年(昭和19年)創立の「岡山県倉敷中学校」を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革(六・三・三制の実施)によりそれぞれ新制高等学校に改編された。翌1949年(昭和24年)に両校が統合され、現校名となった。2008年(平成20年)に創立100周年を迎えた。
◇設置課程・学科 :全日制課程 普通科
◇校歌 :作詞は喜志邦三、作曲は宮原禎次による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「青陵」が登場する。
沿革 ◇高等女学校・新制高等学校(女子校)時代
・1908年(明治41年)4月1日 - 倉敷町山の後に「倉敷町外5ケ村学校組合立精思女学校」が開校。
・1909年(明治42年)3月31日 - 「精思高等女学校」に改称。
・1912年(明治45年)4月1日 - 精思農商学校跡に移転。
・1915年(大正4年)4月1日 - 補習科を設置。
・1920年(大正9年)2月26日 - 「倉敷高等女学校」と改称。
・1928年(昭和3年)4月1日 - 岡山県に移管され、「岡山県倉敷高等女学校」と改称。
・1938年(昭和13年)3月28日 - 現在位置に移転。
・1948年(昭和23年) 4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、高等女学校が廃止され、新制高等学校「岡山県立倉敷精思高等学校」(女子校)が発足。
◇倉敷中学校・新制高等学校(男子校)時代
・1944年(昭和19年)3月25日 - 「岡山県倉敷中学校」の設立が文部大臣によって認可される。
・1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、旧制中学校が廃止され、新制高等学校「岡山県立倉敷高等学校」(男子校)が発足。
◇新制高等学校(男女共学)
・1949年(昭和24年)8月31日 - 高校三原則に基づく岡山県公立高等学校再編により、上記新制高校2校が統合され、「岡山県立倉敷青陵高等学校」(現校名)が発足。
 ・旧女子校の校舎を美和校舎、旧男子校の校舎を富位校舎とし、当分の間、旧両校の校舎を使用することとなる。
 ・この時点では、年度途中でかつ校舎による男女別学であったため、完全な男女共学ではなかった。
・1950年(昭和25年)4月1日 - 普通課程において完全な男女共学を開始。家庭課程を設置。
・1952年(昭和27年)4月1日 - 富井校舎(旧男子校校舎)を廃止し、美和校舎に統合。
・1960年(昭和35年)4月1日 - 家庭課程を家政科と改称。
・1962年(昭和37年)4月1日 - 普通科の入試において、倉敷天城高等学校との2校間で総合選抜を開始。
・1974年(昭和49年)4月1日 - 普通科の入試において、新設の倉敷南高等学校を加えた3校間で総合選抜を開始。
・1980年(昭和55年)4月1日 - 普通科の入試において、新設の倉敷古城池高等学校を加えた4校間で総合選抜を開始。
・1984年(昭和59年)4月1日 - 家政科の募集を停止。
・1986年(昭和61年)3月31日 - 家政科を廃止。
・1999年(平成11年)4月1日 - 総合選抜が廃止され、単独選抜を開始。
・2007年(平成19年)- 新図書館が完成。
教育 ・科目に偏りなく、幅広い教養を身につけることを目標にしている。
・毎週土曜日に行われるFW講座で、生徒の習熟度や興味に合わせた講座を開講している。
部活動 平成17年からハンドボール・バスケットボール・陸上競技で優秀な生徒は、推薦入試で入学できるようになった。
◇運動部
・バスケットボール部
・バドミントン部
・バレー部
・剣道部
・弓道部
・テニス部
・ソフトテニス部
・水泳部
・野球部
・陸上競技部
・ハンドボール部
・卓球部
・柔道部
・サッカー部
・山岳部
・ダンス部
・応援団
◇文化部
・新聞部
・ESS部
・棋道部
・吹奏楽部
・光画部
・茶道部
・演劇部
・コーラス部
・美術部
・天文部
・科学部
・生活科学部
・園芸部
・文学部
・放送部
・アニメーション部
・社会問題研究部
・生物部
・書道部
◇同好会
・和楽同好会
青陵祭 毎年9月に3日に渡って行われる。文化祭と体育祭により構成される。
交通 ◇鉄道
・JR倉敷駅南口より徒歩約15分
・水島臨海鉄道倉敷市駅より徒歩約15分
◇バス
・JR倉敷駅より下電バス JR児島駅行き、鷲羽山行き、JR茶屋町駅行き、興除車庫行き :「青陵高等学校前」もしくは「青陵高校前」下車徒歩約1分
著名な卒業生 ・窪田登(ボディビルダー、重量挙げ選手)
・水道橋博士(タレント、浅草キッド)
・森脇淳(東海テレビ放送アナウンサー)
・中山星香(漫画家)
・松本和将(ピアニスト)
・伊澤一葉(ミュージシャン、東京事変)
・片山幹雄(日本電産副会長)
・矢尾宏(三菱マテリアル社長、日本鉱業協会会長)
・石部修平 (荒川化学工業元会長)
・安藤あや菜(元青森テレビアナウンサー)
・黒田和生(サッカー指導者)
・山下清貴(NHKアナウンサー)
・土倉莞爾(関西大学教授)
・森和俊(京都大学教授)
・松井えり菜 (現代美術家)
・大森真理(ミュージカル俳優)

「岡山県立倉敷青陵高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年9月25日18時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島