ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

岡山工業(デザイン)


偏差値53( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)136.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1946位/7791校( 学科単位 )
中国・四国地方 215位/892校( 学科単位 )
岡山県 35位/156校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【岡山県立岡山工業高等学校】
岡山県立岡山工業高等学校(おかやまけんりつ おかやまこうぎょうこうとうがっこう)は、岡山県岡山市北区伊福町四丁目に所在する県立工業高等学校。通称は「岡工」(おかこう)。
概要 1901年(明治34年)に岡山県立工業学校として開校。岡山県下はもとより、中国地方で屈指の歴史を持つ。 1948年(昭和23年)に創部されたラグビー部は、全国高校ラグビー大会に6回出場し、ベスト8の実績がある。また1975年(昭和50年)に創部された自転車競技部は、全国高等学校総合体育大会自転車競技(インターハイ)において、のべ27名の入賞実績がある。また全国大会での優勝者は2名である。
学科 ・ 機械科
・ 土木科
・ 化学工学科
・ デザイン科
・ 建築科
・ 情報技術科
・ 電気科
教育方針 日本国憲法及び教育方針法の精神に則り、神格の完成をめざし、平和な国家及び社会の形成者として必要な資質を養い、公共の福祉に貢献する有為な工業人を養成することを目的とし、次の諸点を重視する。
・ 自主的活動を重んじ、個人能力の最大限の発達を図ること。
・ 現代社会についての理解を深め、進んで社会に貢献するよう導くこと。
・ 幅広い教養を身につけさせ、明朗闊達で常識に富む人を育成すること。
・ 「誠実勤勉」を旨とし、創造性を養い、工業的知識技能を身につけさせること。
校訓 ・ 誠実勤勉
沿革 ・ 1901年(明治34年) - 文部省は、工業学校規定に基づき、岡山県立工業學校の設置を認可する。
・ 1902年(明治35年) - 岡山市南方に校舎を竣工。開校する。
 ・ 機械・土木・染織の3科を置く
・ 1914年(大正3年) - 文部省は、従弟学校規定に基づき、岡山市立工藝學校の設立を認可する。
 ・ 木工・金工・塗工の3科を置く
・ 1934年(昭和9年) - 文部省より命ぜられ、シカゴ1世紀博覧会に「竹製漆塗電気スタンド」他5点の作品を出展する。
・ 1944年(昭和19年) - 岡山県立工業學校の校名を岡山県第一工業学校に改称する。
・ 1944年(昭和19年) - 岡山市立工藝學校の校名を岡山市第一工業学校に改称する。
・ 1944年(昭和19年) - 航空機科を新設する。
・ 1945年(昭和20年) - 航空機科を機械科に変更する。
・ 1945年(昭和20年) - 岡山空襲により、実習棟などが焼失する。
・ 1948年(昭和23年) - 学制改革により、岡山県第一工業学校が、岡山県立岡山工業高等学校に改称する。
・ 1949年(昭和24年) - 岡山市立工業高等学校を統合して岡山県立岡山西高等学校となる。
・ 1951年(昭和26年) - 校旗を制定する。
・ 1952年(昭和27年) - 校歌を制定する。
・ 1953年(昭和28年) - 校名を岡山県立岡山工業高等学校に改称する。
・ 1959年(昭和34年) - 校舎を岡山市上伊福に移転する。電気通信科を新設する。
・ 1963年(昭和38年) - 工友会館が落成する。
・ 1975年(昭和50年) - 全国高校総体陸上競技の部で優勝する。
・ 1989年(平成元年) - 新制服にブレザータイプを導入する。
・ 2001年(平成13年) - 創立百周年記念式典を挙行する。
・ 2002年(平成14年) - 創立百周年記念会館が完成する。
・ 2006年(平成18年) - 第85回全国高校ラグビー大会で7年ぶりに初戦突破をする。
 ・ 1回戦 北見北斗高等学校(北海道) 17 - 24 岡山工業高等学校
 ・ 2回戦 伏見工業高等学校(京都府) 72 - 5 岡山工業高等学校
・ 2011年(平成23年) - 創立百十周年記念式典を挙行する。
・2021年(令和3年) - 創立百二十周年記念式典を挙行する。
創立以来の卒業者数 ・ 旧制工業学校卒業者数: 5,191人
・ 工業高等学校卒業者数: 23,879人
 ・ 合計: 29,070人(平成25年5月1日現在)
学校行事 ・ 球技大会(年1回)
・ 体育祭
・ 岡工祭(2日通して行われる文化祭。2日目は一般人にも公開されている。)
・ 創立記念日(年1回)
生徒会活動・部活動など ・ 生徒会執行部
・ 運動部
 ・ 剣道部
 ・ 野球部
 ・ ハンドボール部
 ・ ボクシング部
 ・ 柔道部
 ・ 卓球部
 ・ ソフトテニス部
 ・ 水泳部
 ・ バレーボール部
 ・ 山岳部
 ・ 陸上競技部
 ・ サッカー部
 ・ バスケットボール部
 ・ ラグビー部
 ・ 弓道部
 ・ テニス部
 ・ 空手道部
 ・ 自転車競技部
 ・ 少林寺拳法部
 ・ バドミントン部
・ 文化部
 ・ 美術部
 ・ 放送部
 ・ 吹奏楽部
 ・ 写真部
 ・ 新聞部
 ・ 演劇部
 ・ 囲碁将棋部
・ 同好会
 ・ 社会問題研究同好会
 ・ マイコン同好会
 ・ 建築研究同好会
 ・ 漫画総合研究同好会
 ・ 書道同好会
 ・ 電気研究同好会
 ・ 模型同好会
 ・ 機械研究同好会
 ・ 化学工学研究同好会
 ・ 測量同好会
 ・ デザイン研究同好会
著名な出身者 ・ 秋山一郎- 交通経済学者、神戸大学名誉教授
・ 金田龍 - 映画監督
・ 木下勇作 - 作家
・ 国吉康雄(中退) - 洋画家
・ 小谷栄次 - ガラス工芸作家
・ 小林十九二 - 俳優
・ 寺田克也 - 漫画家・イラストレーター
・ 鳥越啓介 - ベーシスト
・ 水戸岡鋭治 - インダストリアルデザイナー・イラストレーター
・ 矢吹健太朗 - 漫画家
・ やべみつのり - 絵本作家・紙芝居作家
・ 柏野智典 - 競輪選手
・ 坪井秀龍 - ラグビー選手(U-20世界ラグビー大会日本代表)
・ 三宅玲奈 - 女子競輪選手
・ 晝田瑞希 - 女子プロボクサー
最寄駅 (最寄りのバス停留所含む) ・ JR山陽本線:岡山駅
・ JR桃太郎線:備前三門駅
・ 岡電バス:岡工前
周辺施設 ・ 池田動物園
・ 岡山県総合グラウンド
・ 岡山県立烏城高等学校
・ ノートルダム清心女子大学
・ 奉還町商店街

「岡山県立岡山工業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年10月7日0時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター