ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

涌谷(普通)


偏差値42( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)95点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 4804位/7791校( 学科単位 )
東北地方 424位/759校( 学科単位 )
宮城県 100位/171校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【宮城県涌谷高等学校】
宮城県涌谷高等学校(みやぎけん わくやこうとうがっこう)は、宮城県遠田郡涌谷町涌谷字八方谷三にある県立高等学校である。通称は「涌高」(わくこう)、または「涌谷高校」(わくやこうこう)。かつて、ハンドボール部がインターハイ、国体上位に入賞した実績のある全国屈指の強豪校と知られていた。硬式野球部も県大会上位入賞経験がある学校である。進学率も年々向上しており、宮城教育大学、山形大学、東北学院大学、石巻専修大学などに進学する。指定校推薦枠も豊富にあり、地域の中堅進学校の位置付けにある。
概要 大崎地方では古川高校や古川黎明高校などの進学校と鹿島台商業高校および小牛田農林高校などの実業系高校の間に位置する中堅的な位置づけの高校である。 前身が女学校だったこともあり、女生徒の比率が高い(男:女=約1:2)のも特徴のひとつとして挙げられる。 以前は、定員や男女比がほぼ同じだった岩出山高校と定期戦(部活動の対抗戦)を行なっていた。 著名な卒業生として、1963年(昭和38年)のミス・ユニバース世界大会日本代表の安藤矩子がいる。
設置学科 ・全日制課程 普通科
沿革 ・1919年 - 遠田郡立涌谷実科高等女学校として開校
・1921年 - 宮城県に移管し、宮城県涌谷高等女学校に改称
・1948年 - 学制改革により、現校名に改称
・1973年 - 現在地に移転
・1999年 - 創立80周年式典
・2019年 - 創立100周年式典
部活動 ・ 運動部
 ・野球部、バスケットボール部、バレーボール部、陸上部、ソフトテニス部、卓球部、新体操部、ソフトボール部、ハンドボール部、剣道部、サッカー部
・ 文化部
 ・ 情報処理部、自然科学部、文学部、書道部、音楽部、美術部、茶華道部、写真部
定期戦 毎年、運動部が岩出山高校と定期戦をしており、交流を深め合っていた。
進路 ・4大・短大への進学・・約25% 各種専門学校への進学・・約30% 就職・その他・・約45%
著名な卒業生 ■ 芸能

・安藤矩子(1963年(昭和38年)のミス・ユニバース世界大会日本代表。)

■ スポーツ

・今野栄(日本の女子陸上競技短距離選手、転じて自転車競技選手。)
最寄り駅 ・JR東日本石巻線涌谷駅より徒歩25分

「宮城県涌谷高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年6月27日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター