ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

竹原(普通)


偏差値47( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)113.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 3305位/7791校( 学科単位 )
中国・四国地方 366位/892校( 学科単位 )
広島県 102位/224校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【広島県立竹原高等学校】
広島県立竹原高等学校(ひろしまけんりつ たけはらこうとうがっこう)は、広島県竹原市竹原町にある県立の高等学校。
概要 :1906年(明治39年)創立の高等女学校と1942年(昭和17年)創立の実業学校を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により、両校は統合され新制高等学校となる。2016年(平成28年)に創立110周年を迎えた。
◇設置課程・学科 :全日制課程 2学科 :
・普通科 :
・商業科
◇校訓 :「継続は力なり」
◇実践目標 :「顧言」(こげん)
◇校章 :竹の葉とオリーブの葉を組み合わせたものを背景にして、中央に「高」の文字を置いている。
◇校歌 :作詞は大木博夫、作曲は乗松昭博による。歌詞は3番まであり、校名は歌詞中に登場しない。 :また校歌とは別に「竹高讃歌」がある。作詞は谷房穂、作曲は日高脩による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「竹高」が登場する。
沿革 ◇高等女学校
・1906年(明治39年)
 ・3月17日 - 「私立竹原女学校」設立が認可される。
 ・4月20日 - 竹原町栄町の仮校舎において開校。
・1928年(昭和3年)4月1日 - 移管により「広島県立竹原高等女学校」と改称。修業年限を4年、生徒定員を440名とする。
◇商業学校・工業学校
・1942年(昭和17年)
 ・2月20日 - 「広島県立竹原商業学校」の設立が認可される。修業年限を5年、生徒定員を500名とする。
 ・4月11日 - 竹原国民学校(現・竹原市立竹原小学校)校舎の一部を仮校舎として開校。
・1943年(昭和18年)
 ・4月1日 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年となる。
 ・10月18日 - 新校舎が完成し移転を完了。
・1944年(昭和19年)3月8日 - 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、工業学校に転換。「広島県立竹原工業学校」に改称。
 ・造船科と金属工業科が設置される。
◇新制高等学校
・1948年(昭和23年)
 ・5月3日 - 学制改革により上記2校が統合の上、新制高等学校「広島県竹原高等学校」が発足。定時制課程(夜間)が併置される。
 ・6月30日 - 広島県三津高等女学校と広島県内海高等女学校の2校を統合の上、それぞれ定時制の安芸津分校・安浦分校とする。
・1949年(昭和24年)4月30日 - 高校三原則に基づく公立高校再編により、総合制の「広島県竹原高等学校」が発足。
 ・通常制(全日制課程)4学科(普通・家庭・商業・機械)定時制(夜間)普通科が設置される
・1954年(昭和29年)3月31日 - 広島県阿賀高等学校への統合により機械科を廃止。
・1954年(昭和29年)10月 - 県議会で安浦分校に水産科を設置することが決定。
・1960年(昭和35年)4月20日 - 以降この日を開校記念日と制定。
・1962年(昭和37年)5月 - 体育館兼講堂と体育部室が完成。
・1968年(昭和43年)10月1日 - 「広島県立竹原高等学校」(現校名)と改称(県の後に「立」が付される)。
・1969年(昭和44年)3月 - 本館が完成。
・1971年(昭和46年)4月 - B校舎が完成。
・1972年(昭和47年)3月 - 格技場が完成。
・1977年(昭和52年)3月 - C校舎が完成。
・1978年(昭和53年)4月1日 - 安芸津分校と安浦分校の2校が統合の上分離し広島県立豊田高等学校として独立。
・1984年(昭和59年)
 ・4月 - D校舎が完成。
 ・6月 - エレベーター棟が完成。
・1986年(昭和61年)
 ・2月 - 運動場を改修。
 ・3月 - 体育館兼講堂を改修。
・2002年(平成4年)2月 - 第2体育館が完成。
・1997年(平成9年)3月 - クラブハウスが完成。
・2002年(平成14年)4月1日 - 家庭科の募集を停止。
・2004年(平成16年)3月31日 - 家庭科を廃止。
・2006年(平成18年)
 ・4月1日 - 定時制課程の募集を停止。
 ・10月 - 創立100周年記念式典を挙行。記念事業として校訓碑を設置。
・2008年(平成20年)3月 - 食堂棟を解体。
・2009年(平成21年)3月31日 - 定時制課程を廃止。
・2014年(平成26年)3月28日 - 荘川ザクラ記念碑を設置。
部活動 ◇運動部 :相撲部が全国大会の常連。
◇文化部
著名な出身者 ・ 今井政之 - 陶芸家(広島県立竹原工業学校卒業)
・ 長谷川繁雄 -元プロ野球選手。南海ホークスの400フィート打線で5番を打ち、3割。オールスターゲームにも出場。その後中日ドラゴンズ-近鉄バファローズ  
・ 大内寛文 - 元ラグビー日本代表選手。浄土真宗 長善寺住職。
・ 桐谷広人 - 元将棋棋士。投資家。ほぼ株主優待券のみで生活を行うことで有名。
・ 中元勇作 - 元プロ野球選手。東京ヤクルトスワローズ
・ 伊藤みのり‐広島ホームテレビアナウンス部部長
著名な教職員・関係者 ・ 迫田穆成 - 同校硬式野球部監督

「広島県立竹原高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2024年7月16日19時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター