ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

大柿(普通)


偏差値37( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)76.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 6570位/7791校( 学科単位 )
中国・四国地方 786位/892校( 学科単位 )
広島県 204位/224校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【広島県立大柿高等学校】
広島県立大柿高等学校(ひろしまけんりつおおがきこうとうがっこう, Hiroshima Prefectural Ogaki High School)は、広島県江田島市大柿町大原に所在する公立の高等学校。
設置学科 ・ 普通科
概要 ◇歴史 :1940年(昭和15年)に開校した実科高等女学校2校(大柿・中村)を前身とする。2010年(平成22年)に創立70周年を迎えた。
◇校訓 :「克己」(こっき)。1964年(昭和39年)に制定。
◇校章 :1949年(昭和24年)当時に在校していた1年生江木昇の図案により決定。
◇校歌 :1948年(昭和23年)に制定。作詞は長坂堯雄、作曲は山本秀による。歌詞は3番まであり、校名は歌詞に登場しない。各番とも「いざ共に」で終わる。
◇校地 :広島湾に浮かぶ能美島の南部(東能美島の中部)にあり、瀬戸内海の温暖な気候と風光明媚な場所にある。その反面、過疎と高齢化の問題が深刻である。
沿革 ◇高等女学校時代
・1940年(昭和15年)3月14日 - 「大柿実科高等女学校」と「中村実科高等女学校」が設置される。
・1941年(昭和16年)
 ・6月5日 - 寄贈により大柿校舎が完成。
 ・7月1日 - 大柿校舎の寄贈者である久保中鷹蔵の胸像を建立。
・1943年(昭和18年)4月1日 - 「大柿高等女学校」と「中村高等女学校」に改称(校名から「実科」が除かれる)。
・1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限を3ヶ年に改定。
◇新制高等学校
・1948年(昭和23年)
 ・5月3日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、大柿・中村高等女学校が廃止され、大柿校地に新制高等学校「大柿高等学校」が発足。全日制普通科と家庭科を設置。
 ・5月27日 - 開校。第1回入学式を挙行。
 ・7月1日 - 校歌を制定。
 ・7月15日 - 本校に夜間定時制を設置。また中村校舎にも夜間定時制中村分校を設置。
 ・9月1日 - 県立移管により、「広島県大柿高等学校」に改称。
・1949年(昭和24年)
 ・5月9日 - 開校式と入学式を挙行。
 ・6月 - 校章を制定。
 ・7月17日 - PTAが発足。
・1960年(昭和35年)4月1日 - 生活科を家政科へ改称。
・1963年(昭和38年)
 ・3月27日 - 体育館兼講堂が完成。
 ・8月1日 - 同窓会新聞「真砂」を創刊。
 ・10月1日 - 「広島県立大柿高等学校」(現校名)に改称(県の後に「立」が加えられる)。
・1964年(昭和39年)
 ・3月31日 - 中村分校を廃止。
 ・4月6日 - 能美紡績(現・株式会社ユウホウ)社員に高校教育を施すことを目的として、大君分校(昼間定時・二部制)を設置。
 ・8月2日 - 家政科、第12回全国家庭クラブ発表会で文部大臣賞を受賞。
 ・9月1日 - 校訓「克己」を制定。
・1966年(昭和41年)3月21日 - 本館教室棟が完成。
・1967年(昭和42年)
 ・3月31日 - 本校夜間定時制を廃止。
 ・7月31日 - 広島県内初の50m×8コースの水泳プールが完成。
・1973年(昭和48年)10月 - 早瀬大橋が開通し、音戸大橋経由で広島県本土と結ばれる。
・1981年(昭和56年)7月 - PTA新聞「陀峯」を創刊。
・1982年(昭和57年)3月15日 - 特別教室棟(新館)が完成。旧教室を解体し語らいの広場(中庭)が完成。
・1984年(昭和59年)11月 - 家政科で1日体験入学を開始。
・1985年(昭和60年)4月1日 - 格技場が完成。
・1987年(昭和62年)6月 - 進路学習の一環として「いち早く進路見学」を実施。
・1988年(昭和63年)11月 ~ グラウンドの改修と本館リフレッシュ工事を実施。
・1989年(平成元年)
 ・3月4日 -「大柿高校を育てる会」が発足。
 ・4月1日 - パソコンが設置され情報処理教育を開始。
 ・7月30日 - 第71回全国高等学校野球選手権大会広島県大会で準優勝。
 ・9月26日 - 広島県内公立校としては初めて、海外への修学旅行を実施。目的地は韓国。
・1990年(平成2年)4月1日 - 家政科の募集を停止。
・1992年(平成4年)
 ・3月31日 - 家政科を廃止。
 ・6月20日 - 旧体育館兼講堂とプールが撤去され、体育館が完成。
・1996年(平成8年)3月20日 - 特別教室棟(新館)にエレベーターを設置。
・2002年(平成14年)2月25日 - トイレ美化運動の取組みにより、本館トイレを全面改修。
・2003年(平成15年)1月31日 - 特別教室棟(新館)リフレッシュ工事を実施。情報処理教室を移設。
・2006年(平成18年)4月1日 - 大君分校の募集を停止。
・2009年(平成21年)3月31日 - 大君分校を廃止。
部活動 ◇体育部
・陸上部
・ソフトテニス部
・卓球部
・テニス部
・バスケットボール部
◇文化部
・茶華道部
・美術部
・音楽部
対外関係・交流協定校 台湾
・ 新竹県立湖口高級中学
交通アクセス ◇最寄りのバス停
・江田島バス 「大柿高校前」バス停 (能美島内)
◇最寄りの道路
・国道487号・広島県道300号深江柿浦線 「大柿町大原」交差点
周辺 ・江田島市立大古保育園
・江田島市立大古小学校(おおふる)
・江田島市立大柿中学校
・江田島市役所大柿支所
・大柿公民館
・江田島警察署大柿交番
・大柿郵便局
出身者 ・ 田中達美(江田島市長)

「広島県立大柿高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年6月29日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター