ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

広島市立基町(普通)


偏差値67( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)188.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 137位/7792校( 学科単位 )
中国・四国地方 9位/892校( 学科単位 )
広島県 5位/224校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【広島市立基町高等学校】
広島市立基町高等学校(ひろしましりつ もとまちこうとうがっこう)は、広島県広島市中区に所在する公立の高等学校である。
概要 1942年に広島市立中学校として開校した。現在の校名は1980年に定められた。20世紀末に校舎は全面リニューアルが行われ、エスカレーターや吹き抜け部分などを備えた校舎が2000年に完成した。この新校舎は京都駅や札幌ドームなどを手がけた建築家の原広司が設計した。 。近年東京大学・京都大学への進学者も輩出している。 また各学年に1クラス創造表現コース(美術に関するコース)が設置されており、このコースの卒業生の多くは美術系の大学へ進学している。かつて広島市立中学校を名乗っていた時代に原子爆弾による死者を、生徒・教職員合わせて369人出した歴史を持っており、創造表現コースの生徒は、この時の原子爆弾に被爆しながらも生き延びた被爆者本人と話し合いを持ちながら、原子爆弾の投下によって広島で起きたことを描く試みも行った。 学校の敷地の東には広島高等裁判所を始めとする官庁街、西に市営の高層アパート、南に広島城や紙屋町の高層ビル街、北に城北通りを臨み、広島市の都心部に位置する。アストラムラインの城北駅が最寄り駅である。

■ 校訓

・「自主自律」

■ 校章
桐の果実3個と葉3葉とを組合せ、その上に「高」の字を配している。この木には、鳳凰がつねに来たりて宿り、その葉につつまれ実をついばんで、いよいよ気高くなるという。生徒ひとりひとりが鳳凰たる自負と襟度をもって、心身の錬磨に精進することを念願したものである。ちなみに「広島市内六校」は基町高校の桐と同様に各校ともシンボルツリー(校樹)を制定しており、舟入高校を除く5校の校章は、いずれも自校のシンボルツリーの葉を図案化したものであるという共通点がある。

■ 校歌
高校の校歌としては珍しい、混声四部合唱である。
沿革 ・ 1942年 - 広島市立中学校として設立。
・ 1943年 - 中広町(現在の市立中広中学校校地)に新校舎建設・移転。
・ 1945年 - 広島への原爆投下に伴い、生徒・教職員369人が被爆死。同年10月、市立比治山小学校校舎を借用し、授業再開。
・ 1947年 - 現在地に新築・移転。
・ 1948年 - 学制改革により広島市立城北高等学校を設置。 
・ 1949年 - 広島市商業高等学校と統合し、広島県広島基町高等学校に改称。
・ 1954年 - 商業科を広島市商業高等学校として分離独立。
・ 1956年 - 総合選抜制度導入。国泰寺高校・観音高校・皆実高校・舟入高校との一括募集に変更され、「広島市内五校」(後に井口高校が加わり「広島市内六校」)と称される。
・ 1980年 - 設置者である広島市の政令指定都市移行に伴い、現在の校名に改称。
・ 1991年 - 総合選抜制度下の「広島市内六校」を東西学校群に分割。基町高校は国泰寺高校・皆実高校と共に東部グループに属する。
・ 1998年 - 総合選抜制度全廃。単独選抜に移行。
・ 1999年 - 南棟落成。
・ 2000年 - 西棟落成。創立50周年記念・校舎落成記念式典を実施。
・ 2003年 - 広島市全域に学区を拡大。また、学区外からの調整枠が10%に変更。
・ 2006年 - 入学制限の変更。普通科普通の学区外からの調整枠が30%に変更(学区の変更なし)。創造表現コースは全県一円に。
校舎 新校舎である『南棟(1999年完成)』と『西棟(2000年完成)』、従前からある校舎の『北棟』と『同窓会館』と『図書館』などからなっている。クラブなどの合宿に使うことができる『セミナーハウス』も建設予定だったが、更地のままである(現在は職員用駐車場として利用)。正門は存在しない。新校舎の設計は田崎美術館(日本建築学会賞)、大阪梅田スカイビル、京都駅などの設計を手掛けた原広司である。その特徴的なたたずまいからアニメーションの舞台のモデルにされたことがあり「田中くんはいつもけだるげ」(2016年4月広島テレビ)や映画「君の名は。」(2016年)(※場所及び外見は、東京都立新宿高等学校がモデルである)に登場する。

■ 南棟
南棟は、1階に生徒玄関、事務室、校長室など、2階に家庭科関係の教室と音楽室、3階に各教科の教室、4階に1 - 3年の全てのHR教室が配置され、吹き抜けを挟んで各学年が向き合う形になっている。この上りのみながら1階と3階、3階と4階を結ぶエスカレーターが設置されている。ただし2階へのエスカレーターは存在しない。この他にエレベーターが1基設置されている。トイレは床材として黒大理石を使用しており、トイレの水道はセンサー式であり、身体障碍者用トイレも各階に設置されている。 以前の校舎と比べて各教室の天井は高く、大きな窓が特徴で、南側の教室からは広島城やそのお堀、市内中心部のビル群を望むことができ、春にはお堀の桜の花が咲く様子が見られる。また、北側の教室からは二葉山や牛田山を望むことができる。

■ 西棟
西棟は、1 - 3階に講堂と室内運動場、3階にトレーニングルーム、4階に主に創造表現コースが使用する美術教室がある。4階にはギャラリーも設置されており、創造表現コースの生徒らによる作品などが飾られている。また、西棟にもエレベーターが1基設置されており、身体障碍者用トイレも各階に設置されている。
授業 授業は長期休暇期間と祝日を除いて、月・金は50分×6限、火〜木は50分×7限の週32時間である。
進路 進路指導を最重点課題としている。進路実現に関する取り組みとしては、進路に関する個人面接を年に数十回行い、日々の勉強やクラブとの両立、進路の悩みなどの相談に応じたり、アドバイスをしている。また、進路LHRを設け、志望校についての理解を深めるなどしている。さらに、休日に教室を開放することで、生徒の自習場所の確保をしている。また、休日における自習では廊下に机を出して勉強する生徒が多いことが特徴である。廊下で勉強する理由は生徒によりさまざまだが、吹き抜け構造によって入ってくる風が心地よい、雑音があったほうが集中できる、教室にいるよりも眠気が起きにくい、などが主な理由である。
学校行事 ・ 4月、前期始業式・入学式・健康診断・スポーツテスト・遠足
・ 5月、PTA総会
・ 6月、第1回考査
・ 7月、文化祭・希望者補習(夏季休業中)
・ 8月、市中慰霊祭・創造表現コース作品展
・ 9月、第2回考査・体育大会
・ 10月、修学旅行(2年生)・前期終業式・秋期休業・後期始業式
・ 11月、芸術鑑賞・読書会
・ 12月、第3回考査・合唱コンクール(1・2年生)
・ 1月
・ 2月、校内マラソン大会(宮島、1・2年生)
・ 3月、卒業式・第4回考査(1・2年生)・クラスマッチ(1・2年生)・後期終業式
部活動 ・ESS
・ 演劇部
・ 化学部
・ 合唱部
・ 器楽部(トランペット奏者で作曲家の栗栖健一が所属していた。)
・ 茶華道部
・ 書道部
・ 新聞部
・ 生物部(「ズッコケ三人組」シリーズなどの著者、那須正幹が所属していた。)
・ 美術部
・ フォークソング部
・ 文芸部
・ 放送部
・ 競技かるた部(2017年夏全国大会出場)
・ インターネット部
・ 弓道部
・ 剣道部
・ 山岳部
・ 水泳部(インターハイで総合優勝を達成している。)
・ サッカー部
・ 柔道部
・ ソフトテニス部
・ 卓球部
・ 硬式テニス部
・ バスケットボール部
・ バドミントン部
・ バレーボール部
・ 野球部(2004年春県ベスト8、2004年夏県ベスト16、2006年夏県ベスト16、2014夏県ベスト16)
・ 陸上部(2006年のインターハイに部員1名が出場。)
出身者 ■ 政治家

・ 松浦大悟(秋田県選挙区選出の元参議院議員、元秋田放送アナウンサー)
・ 松井一實(現広島市長、元厚生労働官僚)

■ 官僚

・ 大田晋(川崎医療福祉大学教授、元広島市助役、元厚生省官僚)

■ 教育者、学者

・ 浜田博文(教育学者、筑波大学教授)
・ 山田浩之(教育社会学者、広島大学准教授)
・ 藤賀雅人(都市計画、工学院大学准教授)

■ 文化人

・ 高山博子(女流画家)
・ 栗栖健一(吹奏楽作曲家、トランペット奏者)
・ 那須正幹(作家) - 代表作は「ズッコケ三人組」シリーズ。
・ 朽木祥(児童文学作家)
・ 久繁哲之介(作家、地域再生プランナー)
・ 松本美緒(漫画家)
・ 勢古浩爾 (評論家・エッセイスト) - 転校
・ 坂本敏夫(ノンフィクション作家、元刑務官)

■ 芸能

・ 神園さやか(歌手) - 転校
・ 荒木健太(音楽家)
・ 河合みのる (声優)

■ スポーツ

・ 渡辺正(元サッカー日本代表選手、代表監督 メキシコオリンピック銅メダリスト、1年2学期に崇徳高等学校より編入学)
・ 佐伯博司(元サッカー日本代表選手、元八幡製鉄サッカー部選手)
・ 泉政伸(元トヨタ自動車工業サッカー部選手)
・ 永田晃司(プロバスケットボール選手)
・ 川本徳三 (プロ野球選手)- 17歳で中退して広島東洋カープへ入団

■ アナウンサー

・ 桑原しおり(中国放送元アナウンサー)
・ 三宅正治(フジテレビアナウンサー)
・ 中谷隆宏(フリーアナウンサー、元TOKYO MXニュースキャスター、元山口放送アナウンサー)

■ その他

・ 丸田智子(映像バイヤー)
・ 芦達剛(株式会社テクノブレイン代表取締役・航空評論家)
・ 仙田信吾(サンフレッチェ広島代表取締役社長)
・ 桂鯛蔵 (2代目)(落語家)
・ 楠雄治(実業家、楽天証券代表取締役社長)
・ 谷口達郎(写真家)

「広島市立基町高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年12月2日5時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島