ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

福山誠之館(総合)


偏差値63( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)173.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 457位/7792校( 学科単位 )
中国・四国地方 42位/892校( 学科単位 )
広島県 16位/224校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【広島県立福山誠之館高等学校】
広島県立福山誠之館高等学校(ひろしまけんりつふくやませいしかんこうとうがっこう)は、広島県福山市に所在する県立高等学校。
概要 ◇歴史 :校名は1854年(安政元年)備後福山藩主阿部正弘により創設され、1872年(明治5年)に廃校となった藩校「誠之館」に由来する。しかし直接の前身は1879年(明治12年)に設立された「広島県福山中学校」(旧制中学校)で、1887年(明治20年)にかつての藩校「誠之館」の館号を借り受けて「尋常中学福山誠之館」と改称された。その後、度々の改称を経て1968年(昭和43年)に現校名となった。
◇設置課程・学科 :全日制課程 総合学科(学年制) :定時制課程 普通科 (単位制)
◇特色 :広島県教育委員会より「トップリーダーハイスクール」(県内高校5校)に指定されている。
◇校歌 :第一校歌と第二校歌がある。なお、既に歌詞の著作権は切れている。 :
◇第一校歌 :作詞 - 葛原しげる(明治36年卒)、作曲 - 小松耕輔 うるわしの 備南の大地 野に山に 厳たり悠久 季節の推移 花のいろと 雲のかげの しめす誠に 誠の鍵に 神秘の扉 開かずや 学徒われらの使命ぞ新た はえある使命 澄みわたる 備南の空に 日に月に 凛たり永劫 不易の垂訓 鳥のうたと 風のおとの さとす誠に 誠の声に 真理の韻 ひびかずや 学徒われらの希望ぞ遥か かがやく希望 :
◇第二校歌 :作詞 - 葛原しげる(明治36年卒)、作曲 - 平井康三郎 朝日に映えて気高くも 理想をしめすか蔵王山 使命新たに競い起ち 文化の薫いや増すと 今日ぞ磨かむ智性の鏡 福山誠之館高校に 楽しの若人 おゝわれら 果てなき空を羽搏たかん 自由の翼かわが校章 強く正しくましぐらに 個性の力竭しては 明日の日本を興さんかなや(反唱) 瀬戸内海のたぐいなく 妙なる眺めわが矜持 遠く七つの大海に 平和の波路かよわせて 永久の歓喜充たさんかなや(反唱) 夕風澄みてとこしえの 希望をさとすか芦田川 野川谷川集え来て 自律の歩のびやかに 声を協さん自覚の讃歌(反唱) :(現在第二校歌は二番までしか斉唱されない。)
◇姉妹校 :2013年(平成25年)12月に以下の2校と姉妹校になっている。 :
・ St. Margaret's Episcopal School (アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス郊外 サンファン カピストラノ) :
・ Rick Hansen Secondary School (カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー郊外 アボッツフォード)
沿革 ・ 1879年(明治12年)7月 - 「広島県福山中学校」が開校。
・ 1887年(明治20年)4月 - 中学校令の制定により「尋常中学福山誠之館」と改称。修業年限を5年とする。
・ 1893年(明治26年)4月 - 「広島県福山尋常中学校」と改称。
・ 1897年(明治30年)4月 - 「広島県第二尋常中学校」と改称。
・ 1899年(明治32年)4月 - 中学校令の改正により「広島県第二中学校」と改称(「尋常」が除かれる)。
・ 1901年(明治34年)6月 - 「広島県立福山中学校」と改称。
・ 1927年(昭和2年)9月 - 「広島県立福山誠之館中学校」と改称。
・ 1932年(昭和7年)4月 - 福山市三吉町の旧広島県福山師範学校校舎に移転。
・ 1943年(昭和18年)4月 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年となる。
・ 1944年(昭和19年)4月 - 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、中等学校令施行前に入学した生徒にも修業年限4年が適用されることとなる。
・ 1945年(昭和20年)3月 - 4年生(1941年(昭和16年)入学者)と5年生(1940年(昭和15年)入学者)の合同卒業式を挙行。
・ 1946年(昭和21年)4月 - 修業年限が5年に戻る(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
・ 1947年(昭和22年)4月 - 学制改革(六・三制)が行われる。
 ・旧制中学校として募集を停止。
 ・新制中学校を併設し(以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
 ・併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたもので、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
 ・旧制中学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校4・5年生として在籍した(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
・ 1948年(昭和23年)
 ・2月 - 通信教育部を設置。
 ・5月 - 学制改革により旧制中学校が廃止され、新制高等学校「広島県福山誠之館高等学校」が発足。この時点では男子校であった。
  ・通常制(全日制)普通課程を設置。
  ・旧制中学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
  ・併設中学校が1946年(昭和21年)に旧制中学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
 ・7月 - 定時制課程(夜間及び水呑(みのみ)分校、鞆(とも)分校)を設置。
・ 1949年(昭和24年)
 ・3月31日 - 併設中学校を廃止。
 ・4月1日 - 高校三原則に基づく公立高等学校の再編により、総合制高等学校「広島県福山東高等学校」に改称。通常制商業課程を設置。男女共学を開始。
・ 1953年(昭和28年)4月 - 「広島県福山誠之館高等学校」と名称変更。
・ 1962年(昭和37年)4月 - 通常課程を全日制課程、通信教育部を通信制課程に改称。
・ 1963年(昭和38年)4月 - 全日制商業科、定時制被服科水呑、鞆分校募集を停止。
・ 1964年(昭和39年)3月 - 福山市木之庄町に移転用地を買収完了。
・ 1967年(昭和42年)1月 - 移転用地敷地造成の地鎮祭・起工式を挙行。
・ 1968年(昭和43年)
 ・4月 - 移転用地敷地の造成が完了。
 ・10月 - 「広島県立福山誠之館高等学校」(現校名)に改称(県の後に「立」が付される)。
・ 1969年(昭和44年)
 ・8月 - 現在地に新校舎が完成。
 ・10月 - 移転を完了。
・ 1970年(昭和45年)8月 - 体育館とプールが完成。
・ 1971年(昭和46年)
 ・2月 - 講堂が完成。
 ・3月 - 格技場・運動部室が完成。
・ 1976年(昭和51年)4月 - 第9学区総合選抜制(市内5校)を導入。
・ 1984年(昭和59年)4月 - 総合選抜制の一部を変更。(理数類型を設置)
・ 1988年(昭和63年)4月 - 規則改正により第9学区東部における総合選抜制(市内3校)を開始。
・ 1989年(平成元年)3月 - 通信制課程専用の体育館が完成。
・ 1991年(平成3年)4月 - 通信制課程が分離し、広島県立東高等学校として独立。
・ 1996年(平成8年)2月 - セミナーハウスが完成。
・ 1998年(平成10年)4月 - 総合選抜制が廃止され、単独選抜を開始。全日制普通科の募集を停止し、総合学科を設置。
・ 1999年(平成11年)12月 - 新南館が完成。
・ 2000年(平成12年)
 ・3月31日 - 全日制課程普通科を廃止。
 ・この年 - 誠之会館(同窓会館)が完成。
・ 2003年(平成15年)4月 - 定時制課程において単位制を導入。
・ 2006年(平成18年)3月 - 部室を改築。
・ 2007年(平成19年)3月 - 新体育館が完成。プールを解体。
・ 2013年(平成25年)12月 - 海外の高等学校(アメリカ1校、カナダ1校)と姉妹校締結。
・ 2016年(平成28年)3月 - 新本館が完成。
行事 ・記念祭(文化祭) - 6月
・合唱祭 - 6月
・体育祭 - 9月
・マラソン
歴代校長 ・初代 石井英太郎 
・2代 利根川浩
・3代 若井遜
・4代 武田安之助
・5代 関藤成緒
・6代 田口虎之助
・7代 瀬川彦四郎
・8代 青木儀太郎
・9代 山村弥久馬
・10代 田村喜作
・11代 末久喜十郎
・12代 長岡恒喜
・13代 原重太郎
・14代 福間典海
・15代 田邊領一
・16代 戒能録
・17代 香川光磨
・18代 掛江正之 
・19代 宮敏夫
・20代 後藤泰樹
・21代 長谷川雄一
・22代 沢井一男
・23代 桑田五郎
・24代 松岡正三
・25代 岸本金夫
・26代 小林達治
・27代 皿田文彦
・28代 高山正義
・29代 古田博保 
・30代 小林史郎
・31代 中山慧海
・32代 美濃盛國
・33代 山代猛博
・34代 下﨑邦明
・35代 安西和夫
・36代 古川正徳
・37代 平盛吉昭
・38代 山口哲治
・39代 古前勝教
著名な出身者 ◇あ
・麻生慎介(競艇選手)
・荒木茂久二(運輸事務次官、帝都高速度交通営団総裁)
・五十川基(医師、福山医学校兼病院を設立)
・池庄司敬信(ロシア政治学者)
・井藤勲雄(広島銀行頭取)
・稲葉侃爾(元中国銀行頭取・会長)
・井上角五郎(元衆議院議員、近代ハングル創始者、日本製鋼所設立者)
・妹尾正毅(国連大使、ペルー大使、ノルウェー大使)
・井伏鱒二(作家、福山市名誉市民)
・今村譲(元厚生事務次官)
・榮久庵憲司(工業デザイナー)
・江木高遠(外務官僚、学者、日本法律会社(専修大学の母体)設立者の一人)
・枝廣直幹(福山市長、財務省中国財務局長)
・大楽華雪(書家)
・大島久見(喜多流能楽師)
・大平駒槌(元貴族院議員、住友支配人、満州鉄道副総裁、枢密顧問官)
・大村筆雄(元会計検査院長、元大蔵省理財局長)
・岡本半次郎(農学者、昆虫学者)
・小野申人(府中市長)
◇か
・掛谷宗一(数学者、東京帝国大学教授)
・金川禎臣(ラグビー選手、宗像サニックスブルース所属)
・河相三郎(元衆議院議員、福山市会議長)
・河内源一郎(元大蔵省税務監査局技師、河内白麹菌の発見、現代焼酎の父)
・木田宏(元文部事務次官)
・北村勝俊(九州大学医学部長)
・木村茂(陸軍主計総監、陸軍経理学校長)
・葛原しげる(詩人、福山市名誉市民)
・小林躋造(海軍大将、国務大臣)
・小林政夫(日東製網社長、参議院議員)
・小林和一(福山市長)
・小森亮平(自転車ロードレース選手)
・小山祐士(劇作家)
・近藤賴巳(東京農工大学学長)
◇さ
・佐野俊二(小児心臓外科医、岡山大学病院副院長、岡山大学大学院教授)
・重政誠之(政治家、農林大臣、農商・農林次官)
・重政庸徳(政治家、参議院副議長、農林官僚)
・島居辰次郎(元海上保安庁長官)
・島田荘司(作家)
・清水郁太郎(医学博士第一号、初の東京大学医学部産婦人科学教授)
・菅波茂 (国際医療ボランティアAMDA創設者・理事長、医療法人アスカ会創設者・元理事長)
・杉山金太郎(豊年製油会長)
◇た
・高橋等(政治家、法務大臣、逓信官僚)
・高垣広徳(東広島市長、広島県副知事)
・武田邦太郎(政治家、衆議院議員)
・竹鶴威(旧姓:宮野)(ニッカウヰスキー社長)
・立石定夫(福山市長、弁護士)
・力石定一(経済学者、法政大学名誉教授)
・土肥米之(弁護士、鳥取県知事、愛媛県知事)
・徳永豊(福山市長、弁護士、画家)
◇な
・永井潜(生理学者、東京帝国大学教授)
・中川弘(福山市長)
・中野裕之(映像作家)
・棗田常義(日本経済新聞社代表取締役副社長)
◇は
・袴田茂樹(学者)
・博田五六(電気通信大学学長)
・挟間茂(内務次官、大政翼賛会組織局長、日本住宅公団総裁)
・福原麟太郎(作家、福山市名誉市民)
・藤井包総(陸軍中将、貴族院議員、男爵)
・藤井崇治(元電源開発総裁)
・藤井厚二(建築家、元京都帝国大学教授)
・藤井清水(音楽家)
・藤家虹二(音楽家、クラリネット奏者)
・藤野恵(元文部事務次官、香川県知事、鹿児島県知事)
・藤原節夫(衆議院議員)
・藤原弘達(評論家)
◇ま
・松本卓臣(福山商工会議所名誉会頭、福山市名誉市民)
・丸山鶴吉(警視総監、宮城県知事)
・満田拓也(漫画家)
・三谷一二(福山市長、三菱鉱業会長)
・宮澤裕(衆議院議員)
・宮地傳三郎(京都大学名誉教授、生態学者、元日本モンキーセンター所長)
・宗清洋(トロンボーン奏者)
・村上久(最高検察庁検事)
・森戸辰男(経済学者、広島大学初代学長、NHK学園高校初代校長、福山市名誉市民)
・守分勉(元中国銀行頭取・会長)
・門田龍馬(芸人)
◇や
・八杉佳穂(言語学者、国立民族学博物館名誉教授)
・八杉角五郎(八杉商店会長、福山商工会議所副会頭)
・山本兵吾(プロ野球選手)
・山本謙(宇部興産社長)

・吉田五郎(キヤノン創業者)
・吉谷久雄(俳優)中退
◇ら
◇わ
・若林辰雄(三菱UFJ信託銀行会長)
交通 ◇最寄りの鉄道駅
・JR西日本 山陽本線 「福山駅」北口徒歩20分。
◇最寄りのバス停留所
・中国バス 「誠之館高校前」下車徒歩2分

「広島県立福山誠之館高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年11月29日11時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島