ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

戸畑(普通)


偏差値59( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)158.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 937位/7792校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 89位/1200校( 学科単位 )
福岡県 37位/325校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【福岡県立戸畑高等学校】
福岡県立戸畑高等学校(ふくおかけんりつ とばたこうとうがっこう, Fukuoka Prefectural Tobata High School)は、福岡県北九州市戸畑区にある県立の高等学校。略称「戸高」(とこう)。
概要 ◇歴史 :1936年(昭和11年)に開校した「福岡県戸畑中学校」(旧制中学校)を前身とする。2011年(平成23年)に創立75周年を迎えた。
◇設置課程・学科 :全日制課程 普通科
◇学区 :「福岡県第2学区」- 北九州市門司区、小倉北区、小倉南区、戸畑区
◇校訓 :「自主・調和」
◇校章 :新制高等学校が発足した1948年(昭和23年)に制定された。地名・校名の「戸畑」の由来が「鳥旗」(筑前風土記)・「飛幡」(万葉集)ということから、若鷹の広げた翼の絵と「高」の文字(旧字体)を組み合わせたものとなっている。
◇校歌・応援歌 :ともに作詞は火野葦平、作曲は古関裕而によるもの。校歌の歌詞は3番まであり各番とも「われらが母校 戸畑 戸畑」で終わる。応援歌の歌詞も3番まであり各番とも「フレフレ戸高フレフレ戸高」で終わる。
◇同窓会 :「天籟同窓会」(てんりょう)と称している。関東・関西・福岡に支部を置く。
◇校地・施設 :近年、校舎の全面改築により五階建て体育館直結式の新校舎となり、県立高校にはめずらしくエレベーターが設置されている。グラウンドも整備され、テニスコートや陸上部専用レーンなどが設けられている。敷地の裏にはハナショウブで有名な夜宮公園があり、ハナショウブの咲くころには多くの人が集まる。春は花見スポットとしても人気である。
沿革 ・1936年 福岡県戸畑中学校の設立と開校が許可。男子校としてスタート。
・1937年 仮校舎の様子を記念映画として撮影。
・1938年 校舎完成。仮校舎から移転。
・1948年 学制改革により福岡県立戸畑高等学校へ。男女共学となる。
・1949年 戸畑市立女子高等学校を統合。
・1951年 夜間課程を福岡県立戸畑高等学校定時制課程と改称。
・1957年 野球部、第39回全国高等学校野球選手権大会に初出場。
・1959年 野球部、第31回選抜高等学校野球大会に初出場。夏には2回目の全国選手権大会出場。
・1960年 野球部、第42回全国高等学校野球選手権大会(2年連続3回目)出場。
・1961年 野球部、第43回全国高等学校野球選手権大会(3年連続4回目)出場。
・1966年 図書館完成。
・1977年 野球部、第49回選抜高等学校野球大会(18年ぶり2回目)出場。
・1981年 定時制の募集を停止
・2000年 野球部、第72回選抜高等学校野球大会(23年ぶり3回目)出場。
・2005年 野球部、第77回選抜高等学校野球大会(5年ぶり4回目)出場。
行事 戸高3大行事
・戸高祭(とこうさい)(春)(2016年度より改称)
・体育大会(秋・9月)
・予餞会(冬)
部活動 野球部、陸上部などの実績が目立っており、野球部は21世紀に2回春の全国選抜高校野球に出場している。 運動部
・野球部
 ・全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)- 4回出場
  ・1. 1957年(昭和32年)- 第39回大会(初)
  ・2. 1959年(昭和34年)- 第41回大会(2年ぶり)
  ・3. 1960年(昭和35年)- 第42回大会(2年連続)
  ・4. 1961年(昭和36年)- 第43回大会(3年連続)
 ・選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)- 4回出場
  ・1. 1959年(昭和34年)- 第31回大会(初)
  ・2. 1977年(昭和52年)- 第49回大会(18年ぶり)
  ・3. 2000年(平成12年)- 第72回大会(23年ぶり)
  ・4. 2005年(平成17年)- 第77回大会(5年ぶり)
・テニス(硬式)部
・剣道部
・サッカー部
・陸上競技部
 ・インターハイ - 2003年(平成15年)から2009年(平成21年)まで7年連続、2011年(平成23年)と2012年(平成24年)の2年連続。
 ・国民体育大会 - 2005年(平成17年)晴れの国おかやま国体・2006年(平成18年)のじぎく兵庫国体・2011年(平成23年)おいでませ山口国体
・水泳部 - 1999年(平成11年)・2001年(平成13年)・2002年(平成14年)・2009年(平成21年)にインターハイ出場。
・バレーボール部
・バスケットボール部 - 2006年(平成18年)のじぎく兵庫国体に出場。
・山岳部
・卓球部
・柔道部
・弓道部 2019年 個人 インターハイ出場 16年連続県大会出場
・応援部 文化部
・英語部
・放送部 - 2007年(平成19年)に全国大会に出場。
・演劇部
・化学部
・生物部
・吹奏楽部 - 1999年(平成11年)に全国大会に出場。
・写真部 - 2007年(平成19年)・2008年(平成20年)2年連続で全国大会出場。
・茶道部
・書道部 - 2004年(平成16年)に全国大会に出場。
・美術部
・情報メディア部 かつて存在した部活動
・体操部
 ・インターハイ - 1999年(平成11年)・2000年(平成12年)・2005年(平成17年)
 ・国民体育大会 - 1999年(平成11年)くまもと未来国体・2000年(平成12年)2000年とやま国体・2005年(平成17年)晴れの国おかやま国体
著名な出身者 ・ 麻生渡(第13-16代福岡県知事)
・ 宗雪雅幸(元富士フイルム社長)
・ 魚柄仁之助(食生活研究家)
・ 徳永晴美(上智大学教授)
・ 芳賀良(横浜国立大学教授、弁護士)
・ 冨永裕輔(シンガーソングライター)
・ 平山秀幸(映画監督)
・ 山﨑泰明(元いちよし証券社長)
・ 安田瑞代(RKB毎日放送アナウンサー)
・ 柄崎英樹(元プロ野球選手)
・ 村山泰延(元プロ野球選手)
・ 田中博樹(元プロ野球選手)
・ 横松寿一(元プロ野球選手)
・ 山田良市(第15代航空幕僚長)
・ 津曲義光(第27代航空幕僚長)
・ 附田祐斗(漫画家)
・ 渡邊守成(第9代国際体操連盟会長)
交通アクセス 最寄りの鉄道駅
・JR九州 鹿児島本線「戸畑駅」 最寄りのバス停
・西鉄バス北九州 「夜宮入口」または「戸畑高校前」バス停 最寄りの道路
・福岡県道271号下到津戸畑線
・国道3号
・北九州高速2号線 「戸畑出入口」「若戸出入口」
周辺 大学
・九州工業大学 高等学校
・福岡県立ひびき高等学校
・福岡県立戸畑工業高等学校
・北九州市立高等学校
・明治学園高等学校
・九州国際大学付属高等学校 中学校
・北九州市立飛幡中学校
・北九州市立中原中学校
・北九州市立大谷中学校
・北九州市立高生中学校
・北九州市立枝光台中学校
・明治学園中学校
・九州国際大学付属中学校 小学校
・北九州市立天籟寺小学校
・北九州市立牧山小学校
・北九州市立一枝小学校
・北九州市立あやめが丘小学校
・北九州市立大谷小学校
・北九州市立枝光台小学校
・明治学園小学校 特別支援学校
・北九州市立特別支援学校北九州中央学園 公共機関
・戸畑区役所
・戸畑警察署天籟寺交番
・北九州市立戸畑体育館・図書館分館
・夜宮公園 - 北九州市立夜宮弓道場・北九州市立夜宮青少年センター

「福岡県立戸畑高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年8月5日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター