ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

三養基(普通)


偏差値50( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)125点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2564位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 264位/1200校( 学科単位 )
佐賀県 15位/82校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【佐賀県立三養基高等学校】
佐賀県立三養基高等学校(さがけんりつ みやきこうとうがっこう)は、佐賀県三養基郡みやき町原古賀に所在する公立の高等学校。進学校でありながら、部活動では剣道の強豪校でもある。文部科学省の学力向上フロンティアハイスクールに指定されており、英語に力を入れている。
概要 ◇歴史 :1919年(大正8年)に佐賀県立佐賀中学校の分校として設置され、翌1920年(大正9年)に独立。1948年(昭和23年)の学制改革により、新制高等学校となった。全日制農業科、家政科、普通科国際文化コースや定時制普通科、三川分校が存在した時期もあるが、現在では全日制課程普通科のみである。独立した1920年(大正9年)を創立年としており、2015年(平成27年)には創立95周年を迎えた。
◇設置課程・学科 :全日制課程 普通科(定員1学年あたり200名(5学級))
◇校訓 :「質実剛健」、「文武心三道一如」、「念ずれば花開く」
◇校章 :3本の矢を組み合わせたものを背景にして、中央に「高」の文字を置いている。
◇校歌 :歌詞は3番まであり、校名は歌詞中に登場しない。校歌としては珍しく、歌詞の中に掛け合いがある。また、校歌と別に応援歌がある。
◇入学試験 :前期試験と後期試験を取り入れている。
沿革 ・1919年(大正8年)10月27日 - 佐賀県三養基郡中原村に「佐賀県立佐賀中学校 三養基分校」として設置される。
・1920年(大正9年)
 ・1月30日 - 佐賀県立佐賀中学校から分離し、佐賀県立三養基中学校として独立することが認可される。
 ・4月10日 - 「佐賀県立三養基中学校」(旧制中学校)として開校。授業を開始。定員500名(10学級)。
  ・入学資格を尋常小学校を卒業した12歳以上の男子とし、修業年限を5年(現在の中1から高2に相当)とした。
・1923年(大正12年)4月 - 校舎を改築。
・1939年(昭和14年)10月 - 普通教室2、理科実験室、薬品室の増築が完成。
・1940年(昭和15年)6月 - 西通用門を新設。
・1943年(昭和18年)
 ・4月1日 - 中等学校令の施行により、この年の入学生から修業年限が4年となる。
 ・7月 - 講堂、購買部、宿直室、小使室を焼失。
・1944年(昭和19年)4月1日 - 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、中等学校令施行前に入学した生徒にも修業年限4年(実質の短縮)が適用されるようになる。
 ・1941年(昭和16年)に入学した4年生が4年の終了する1945年(昭和20年)3月に卒業することが決定する。
・1945年(昭和20年)3月 - 1940年(昭和15年)入学の5年生と1941年(昭和16年)入学の4年生の合同卒業式を挙行。
・1946年(昭和21年)4月 - 終戦により、修業年限が5年に戻る(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
・1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
 ・旧制中学校の募集を停止。
 ・新制中学校を併設(以下・併設中学校)し、旧制中学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
 ・併設中学校はあくまで経過措置として暫定的に設置されたため、改めて生徒募集が行われることはなく、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
 ・旧制中学校の3・4年修了者はそのまま旧制中学校4・5年生として在籍した(ただし4年修了時点で卒業することができた)。
・1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により、旧制中学校が廃止され、新制高等学校「佐賀県立三養基高等学校」が発足。この時点では男子校であった。
 ・通常制(全日制課程)の普通課程(普通科)と農業課程(農業科)が設置される。
 ・旧制中学卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
 ・併設中学校は旧制中学校から継承され、1941年(昭和21年)4月に旧制中学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
・1949年(昭和24年)
 ・3月 - 講堂が完成。併設中学校を廃止。旧制中学校から新制高等学校への移行が完了。
 ・4月1日 - 高校三原則に基づく公立高等学校再編に伴い、男女共学を実施。定時制普通課程を設置。
・1953年(昭和28年)4月1日 - 通常制家庭課程(後に家政科)を設置。定時制三川分校を設置。
・1957年(昭和32年)4月1日 - 本校定時制の募集を停止し、通常制普通科の定員を増員。
・1959年(昭和34年)4月1日 - 定時制三川分校の募集を停止。
・1960年(昭和35年)
 ・3月31日 - 本校定時制を廃止。
 ・7月17日 - 図書館が完成。
・1962年(昭和37年)3月31日 - 定時制三川分校を廃止。
・1963年(昭和38年)3月 - 校舎新築第1期工事(普通教室9)が完成。
・1964年(昭和39年)2月 - 校舎新築第2期工事(普通教室9、被服室)が完成。
・1965年(昭和40年)3月 - 校舎新築第3期工事(普通教室、自転車置き場)が完成。
・1967年(昭和42年)8月 - 体育館が完成。
・1969年(昭和44年)4月 - 管理棟が完成。
・1974年(昭和49年)3月 - 柔剣道場が完成。
・1976年(昭和51年)3月 - 特別教室棟が完成。
・1978年(昭和53年)9月 - グラウンド整備事業が完成。
・1980年(昭和55年)9月 - 創立60周年を記念して「養基会館」(同窓会館)が完成。 
・1981年(昭和56年)8月 - 文化部の部室が完成。
・1983年(昭和58年)4月1日 - 普通科が中学区制に移行。
・1991年(平成3年)
 ・3月 - 特別教室棟(理科室・図書室)等が完成。
 ・4月 - 家政科の募集を停止。
・1993年(平成5年)3月31日 - 家政科を廃止。
・1995年(平成7年)
 ・2月 - 正門を新設。体育館を改修。
 ・4月 - 「質実剛健」校訓碑を設置。
・1996年(平成8年)4月1日 - 国際文化コースを設置。
・1998年(平成10年)12月 - 管理棟を改修。
・2000年(平成12年)3月 - 新部室棟が完成。
・2008年(平成20年)4月 - 国際文化コースの募集を停止。
・2010年(平成22年)3月31日 - 国際文化コースを廃止。
・2014年(平成26年)2月 - 普通教室棟が完成。
著名な出身者 ◇政治
・ 田代富士男(1931年 -) - 元公明党参議院議員。
・ 牟田秀敏(1941年 -) - 元鳥栖市長。
・ 山本譲司(1962年 -) - 元民主党衆議院議員。
◇軍人
・ 板谷茂(1909年 - 1944年) - 海軍中佐。
・ 板谷隆一(1911年 - 1991年) - 海軍中佐、第7代海上幕僚長、第5代統合幕僚会議議長。
・ 松永市郎(1919年 - 2005年) - 海軍大尉。
・ 広尾彰(1920年 - 1941年) - 九軍神の一人。
◇スポーツ
・ 中村日出夫(1968年 -) - 元プロ野球選手。西武ライオンズ - 横浜ベイスターズ。
・ 濵口遥大(1995年 -) - プロ野球選手。横浜DeNAベイスターズ。
◇芸能
・ YUYA(1969年 -) - ラジオパーソナリティ。
・ 溝上たんぼ (1996年 -)- お笑い芸人。新作のハーモニカ。
交通 ◇最寄りの鉄道駅
・ JR九州 長崎本線「中原駅」- 鳥栖方面、佐賀方面とも、30分に1本程度の普通列車がある。
◇最寄りのバス停留所
・ 西鉄バス 「中原停留所」(西鉄久留米方面)
◇最寄りの幹線道路
・ 国道34号・佐賀県道280号中津隈原古賀線「三養基高校入口」交差点
周辺 ・ みやき町役場中原庁舎
・ 肥前中原郵便局
・ 佐賀銀行中原支店
・ 佐賀県立中原特別支援学校

「佐賀県立三養基高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月25日7時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター