ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

鳥栖工業(電気)


偏差値43( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)98.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 4513位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 570位/1200校( 学科単位 )
佐賀県 36位/82校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【佐賀県立鳥栖工業高等学校】
佐賀県立鳥栖工業高等学校(さがけんりつ とすこうぎょうこうとうがっこう)は、佐賀県鳥栖市元町に所在する県立工業高等学校。
概要 ◇歴史 :1939年(昭和14年)創立の「佐賀県立鳥栖工業学校」(実業学校)を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により新制高等学校となった。1952年(昭和27年)には定時制課程が設置され、以来現在にいたるまで全日制と定時制の2課程体制となっている。2014年(平成26年)には創立75周年を迎えた。
◇設置課程・学科
・全日制課程 5学科
 ・ 機械科
 ・ 電気科
 ・ 電子機械科
 ・ 土木科
 ・ 建築科
・定時制課程 3学科
 ・ 普通科
 ・ 機械科
 ・ 電気科
◇校章 :中央に「工高」の文字(縦書き)を置いている。その周りを囲むようにスが10個あり、スが10(とう)でトスの語呂だと思われる
◇校歌 :1948年(昭和23年)に制定。作詞は中島哀浪、作曲は長谷川良夫による。歌詞は3番まである。
沿革 ・ 1939年(昭和14年)
 ・ 3月27日 - 佐賀県立鳥栖工業学校の設置が認可される。
 ・ 4月 - 機械科、電気科、土木科の募集を開始。
 ・ 4月19日 - 鳥栖尋常小学校で第1回入学式挙行。以来、創立記念日となる。
・ 1940年(昭和15年)3月 - 校旗を制定。
・ 1943年(昭和18年)4月 - 戦時特例・中等学校令により修業年限が5年から4年となる。
・ 1944年(昭和19年)4月 - 土木科を廃止し。、機械科と電気科を増設。
・ 1946年(昭和21年)4月 - 終戦により修業年限が5年に戻り、土木科が復活する。
・ 1948年(昭和23年)
 ・ 4月 - 学制改革により、旧制工業学校が廃止され、新制高等学校「佐賀県立鳥栖工業高校」が発足。
 ・ 10月 - 校歌を制定。
・ 1952年(昭和27年)4月 - 定時制課程(機械科・電気科)を設置。
・ 1953年(昭和28年)4月 - 全日制課程に工業化学科を設置。
・ 1964年(昭和39年)4月 - 全日制課程に建築科を設置。
・ 1986年(昭和63年)4月 - 全日制課程に電子機械科を設置。
・ 1999年(平成11年)4月 - 定時制課程において完全単位制と2学期制を導入。
・ 2005年(平成17年)4月 - 工業化学科の募集を停止。
・ 2007年(平成19年)3月 - 工業化学科を廃止。
・ 2011年(平成23年)4月 - 鳥栖高校定時制との再編統合に伴い、定時制課程に普通科を設置。
行事 ・毎年創立記念日である4月19日は創立記念登山ということで九千部山を登っている。
・H21年から全2年生はインターンシップ(職業体験)をする事になった。
校則 ・「眉そり禁止」「頭髪は刈り上げ」等の校則があり、中間・期末考査期間中に検査が行われている。
・アルバイトも禁止されている。
・過去バイクによる死亡事故があったため、バイク免許所得に関する校則は特に厳しい。
著名な出身者 ・ 佐々木精一郎 - 1968年メキシコ五輪マラソン日本代表
・ 原貢 - アマチュア野球指導者
・ 城野勝博 - プロ野球選手(広島カープ、南海ホークスに在籍)
・ 三浦恭資 - 自転車選手、ソウル・アトランタ五輪代表
・ オラキオ(元弾丸ジャッキー) - お笑い芸人
・ 古賀貴大- プロサッカー選手 - アルビレックス新潟シンガポール

「佐賀県立鳥栖工業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月27日14時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島